3軸レトロバスに再会しました【旭川電気軌道 三菱MR430 関連イベント「勝手にJetstar★就航記念!~ 見て触ってMR430に乗って暖まろう ~ 」】

一般路線バス,交通系セミナー・勉強会・イベント

戦後、国内でわずか10台ほどしか生産されなかった3軸レトロバス「三菱MR430」
この3軸路線バス「三菱MR430」が旭川電気軌道でレストア(復元)され、2022年10月にお披露目されたことは、以前にブログやFacebookでご紹介しました。

旭川電気軌道 共栄 ・128_202402_01

旭川電気軌道 共栄 ・128_202402_02
約1年かけてレストアした旭川電気軌道の三菱MR430


その後、このバスは、各種イベントや自社の貸切運行、TV番組のロケなどで活躍。


昨年2023年5月には、大阪夢洲で開催された「2023バステクフォーラム」in大阪にも出張参加し、旭川~大阪間を陸送(小樽~舞鶴間はフェリー移動)する様子やイベント当日の模様がSNSに投稿され拡散されるなど、話題になりました。







そして、昨年2023年夏からは、JALとの共同企画でツアーも販売し(実際のツアー販売はJALパックが実施)、今年の夏も実施する方向で計画が進んでいるといいます。

JALパック 懐かしのMR430をたずねて~昭和のバスが令和に復活~2・3日間 -(2023年版)

そんな旭川電気軌道の3軸レトロ路線バス「三菱MR430」ですが、実は昨年11月から「~ 見て触ってMR430に乗って暖まろう ~ 」という小イベントを開催しておりまして、「折角なので顔を見に行こうか・・・」ということで、旭川へ行ってまいりました。

旭川電気軌道 3軸レトロバス 第2回イベント告知

今回はこのイベントに参加した時の模様を簡単にご紹介します。
ツアーに参加された方もそうでない方も、この記事でイベントの模様を少しでも感じ取っていただけると幸いです。

三菱MR430とはどんなバスなのか?

ここで、旭川電気軌道の3軸レトロバス「三菱MR430」について簡単にご紹介します。

三菱MR430は、1960年代高度成長期の輸送需要に応えるために、三菱(当時はまだ三菱日本重工業時代)が1963(昭和38)年に登場させた大型の路線バスです。

旭川電気軌道 3軸レトロバス「三菱MR430」 共栄 ・128_11

全長は約12メートル。
現行の路線バスよりも約1m長く、現行の高速・観光バス車両とほぼ同じ全長を誇ります。
乗車定員は110名と、当時最大の収容人数を誇っていました。

大量輸送時代に向けて需要が増えると見込んでの発売だったのでしょうが、実際には殆ど売れずに1963(昭和38)年から1965(昭和40)年の間のわすが12台の販売といわれています。

そして、旧国鉄と名鉄に導入されたのが富士重工製ボディであるのに対し、旭川バスに導入された3台は旧呉羽製のボディを纏っていました。
つまり、旭川バスに導入された3台は国内で唯一の旧呉羽製MR430であったわけで、高度経済成長期の大量輸送時代に活躍した、日本のバス史を語る上で貴重な車両の1台であるといえましょう。

尚、同車ついては、このブログの過去記事で詳しくご紹介していますので、併せてお読みいただけると幸いです。


(次ページに続きます。)