JRバス関東「佐久・小諸号」としなの鉄道と上田電鉄

ひろしプロジェクトです。
いつもこのブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。

徳島県吉野川市から京浜急行バス「エディ号」吉野川系統で東京品川に到着した私。
京浜急行バス「エディ号」吉野川系統 3207

京浜急行バス「エディ号」吉野川系統 3207 品川バスターミナル到着

このまま移動を続けます・・・といいたいところであったのですが・・・
実は、東京品川に到着した頃から急に体調が悪くなり、今後のことを考えて、この日は急遽東京に1泊することにしたのです。

その翌日、体調もかなり良くなったので北へ進もうかと思ったのですが、ここはリハビリを兼ねて東京から長野へ日帰り旅を急遽企画。
バスタ新宿から高速バスと鉄道を乗り継いで長野へ向かうのでありました。

初乗車のJRバス関東「佐久・小諸号」

バスタ新宿でしばしバスを眺めていると・・・
京王バス東「プライムK」 新宿長野線 51202
京王バス東の「プライムK」が長野へ向けて発車して行きました。
元々はこの車両、新宿~長野線の専用車「プライムシングル」として導入され、後に貸切車に改造されますが、数年前に「プライムK」のまま高速路線用として返り咲きを果たしました。
現在は新宿~長野線の他、新宿・渋谷~仙台線「広瀬ライナー」に投入されています。
機会があれば、一度乗車してみたいですね。

どの路線で長野へ向かおうか・・・と考えた結果、今回はこちらの路線↓で向かうことにしました。
JRバス関東「佐久・小諸3号」 長野1578
JRバス関東(本社:東京都)が運行する高速バス「佐久・小諸号」(新宿~佐久平・小諸・高峰高原)です。
東京と長野を結ぶ高速バスは、私自身何路線か乗車していますが、この路線に乗車するのは今回が初めて。
そして、小諸へ行くのも今回が初めてであります。

今回私が乗車したのは、小諸から先の高峰高原まで行く「佐久・小諸3号」です。
車両は、写真の通り日野セレガHD。
JRバス関東もj-bus製車両が随分と増えた印象を受けます。

車内はこの様になっておりまして・・・
JRバス関東「佐久・小諸3号」 長野1578 車内

JRバス関東「佐久・小諸3号」 長野1578 シート
4列シート40人乗りの昼行高速仕様になっています。
各座席には携帯電話・スマートフォン充電用のUSBポートが設置。
・・・とここまでは一見普通の昼行高速バスの車内ですが、実はこのバスに装備されているトイレが、パウダールーム仕様になっていまして・・・
JRバス関東「佐久・小諸3号」 長野1578 後部パウダールーム_01

JRバス関東「佐久・小諸3号」 長野1578 後部パウダールーム_02

JRバス関東「佐久・小諸3号」 長野1578 後部パウダールーム_03
トイレの他に洗面台が設置されています。
ですが、車両の構造上の問題からか、三菱ふそう製のパウダールームと比較すると、幾分狭い印象を受けます。

バスは、私を含め20人近くの乗客を乗せ、バスタ新宿を発車。
平日の午前中発車の便で20人近くの乗客数は、まあまあ乗っている方なのではないでしょうか。
JRバス関東「佐久・小諸3号」 長野1578 後部パウダールーム_03

バスは練馬インターから関越自動車道を北上。
途中、上里サービスエリアでの開放休憩(15分間)を挟み、上信越自動車道を経由して佐久・小諸方面へと向かいます。
JRバス関東「佐久・小諸3号」 長野1578 上里SAにて

岩村田駅前、佐久平駅前で降車扱いのために停車したバスは、一般道を小諸方面へ。
この便に限っては佐久平駅から一般路線扱い(乗降可能)となるため、佐久平駅から乗車する乗客も数人いました。

バスタ新宿から3時間程で、バスはJRバス小諸支店前に到着。
私はこちらで下車し、しばし小諸の街を歩いてみることにしました。

人口約41,000人の長野県小諸市は、かつて小諸藩の城下町であったそうですが、私的にはやはり小海線とかつてのJR信越本線(現:しなの鉄道しなの鉄道線)の乗換駅というイメージが強いです。


【乗車データ】 
  • 乗車日:2019/06/24
  • 乗車区間:
    バスタ新宿→JRバス小諸支店前
  • 運行会社:JRバス関東
  • 車両:日野/セレガHD(QRG-RU1ESBA)
  • 年式:2016年式
  • 所属:小諸支店
  • 社番:H657-16418

これまた初乗車のしなの鉄道しなの鉄道線で長野へ・・・

意外と坂が多いなぁという印象を持ちながら歩くこと15分程で、小諸駅に到着です。
小諸駅
小諸駅は、しなの鉄道しなの鉄道線JR東日本小海線が乗り入れている共同使用駅。
駅の管轄はしなの鉄道が行っているそうです。

小諸駅からは、14時23分の普通電車で長野へ。
写真のしなの鉄道115系電車が充てられていました。
しなの鉄道 115系 小諸駅にて
しなの鉄道しなの鉄道線の営業区間は軽井沢~篠ノ井間。
篠ノ井~長野間はJR信越本線となっているため、一部区間はJR東日本の線路を走ることになります。

小諸から1時間程で、電車は長野に到着します。
近くにはJR東海の383系電車が。
JR東海 383系「ワイドビューしなの」
名古屋~松本~長野間の特急「(ワイドビュー)しなの」ですね。

駅改札を出て外へ。
しばし長野の街を走るバスを眺めます。
ここ20年で長野を走るバスも車両、会社ともに随分と変わりましたね。
アルピコ交通 長野 1607

長電バス ・883

新潟交通「新潟~長野線」 1077

ウィラーエクスプレス 長野駅東口バスのりば付近


夜の上田電鉄別所線

夜になり、未乗車の上田電鉄別所線に乗りに上田へ。
上田駅
上田駅は、JR東日本の北陸新幹線、しなの鉄道のしなの鉄道線、上田電鉄の別所線の3路線が乗り入れており、3社の共同使用駅になっています。

上田電鉄の上田駅は、しなの電鉄線の改札を出たすぐのところにあります。
上田電鉄 上田駅

かつては上田交通別所線と呼ばれていたこの路線ですが、2005年に上田交通が鉄道事業を分社化し上田電鉄を設立。
同年より上田交通の鉄道事業を継承して営業しています。
因みに、現在の上田交通は不動産業を主力としているそうです。

上田電鉄上田駅の改札を通り100m程歩くと、ホームに停車している電車の姿が。
上田電鉄 1000系電車
かつて東急各線で活躍していた1000系電車ではありませんか!
元々東急グループであるということもあり、この地でも元東急車が活躍しています。

車内も東急時代の面影が色濃く残っています。
上田電鉄 1000系電車 車内

上田電鉄 1000系電車 車内_02

上田駅から別所温泉駅へは、30分程で到着します。
上田電鉄 別所温泉駅_01

上田電鉄 別所温泉駅_02

上田電鉄 別所温泉駅_03

上田電鉄 別所温泉駅_04
始めて来ましたが、夜でもこの様な趣のある建物に映るとは・・・。
昼間の駅舎の姿も是非見てみたいですね。

折り返しの電車で上田駅に戻ると・・・
西日本JRバス「青春ドリーム信州号」 2320 上田駅にて
西日本JRバス(本社:大阪市)の夜行高速バス「青春ドリーム信州号」(大阪・京都~長野・上田・小諸)が乗車改札を行い、発車する姿が。
新塗装車で運行されるこの路線にも、機会があれば乗車してみたいですね。

この後、私は北陸新幹線で長野へ。
長野からウィラーエクスプレスH5612便(夜行便)でバスタ新宿へ戻り、さらに北へ向けて移動を再開するのでありました。(写真の一部はイメージです。)
JR東日本 北陸新幹線 E7系

ウィラーエクスプレス 長野 1636 リラックス(NEW)

ウィラーエクスプレス 長野 1636 リラックス(NEW) 車内

ウィラーエクスプレス 長野 1636 リラックス(NEW) バスタ新宿到着

尚、ウィラーエクスプレスの東京~長野線については、日を改めてご紹介する予定ですので、どうかお楽しみに。


応援して頂けると嬉しいです。
↓  ↓  ↓  ↓

その他ランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村