弘南バス「パンダ号」3列シート期間限定臨時便 乗車記【2021年春 日本縦断】

夜行バス,高速バス乗車記,フェリー

2021(令和3)年2月13日に発生したM7.3の福島県沖地震
この地震の影響で、東北新幹線は2月23日までの10日間不通となりました。

代わりに活躍したのが、それまで新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から運休を続けていた高速バスです。

JRバス東北(本社:仙台市)や京王バス(本社:府中市)・宮城交通(本社:仙台市)など、首都圏と仙台を結んでいるバス事業者は、軒並み臨時便を設定。
(言葉は悪いですが)「新幹線難民」の方の貴重な移動手段として大活躍したことは、報道やSNSの書き込みなどでご存知の方も多いかと思います。

JRバス東北「仙台首都圏線」 H677-19403
JRバス東北「仙台首都圏線」

京王バス「広瀬ライナー」夜行便 51201
京王バス「広瀬ライナー」


そして、仙台以北の岩手県、秋田県、青森県のバス事業者も、新型コロナの感染拡大の影響で休止していた路線を、期間限定という形で運行を再開。
路線によっては、続行便を設定するなどの対応を行いました。

今回ご紹介する弘南バス(本社:弘前市)も、のりばでの混雑を回避する目的から、現在唯一運行している格安夜行高速バス「パンダ号」に、運行時間をずらした臨時便を設定。
不通の東北新幹線に代わる青森~東京間の移動手段として活躍しました。

弘南バス「パンダ号」 920
弘南バス「パンダ号」

実はこの度、東北新幹線の不通を受けて、急遽設定された弘南バス「パンダ号」(青森・弘前~上野)の3列シート臨時便に乗車する機会を得ました。
今回は、その時の様子をご紹介します。

時間帯をずらして臨時便を2往復設定

札幌から函館バス「高速はこだて号」で函館に到着した私は、津軽海峡フェリー「ブルールミナス」で青森へ移動。
青森駅に到着したのは、夜の21時20分頃でした。

函館バス「高速はこだて号」 T3616
函館バス「高速はこだて号」


津軽海峡フェリー「ブルールミナス」
津軽海峡フェリー「ブルールミナス」

津軽海峡フェリー「ブルールミナス」_04

津軽海峡フェリー「ブルールミナス」_07

津軽海峡フェリー「ブルールミナス」_08
津軽海峡フェリー「ブルールミナス」の船内

JR青森駅
JR青森駅

通常、弘南バス「パンダ号」(青森・弘前~上野)は、夜行便2往復体制で運行していますが、新型コロナウイルス感染拡大防止のために、1往復に減便して運行しています(2021年2現在)。
この度の東北新幹線不通を受けて、同社は2月14日に急遽、臨時便の運行を決定します。
但し、現在運行している便に続行便をつける形での臨時便運行では、のりばでの混雑により「密」が懸念されることから、今回は、時間帯をずらす形で別便(後続便)を仕立てることにしたのです。

現在の「パンダ号」は、お客様同士の間隔確保の観点から、(暫定処置として)座席の予約状況に応じて「3列シートトイレ付き車両」「4列シートトイレなし車両(4列シート車の運行の場合は窓側座席のみ使用)」を使い分けています。

弘南バス「パンダ号」 1057
「パンダ号」に使用される「ノクターン号」用3列シート車

今回設定された臨時便は、「4列シートトイレなし車両」(窓側座席のみ使用)1往復と、「3列シートトイレ付き車両」1往復の計2往復。
現在運行している「パンダ号」の後続便という形で設定されました。

(次ページに続きます。)