夜行バス&鉄道ウォッチャー「ひろしプロジェクトWEB」

夜行バス&鉄道愛好歴30年以上のひろしプロジェクトが、これまで乗車してきた乗り物の乗車記や最新情報を紹介する総合サイトです。

JR寝台特急「富士」「はやぶさ」ヒルネ利用乗車記

calendar

応援して頂けると嬉しいです。
↓  ↓  ↓  ↓

バス ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村

こんにちは。ひろしプロジェクトです。
いつもこのブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。

2009年春のダイヤ改正で廃止されることになった、JR寝台特急「富士」「はやぶさ」。
東京と大分・熊本間を結ぶ寝台特急で、長くの間多くの利用客に親しまれてきました。
しかし、新幹線・航空機・夜行高速バスの発達などの影響で利用客は減少。
更に、車両老朽化の問題も深刻になり、これ以上列車を維持するのは難しいとの判断に至ったのでしょう。

私自身、「富士」「はやぶさ」にはこれまで乗車したことがありませんでしたが、廃止3ヶ月前の2008年12月に「ヒルネ利用」という形で利用する機会を得ました。
「これは今しかない!」ということで、早速乗車してきました。

12月13日7時10分、JR新山口駅。
500系「こだま」から下車した私は一旦改札を出て、駅のKIOSKで買い物を済ませます。
何しろ4時間程の乗車になるので、それなりの食料を買い込まなければなりません。
買い物を済ませ、新幹線口から在来線専用改札を通り、7番ホームに向かいます。

7時33分、定刻ビッタリに「富士ぶさ」入線です!!↓

JR寝台特急「富士」「はやぶさ」 新山口にて 入線1


ホームに滑り込みます。↓
JR寝台特急「富士」「はやぶさ」 新山口にて 入線2

今回は熊本まで乗車するので、「はやぶさ」の6号車に乗り込みます。
私が座ったのは・・・・6号車の一番後ろの寝台。↓
JR寝台特急「富士」「はやぶさ」 6号車 B寝台
ここの寝台って、半個室状態になっていて、以外とと穴場な場所だったりするんです。

7時34分、「富士」「はやぶさ」は定刻に新山口を出発します。
落ち着いたところで車内を散策しますが、週末ということもあってか、B寝台は7割方が埋まっていました。(個室寝台は・・・当然の事ながら満席です!!)
ついでに・・・「下関到着前に「富士」のヘッドマークを撮っておかないと・・・」
ということで、客車側の「富士」ヘッドマークの写真も撮っておきます。
JR寝台特急「富士」 客車ヘッドマーク

17分程経過したところで、列車は宇部に到着です。
ここを出ると、下関まで止まりません。
途中、ブルトレ撮影の聖地(?)とも言われる有名な「オノアサ」カーブを通過しましたが・・・10人程がカメラを構えていました。

8時33分、下関に到着です。
5分間停車するのですが・・・・ここで2つのイベントが!!
一つは・・・機関車の切り離しです。
東京からはるばる「富士ぶさ」を引っ張って来たEF66が切り離され、代わりに関門トンネル専用のEF81が付けられます。
これを見たさにマニアがダッシュ!!沢山の人だかりが出来ておりました。
もう一つは・・・・7~8号車付近にある下関駅売店で繰り広げられる下関駅名物「ふく飯」「ふく寿司」「ふく天うどん・そば」の争奪戦。
ドアが開いた瞬間、売店目がけて徒競走が繰り広げられます!!
私はどちらに参加したかというと・・・・・・
売店ゴールの徒競走の参加しました(笑)。
そして・・・これをゲット!!この日の朝食となりました。↓
JR寝台特急「富士」「はやぶさ」 下関駅弁「ふく寿司」

8時38分、下関を出発。
10分程で関門トンネルを通過し、九州へ上陸。そして門司に到着です。
ここでもイベントが!!!
機関車の交換と「富士」「はやぶさ」の解結作業があるのです。!!
機関車はEF81からED76に交代します。

解結直前の「富士」「はやぶさ」の連結部分です。
左が「はやぶさ」、右が「富士」になります。
JR寝台特急「富士」「はやぶさ」客車連結部分

見学がてら、方向幕の写真も忘れずに撮影します。
JR寝台特急「富士」 側面方向幕

JR寝台特急「はやぶさ」 側面方向幕
これらの方向幕が見られるのもあと僅かです。

解結も終わり、門司を出発します。
最後部には数多くの人が・・・。
JR寝台特急「富士」「はやぶさ」 客車連結部分 車内

この後、小倉、博多、鳥栖、久留米、大牟田と停車。徐々に人が降りていきます。
博多駅停車中の「はやぶさ」です。
JR寝台特急「はやぶさ」 博多駅にて

列車やがては熊本県内に。徐々に寂しさがこみ上げてきます。
思い出として、エンブレムや方向幕等も撮影しておきます。
JR寝台特急「はやぶさ」 車内プレート

JR寝台特急「はやぶさ」 ヘッドマーク

そして新山口を出発して4時間14分後の11時47分、寝台特急「はやぶさ」は終点熊本に到着しました。
ここで最後の一仕事が。
そう、最後の形式写真撮影です!!!
じっくりカメラを構えて撮影します。
JR寝台特急「はやぶさ」ED76 熊本駅にて

JR寝台特急「はやぶさ」 24系25形 熊本駅にて
そして、「はやぶさ」が車両基地に回送される姿を見届けて、ホームを離れました。

というわけで、僅か4時間程の「はやぶさ」の旅でしたが、長年に渡り走り続けた由緒ある列車の姿を見る事が出来ただけでも、私的には大満足です。
ただ、一方で廃止になる理由というものも今回の乗車でなんとなくではありますが分かったような気がします。
高速バスの発達や新幹線の高速化等といった交通機関を取り巻く状況がここ10~20年の間に激変しているにもかかわらず、旧態依然のスタイルで運行を続けていたのでは、乗客が離れていくのは当然なのではないでしょうか。
旧態のスタイルの方が情緒があるのでは?という意見があるのも事実ですが、ブルートレインの情緒が分かる人はごく限られます。
この手の移動手段は今や何らかの付加価値をつけない限り、乗客数・利益を稼ぐ事はまず無理です。
「カシオペア」「トワイライトエクスプレス」「北斗星」を見れば明らかです。
何故これらの列車が成功しているか・・・・
それは様々な付加価値を提供する事により、「移動」がエンタテイメントとして確立しているからだと思います。
JR東海での「機関士のなり手がいない」という問題もありますが、「富士ぶさ」にもこの様な努力をして欲しかったというのが正直な感想です。
ともあれ、廃止まであと2ヶ月。「富士ぶさ」の勇姿を最後まで見届けてあげたいものです。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す

関連記事

JR北海道 札幌~釧路間夜行特急列車「まりも」【アーカイブ】
JR九州の観光列車「しんぺい2号」乗車記
JR九州の観光特急「はやとの風2号」乗車記
JR九州「九州横断特急」&「リレーつばめ」乗車記
JR東日本「山手線 E231系500番台」

管理人

Koji Suda(ひろしプロジェクト)

Koji Suda(ひろしプロジェクト)

自称「高速バスアドバイザー」。高速バス乗車回数900回以上(2016年12月現在)。バス・鉄道をはじめとする乗り物を追っかけて撮ったり、ブログやサイトの運営、バス関連本やネットニュースの原稿執筆、同人誌活動などを通じて、乗り物旅の素晴らしさを伝える活動を行っています。北海道札幌市在住。バスと鉄道とカレーと粉物が大好き。 [詳細]

folder 飛行機

ANAと名鉄バス「名古屋~新潟線」と伊予鉄「オレンジライナー」とJAC
福岡で見かけたバス達(西鉄バスなど)とJAC3595便
ANA系LCC「peach」新千歳関西線に乗ってみました。
more...

folder 交通系セミナー・勉強会・イベント

高速バスを題材にした写真展~旅に出たくなるすみれ色ハイウェイ~
第12回 日本モビリティ・マネジメント会議(jcomm) 参加レポート
「第10回バスシンポジウムin釧路」に参加してきました。
北海道バスフェスティバル2016へ行ってきました
大分交通の夜行高速用106号車貸切乗車会に参加してきました。
more...

folder バス車両紹介スライド・車内放送スライド

バス車両案内スライド その3 西武観光バス「ライオンズエクスプレス」
バス車両紹介スライド その2 西鉄高速バス「さぬきエクスプレス福岡号」
バス車両紹介スライド その1 名鉄バス「名古屋~松山線」
more...

folder 雑記

北海道新幹線に乗って新函館北斗駅でH5系/E5系を撮影してみました
謹賀新年 2017
2016年もありがとうございました。
イカロス出版『秘境路線バスをゆく』にて執筆や撮影
謹賀新年 2016
more...

folder ブログ

2016年もありがとうございました。
夜行バス乗車記本「夜行バス紀行Vol.03」冬コミ(C89)で頒布します!
夜行バス乗車記本「夜行バス紀行Vol.03」頒布&先行予約のお知らせ
「夜行バス紀行 Vol.01」(小冊子)頒布のお知らせ
more...

folder 観光バス・定期観光バス

WILLER(網走バス)「レストランバス」2号車【小樽・石狩湾ランチコース】乗車記
more...