夜行バス・高速バス・鉄道乗車記サイト「ひろしプロジェクトWEB」

応援して頂けると嬉しいです。
↓  ↓  ↓  ↓

バス ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村

こんにちは。ひろしプロジェクトです。
いつもこのブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。

2009年2月下旬、「水曜どうでしょう」みたいな乗り物三昧の旅をした時に、トップバッターとしてJR東海バスの「ドリームなごや1号」に乗車してきました。

JR東海バス「ドリームなごや号」「東名スーパーライナー」 1147
(写真は東名ハイウェイバスに運用されていた時に撮影したJR東海バスの「ドリーム号」用三菱エアロキングです。)

私の高速バス乗車記録を確認したところ・・・・・この路線に乗るのは、な、なんと11年ぶり!!!!
そんなに乗ってなかったんだぁ・・・と思いながら、「久しぶりだねぇ~~~」といった感じでバスとご対面です。

「ドリームなごや1号」の入線前には、こちらのバス↓が改札を行っていました。
JR東海バス「ドリームとよた1号」・793
岡崎・豊田経由の「ドリームとよた1号」です。

「ドリームとよた1号」出発後に「ドリームなごや1号」は乗り場に入線します。
来た車両は・・・・・ 写真の三菱エアロキングです。
JR東海バス「ドリームなごや1号」 ・917
コンセント付きの車両が来るかと思ったのですが・・・・ 残念ながらコンセント無しの車両でした。

改札を受けて車内に入ります。
指定されたのは2号車の2階席。
週末という事もあって、車内はほぼ満席状態です。

車内はこの様になっております。
JR東海バス「ドリームなごや1号」 ・917 車内

JR東海バス「ドリームなごや1号」 ・917 車内 その2
関西系統の「ドリーム号」と同型のシートが並びます。
勿論、レッグレスト付きです。
JR東海バス「ドリームなごや1号」 ・917 座席

23時25分、定刻5分遅れでバスは東京駅八重洲南口を出発します。
JR東海バス「ドリームなごや1号」 ・917 車窓

出発後、乗務員から自己紹介と車内設備の説明、消灯時間についての案内が口頭で行われ、23時40分頃に消灯されました。
シートを倒して目を瞑ると・・・・試験疲れからかすぐさま夢の中へ。
途中、足柄サービスエリアと三ヶ日で開放休憩を行ったそうですが、全く目が覚めず、目が覚めた時、バスは名古屋インターを通過していました。

翌朝5時20分頃、星が丘に到着。ここで数名が下車。
その後、本山、千種駅前、栄の各停留所に停車し、お客様を降ろしていきます。
そして5時50分頃、定刻より約10分早くバスは終点のJR名古屋駅に到着しました。
JR東海バス「ドリームなごや1号」 ・917 名古屋駅到着

約6時間半ほどのバスの旅でしたが、ぐっすり眠れて快適な「ドリームなごや号」の旅でした。
約11年前に乗車した時は殆ど眠れなかったのですが・・・・。
シートが改良されたのと、車両自体の乗り心地が改善された結果なのでしょうか。
乗務員にチケットを渡して荷物を受け取り、次なる場所へと向うのでありました。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

管理人

Koji Suda(ひろしプロジェクト)

Koji Suda(ひろしプロジェクト)

自称「高速バスアドバイザー」。高速バス乗車回数900回以上(2016年12月現在)。バス・鉄道をはじめとする乗り物を追っかけて撮ったり、ブログやサイトの運営、バス関連本やネットニュースの原稿執筆、同人誌活動などを通じて、乗り物旅の素晴らしさを伝える活動を行っています。北海道札幌市在住。バスと鉄道とカレーと粉物が大好き。 [詳細]

folder バス車両紹介スライド・車内放送スライド

バス車両案内スライド その3 西武観光バス「ライオンズエクスプレス」
バス車両紹介スライド その2 西鉄高速バス「さぬきエクスプレス福岡号」
バス車両紹介スライド その1 名鉄バス「名古屋~松山線」
more...

folder 雑記

北海道胆振東部地震から1週間 ~各交通機関の動きをふり返る~
現状報告 ~北海道胆振東部地震~
今度の新刊は「西工夜行高速車」! 約1年ぶりの同人誌新刊「The SD」のご案内
謹賀新年 2018
2017年もありがとうございました。
more...

folder ブログ

北海道胆振東部地震から1週間 ~各交通機関の動きをふり返る~
現状報告 ~北海道胆振東部地震~
今度の新刊は「西工夜行高速車」! 約1年ぶりの同人誌新刊「The SD」のご案内
謹賀新年 2018
2017年もありがとうございました。
more...