西日本鉄道「はかた号」新型車両【プレミアムシート】 乗車記(新宿→北九州 2020年7月乗車分)

夜行バス,高速バス乗車記

「キング・オブ・深夜バス」「夜行バス界の『キング・オブ・キング』」として知られる西日本鉄道(西鉄)の福岡・北九州~東京新宿間夜行高速バス「はかた号」

バスに興味がある方にとっては、開業当時から「知らない人はいない」的存在の夜行高速バスでありますが、北海道のローカルバラエティ番組「水曜どうでしょう」をきっかけに、バスファンのみならず日本全国にその名が知られる様になったのは、周知の事実であります。

西鉄「はかた号」については、これまで何度もこのブログで以前ご紹介しましたが・・・


この度、バスファンにとっては待ちに待った(といって良い)「はかた号」の新型車両2台がデビューし、2020(令和2)年7月1日に運用を開始しました。

『福岡・北九州~東京線「はかた号」 運行開始30周年を記念して新型車両を導入します!』(西鉄公式サイト)

私自身、「はかた号」新型車両については、2020年春頃に「導入されるかもしれない」という情報を掴んでおり、この車両についてはここ数か月間ずっと注目しておりましたが、先日、とあるバスツアー参加のために福岡へ行くことになり、「それならば折角なので新型車両に乗車しようか・・・」ということで、デビューしたばかりの「はかた号」新型車両(プレミアムシート)に乗車してまいりました。

何が変わって何が進化したのか!

今回は、上記のポイントを中心に「はかた号」新型車両をご紹介します。

旅の始まりはバスタ新宿から

やって来たのは、JR新宿駅南口に位置する「バスタ新宿」(新宿高速バスバスターミナル)4階高速バスのりば。
日本有数の高速バスターミナルとしてすっかりお馴染みになりました。(写真はイメージです。)
バスタ新宿 外観

ですが、新型コロナウイルスの影響は、この高速バス業界にも。
緊急事態宣言が解除され、多くの路線で運行を再開していますが、バスタ新宿4階の待合室はご覧の通り閑散としていました。
かつての賑わいが戻るのはいつのことになるのでしょうか。
バスタ新宿 4階待合室

夜行高速バス「はかた号」は、「バスタ新宿」D10番のりばから発車。
発車の10分前までにバスが入線します。
バスタ新宿 D10番のりば_01

いよいよ、「はかた号」新型車両とご対面です。
今回乗車した車両はこちら↓。
西鉄「はかた号」 0001

西鉄「はかた号」 0001 リア
西日本鉄道博多自動車営業所所属の0001号車(三菱エアロクイーン 2TG-MS06GP)です。
パールホワイトメタリックの車体に「Line connecting Hakata with Tokyo」のロゴが入った「はかた号」専用カラーリングの外観は変わりませんが、フロントマスクが2019年モデル(いわゆる「令和顔」)に変更されたことにより、より精悍になった印象を受けます。

(次ページに続きます。)