夜行バス&鉄道ウォッチャー「ひろしプロジェクトWEB」

夜行バス&鉄道愛好歴30年以上のひろしプロジェクトが、これまで乗車してきた乗り物の乗車記や最新情報を紹介する総合サイトです。

ひろしプロジェクトです。
いつもこのブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。

前回の記事『西鉄高速バス「桜島号」夜行便4012号車 乗車記(2017年4月乗車分)』の続きになります。

鹿児島中央駅から西鉄高速バス「桜島号」夜行便で博多バスターミナルに到着した私ですが・・・

西鉄高速バス「桜島号」夜行便 4012

西鉄高速バス「桜島号」夜行便 4012 博多バスターミナル到着 その1

もう少し「SUNQパス」で遊ぶことにしました。
実は以前から、「九州を訪問した際には是非一度乗車しておこう!」と思っていたバスがありまして、そのバスに会うために急遽、博多始発の九州新幹線N700系「つばめ」で熊本へ向かうことにしたのです。(写真はイメージです。)
九州新幹線「さくら」「つばめ」 N700系7000番台

九州新幹線「さくら」「つばめ」 N700系7000番台 指定席車両 車内
「九州を訪問した際には是非一度乗車しておこう!」と思っていたバスとは、一体どんなバスなのでしょうか。

sponsored link

あの夜行高速用車両が九州島内用へ転用に・・・

そのバスとは、こちら↓でした。
九州産交バス「フェニックス号」「なんぷう号」 ・417

九州産交バス「フェニックス号」「なんぷう号」 ・417 リア
九州産交バスの417号車(日野セレガR-GD KL-RU1FSEA)です。
2005年式の夜行高速仕様車で、熊本営業部高速バス営業所に在籍しています。
今は無き鹿児島・熊本~神戸・尼崎線「トワイライト神戸号」の専用車として活躍した後、熊本~名古屋線「不知火号」、熊本~神戸・大阪・京都線「サンライズ号」で活躍して来ましたが、昨年2016年秋頃に九州島内路線用に転用され、現在は福岡~宮崎線「フェニックス号」や熊本~宮崎線「なんぷう号」で活躍しています。
因みに、九州産交バスの417号車は、九州産交グループの中でも数台しか在籍していない日野セレガR-GDであり、こと高速路線用に至っては唯一の日野セレガR-GDでもあります。

車内は3列独立シート27人乗りの夜行高速仕様となっています。
九州産交バス「フェニックス号」「なんぷう号」 ・417 車内

九州産交バス「フェニックス号」「なんぷう号」 ・417 シート
数年前の車体更新時に座席コンセントと通路カーテンを増設し、サービスレベルを上げています。
夜行路線の続行用としても使える様、九州島内路線に転用後も通路カーテンは撤去されずにそのままの状態になっています。

九州産交バス417号車の九州島内路線への転用は、以前から情報として知ってはいたのですが、夜行路線運用時代を含め、これまで1度も乗車することが出来ませんでした。
それだけ狙って乗車するのが難しい車両であったのですが、今般、乗車希望日に熊本~宮崎線「なんぷう号」に投入されることを知った私は、熊本駅前から宮崎県小林市の小林インターまで乗車してみることにしました。

今回私が乗車したのは、JR熊本駅前7時38分発の宮崎行き各停便。
土砂降りの中、発車時刻ギリギリにバスはJR熊本駅前3番のりばに入線します。
九州産交バス「なんぷう号」 ・417 熊本駅前にて

JR熊本駅前で2名の乗客を乗せたバスは、10分弱で熊本交通センターへ。
熊本交通センターで数名を乗せ、バスは益城熊本空港インターへと向かいます。
ところが、雨と週明けということもあって市内は渋滞気味。
益城熊本空港インターから九州自動車道に入ったのは、定刻よりも30分程遅れていました。

その後は順調に流れるのですが・・・
九州産交バス「なんぷう号」 ・417 熊本駅前にて
このバスは各停便。
基本、九州自動車道のバス停にこまめに停車していくために、遅延回復はほぼ期待できません。
結局、バスは遅れを回復することもなく、九州自動車道を南下していきます。

JR熊本駅前を発車すること約2時間20分、バスは休憩場所である九州自動車道えびのパーキングエリアに到着します。
福岡~鹿児島線「桜島号」の休憩場所としてもお馴染みですね。
こちらでは10分間の休憩時間が設けられています。
九州産交バス「フェニックス号」「なんぷう号」 ・417 えびのPAにて その1

九州産交バス「フェニックス号」「なんぷう号」 ・417 えびのPAにて その2

九州産交バス「フェニックス号」「なんぷう号」 ・417 えびのPAにて その3

九州産交バス「フェニックス号」「なんぷう号」 ・417 えびのPAにて その4

えびのパーキングエリア発車後は、えびのジャンクションから宮崎自動車道へ。
そして、定刻よりも20分程遅れてバスは小林インターに到着しました。
宮崎自動車道 小林インターバス停

JR熊本駅前を発車すること3時間弱。
生憎の天候ではありましたが、1人掛け夜行高速用シートに身を委ねてのバスの旅は、快適以外の言葉が見つかりませんでした。
はっきりいって、このバスは「乗り得」だと思います。
(これで天候が良ければいうことがなかったのですが・・・)
今回は、行程の関係から熊本から小林インターまでの乗車でしたが、次回乗車の際は、熊本~宮崎間もしくは福岡~宮崎間全区間で乗車してみたいですね。
きっと、今回とはまた違ったバスの旅が楽しめるのではないのでしょうか。

最後に、九州産交バス「フェニックス号」「なんぷう号」夜行高速仕様車の乗車を考えている方へ。
実は、同時期に九州島内用に転用された467号車(日野セレガSHD ADG-RU1ESAA)と共に、交互で「フェニックス号」「なんぷう号」に運用されており、しかも運用便が原則固定となっております。
もし時間に都合がつく方は、狙って乗車してみるのも良いかもしれませんね。

【九州産交バス「フェニックス号」「なんぷう号」夜行高速仕様車 運用ダイヤ】

福岡~宮崎線「フェニックス号」
  • 西鉄天神高速BT 0627発 → 宮崎駅 1107着 (スーパーフェニックス)
  • 宮崎駅 1430発 → 西鉄天神高速BT 1906着 (スーパーフェニックス)
熊本~宮崎線「なんぷう号」
  • 西部車庫(熊本) 0724発 → 宮崎駅 1114着 (各停便)
  • 宮崎駅 1427発 → 西部車庫(熊本) 1803着 (ノンストップ便)
※車両運等の都合上、変更になる場合があります。
※くれぐれも運行会社へのお問い合わせはなさらぬ様に願います。


九州産交バス「サンライズ号」 ・417 熊本駅前にて
※写真は「サンライズ号」運用時に撮影した九州産交バス417号車

【乗車データ】 
  • 乗車日:2017/04/17
  • 乗車区間:
    JR熊本駅前→小林インター
  • 運行会社:九州産交バス
  • 車両:日野/セレガR-GD(KL-RU1FSEA)
  • 年式:2005年式
  • 所属:熊本営業部高速バス営業所
  • 社番:417

【おまけ】
小林インターからは、こちらのバス↓(宮崎交通「なんぷう号」195号車)で八代まで戻り、
宮崎交通「なんぷう号」 ・195 えびのPAにて その1

宮崎交通「なんぷう号」 ・195 えびのPAにて その2

宮崎交通「なんぷう号」 ・195 えびのPAにて その3

八代からは九州新幹線を乗り継いで博多へ戻りました。(写真はイメージです。)
九州新幹線「さくら」「つばめ」 N700系7000番台

JR九州 800系新幹線電車「さくら」「つばめ」 熊本駅にて
当たり前の話ですが、新幹線を絡めると移動時間が短く済みますね。
あっという間に博多に到着してしまいました。


応援して頂けると嬉しいです。
↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

sponsored link

夜行バス

昼行高速バス

一般路線バス

鉄道

飛行機

交通系セミナー・勉強会・イベント

バス車両紹介スライド・車内放送スライド

雑記

ブログ

sponsored link

翻訳

夜行バス乗車記本

夜行バス紀行Vol.04 250px

夜行バス乗車記本最新刊
「夜行バス紀行Vol.04」
全7路線の乗車記を掲載。
書泉ブックタワー・書泉グランデにて委託販売中!!

高速バス予約

WILLER TRAVEL オススメ高速バス予約サイト バナー

夜行バス情報サイト

乗車記録

管理人

Koji Suda(ひろしプロジェクト)

Koji Suda(ひろしプロジェクト)

自称「高速バスアドバイザー」。高速バス乗車回数900回以上(2016年12月現在)。バス・鉄道をはじめとする乗り物を追っかけて撮ったり、ブログやサイトの運営、バス関連本やネットニュースの原稿執筆、同人誌活動などを通じて、乗り物旅の素晴らしさを伝える活動を行っています。北海道札幌市在住。バスと鉄道とカレーと粉物が大好き。 [詳細]

LINE@はじめました

友だち追加数

@gsr1234o で検索可能です。

メルマガやってます

フォトギャラリー

車内放送ライブラリ

おすすめリンク



sponsored link

カテゴリー

月別の投稿

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031