土佐電気鉄道「はりまや号」三菱エアロクイーンⅠ

ひろしプロジェクトです。

土佐電気鉄道「はりまや号」 154

写真の車両は、四国高知に本社を置く土佐電気鉄道の福岡~高知間夜行路線バス「はりまや号」に使用されている、三菱エアロクイーンⅠ(PJ-MS86JP)です。
土佐電気鉄道といえば、高知市内及び近郊を走る路面電車が有名ですが、高速バス事業も積極的に展開していて、四国島内・中国・近畿方面への昼行高速路線バスの他、東京新宿・名古屋・大阪梅田・福岡への夜行路線バスを運行しています。

「はりまや号」について簡単にご紹介すると、福岡~高知間夜行路線バス「はりまや号」は、今から19年前の1992年7月に西日本鉄道・土佐電気鉄道・高知県交通の3社共同で運行を開始しました。
九州~四国間初の夜行路線バスとして注目されましたが、思うように利用客が伸びず、1999年5月に西日本鉄道が運行から撤退します。
その4ヵ月後の1999年9月には「坂出駅前通」停留所を新設、香川県内からの利用客を取り込むのに成功しましたが、2007年7月1日、福岡~高松線「さぬきエクスプレス福岡号」(西鉄高速バス・四国高速バス)の開業に伴い同停留所を廃止、再び福岡~高知間を直行するルートに改められます。
その後2年間は特に変化がありませんでしたが、2009年8月1日には需要開拓の一環として愛媛県の「三島川之江インター」停留所を追加、現在に至っています。

車両は、3列独立シート29人乗りの標準的な夜行高速仕様となっています。
写真の車両、元々は東京新宿~高知間夜行路線バス「ブルーメッツ号」の専用車として活躍していましたが、同路線に新車が投入されたことにより、現在はご覧の「はりまや号」の他、名古屋線「ドラゴンライナー」・大阪線「よさこい号」などでも活躍しています。

「はりまや号」はかつて西鉄運行時代に2回程乗車したことがあるのですが、土佐電便には乗車したことが無いんですよね~。
機会があれば乗車してみたいのですが、なかなか利用する機会がないので、一体いつの事になるのやら・・・・・。


応援して頂けると嬉しいです。
↓  ↓  ↓  ↓

その他ランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村