阪急バスの首都圏方面夜行高速路線、再々編へ

阪急バス「大阪・京都~横浜・品川・池袋線」 08-2906

ひろしプロジェクトです。
いつもこのブログをご覧頂きましてありがとうございます。

さて、既に公式リリースなどでご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、阪急バスの首都圏方面夜行高速バスが、2012年6月1日に再々編されることになりました。

詳しくはこちら。

同社は現在、大阪梅田~新宿・渋谷線(京王バス東と共同運行)神戸・大阪~東京駅・TDR・千葉線(京成バスと共同運行)大阪・京都~横浜・品川・池袋線(阪急バス単独運行)の3路線を運行していますが、これらが2路線に統合され、大阪・京都~横浜・品川・池袋線は事実上の運行休止、代わりに大阪梅田~新宿・渋谷線が池袋まで延長され、神戸・大阪~横浜・東京駅・TDR・千葉線が横浜経由に変更されます。

但し、ここで注意したいのが、大阪梅田~新宿・渋谷線の池袋に関してです。
東京側(京王バス東)の車庫への回送時間の関係でしょうが、実は池袋駅東口まで運行するのが毎日ではなくて隔日に変更されます。
池袋まで延伸されるのは、京王バス東が運行を担当する日になります。(運行日など詳しくは予約時にご確認願います。)
ですので、池袋から利用される方は、運行日に注意が必要です。

・・・・・・という情報が入ってきました。

一時期、阪急バスの首都圏方面の夜行路線バスは、新宿、千葉、品川・横浜、池袋の4路線がありましたが、ここ数年の高速ツアーバスの台頭で採算面で厳しくなっているようで、ついに2路線までに統合されます。
ただ、昨今の状況を見ている限りでは、これらの路線、イマイチ魅力を感じないんですよね。
例えば他社比較して「運賃が安い」とか、「設備が整っている」など、利用に結びつける為のアドバンテージがあるといいのですが、残念ながら現在のところ「これっ!!」ていうセールスポイントが正直見つからないんですよ。
池袋線が開業した10年前とは、路線を取り巻く環境が激変しています。
今回の路線統合を機に、ソフト面、ハード面両方において、原点に立ち返ったサービスの見直し・改善を行って頂いて、今以上に魅力ある路線に育て直してもらうことを切に望みたいですね。


応援して頂けると嬉しいです。
↓  ↓  ↓  ↓

その他ランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村