名鉄バス「どんたく号」乗車記を「バスとりっぷ」様にて紹介しています

ひろしプロジェクトです。
いつもこのブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。

名古屋と北九州・福岡を結ぶ夜行高速バス「どんたく号」(名古屋~福岡線)
名鉄バス(愛知県名古屋市)と西日本鉄道(福岡県福岡市、以下:西鉄)が共同で運行し、1989(平成元)年12月の運行開始からまもなく30周年を迎える老舗人気路線です。
名鉄バス「どんたく号」 3807
名鉄バス「どんたく号」

西鉄「どんたく号」 4873
西日本鉄道「どんたく号」

私自身、「どんたく号」は一時期よく利用しており、名鉄バス担当便、西鉄担当便ともに幾度となくお世話になりましたが、ここ数年においてはすっかりご無沙汰でした。
ですが、実は先日、久しぶりに「どんたく号」名鉄バス担当便に乗車させていただく機会があり、その模様を高速バス関連の情報配信サイト「バスとりっぷ」様にて紹介しております。


初体験!名鉄バスの新型シート「プレミアムワイド」 その座り心地は如何に?

今回、何故に取材対象として「どんたく号」を選んだのか、そして、何故に名鉄バス便を選んだのか・・・。

名鉄バスの夜行高速バスといえば、2014(平成26)年から採用が始まった新型シート「プレミアムワイド」が注目を集めていますが、
名鉄バス「どんたく号」 3807 車内
実は私、これまで一度も「プレミアムワイド」搭載車に乗車したことがなかったのです。

さらに、名古屋~九州間の夜行高速バスといえば、昨年2018(平成30)年11月末日で名古屋~長崎線「グラバー号」(名鉄バス・長崎自動車)が廃止されたばかり。
この「グラバー号」の廃止を受けて、翌12月からは「名古屋・福岡線(どんたく号)」の高速バス乗車券と「福岡・長崎線(九州号)」の高速バス乗車券がセットになったおトクな連絡きっぷ「長崎連絡きっぷ」を発売しています。

この様なこともあり、「ぜひ「どんたく号」名鉄バス便の取材をさせていただきたい!」と、「バスとりっぷ」運営会社を通して提案し、採用・取材と相成ったわけであります。

運用に充てられたのは、2018(平成30)年12月に導入されたばかりの最新型三菱エアロクイーン(2TG-MS96GP)でした。
名鉄バス「どんたく号」 3807 名鉄BCにて

車内の様子など、詳しくは「バスとりっぷ」内の記事をご覧いただくとして、私自身、これまで数多くの夜行バス車両に乗車して来ましたが、久々に「これはリピーターになっても良いかなぁ・・・」と思わせる素晴らしいバスでした。

名鉄バス「どんたく号」(名古屋~福岡線)の乗車記は、以下のリンクにて公開しています。


宜しければご参考いただけると幸いです。

名鉄バス「どんたく号」 3807 前面

尚、今回の名鉄バス「どんたく号」取材に際しては、名鉄バス様の多大なるご協力をいただきました。
この場を借りて、改めてお礼申し上げます。


【乗車データ】 
  • 乗車日:2019/01/16
  • 乗車区間:
    名鉄バスセンター→西鉄天神高速バスターミナル
  • 運行会社:名鉄バス
  • 車両:三菱/エアロクイーン(2TG-MS96GP)
  • 年式:2018年式
  • 所属:名古屋中央営業所
  • 社番:3807

応援して頂けると嬉しいです。
↓  ↓  ↓  ↓

その他ランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村