夜行バス&鉄道ウォッチャー「ひろしプロジェクトWEB」

夜行バス&鉄道愛好歴30年以上のひろしプロジェクトが、これまで乗車してきた乗り物の乗車記や最新情報を紹介する総合サイトです。

こんにちは。ひろしプロジェクトです。
いつもこのブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。

伊予鉄道「オレンジライナー」名古屋線 5220

伊予鉄道「オレンジライナー」名古屋線 5220 リア

名古屋名鉄バスセンターと愛媛県松山市・八幡浜市とを結ぶ夜行高速バス「名古屋~松山線」
名鉄バスと伊予鉄道が共同で運行していますが、名鉄バス担当便については私のブログで何度も取り上げてきました。
ですが、伊予鉄道便ともなると、車両紹介で取り上げたことはありますが、きちんとした形で乗車記として取り上げたことは無く、であれば「折角なので伊予鉄道便にも乗車しておくかぁ」ということで、先日乗車してきました。

やってきたのは、何時もの如く名古屋名鉄バスセンター
発車時刻は23時10分と、名鉄バスセンターを出発する高速バスの中では最後に出発する便となります。
伊予鉄道「オレンジライナー」名古屋線 名鉄バスセンター 乗り場LED表示

23時過ぎになると、バスは名鉄バスセンター6番乗り場に入線します。
今回乗車したのはこちらの車両。
伊予鉄道「オレンジライナー」名古屋線 5220 下広井交差点にて
名古屋線専属運用の日野セレガHD(PKG-RU1ESAA)5220号車です。
所属こそ伊予鉄道となっていますが、実際の乗務は子会社の伊予鉄南予バスが担当しています。

車内はこの様になっておりまして、
伊予鉄道「オレンジライナー」名古屋線 5220 車内

伊予鉄道「オレンジライナー」名古屋線 5220 シート
一般的な3列独立シート29人乗りの夜行高速仕様となっていますが、車内中央部にセルフサービス式の飲みものサービスコーナーが設置されている他、最近流行の通路カーテンも設置されています。
但し、名鉄バス便に設置されている座席コンセントが、伊予鉄道便には設置されていない等、両社の使用を見比べてみると若干の差異があるのも事実。
出来れば伊予鉄道便にも座席コンセントが欲しいところなんですが・・・。

では、乗車時の様子を簡単にご紹介。
乗客12名を乗せ名鉄バスセンターを出発したバスは、名古屋高速白川ランプより名古屋高速に入ります。
名古屋高速に入ったところで、自動放送による車内設備の案内が行われ、その後に乗務員からの補足説明が行われます。
丁寧といえば丁寧なのですが、共同運行会社の名鉄バスと比較すると、細かなところで「レベルの差」というものを感じてしまいますね。

23時40分、車内は消灯。
消灯後は、数回の乗務員交代を挟みながら、東名阪自動車道から新名神高速道路~名神高速道路~中国自動車道~神戸淡路鳴門自動車道~徳島自動車道~松山自動車道と進んでいきます。

翌朝5時頃、バスは唯一の開放休憩場所である松山自動車道上分パーキングエリアに到着。
ここで15分間の休憩となります。
伊予鉄道「オレンジライナー」名古屋線 5220 上分パーキングエリアにて
通常であれば多くの乗客がバスを降りてトイレや一服を済ませるのでしょうが、この日は外が土砂降りの雨で降りる人もまばらでした。
私もトイレとWeb用写真の撮影を手早く済ませてバスにも戻ります。

5時15分、乗客が全員揃ったところでバスは出発。
三島川之江インターで降車扱いを行った後は、松山自動車道を松山へ向けてひた走ります。
川内インター手前の桜三里パーキングエリアで停車しますが、ここでは乗務員交代と乗務員2名のうちの1名ががここで下車するための停車だとか。
因みに下車した乗務員は、後続の「道後エクスプレスふくおか号」に乗車して松山まで客扱いを行った後、八幡浜まで回送乗務するとのことですが、伊予鉄グループもJRバスグループに負けず劣らずの乗務員運用を行っているようですね。
川内インターは降車客がゼロとのことで通過扱いとなり、次に停車したのは松山インターを降りたすぐの場所に位置する松山インター口。
ここで1名が下車し、次の道後温泉では2名が下車します。
大街道では降車客がおらず通過扱いとなり、纏まった降車客が出たのは、伊予鉄道のターミナル駅である伊予鉄松山市駅。
ここでは私を含めて8名が下車しました。
伊予鉄道「オレンジライナー」名古屋線 5220 伊予鉄松山市駅到着

伊予鉄道「オレンジライナー」名古屋線 5220 伊予鉄松山市駅にて
本来であれば終点の八幡浜まで乗車したいところなのですが、今回は諸事情により途中の伊予鉄松山市駅で下車。
独特なセレガの後姿を見届けながら、乗り場を後にしました。

というわけで今回、伊予鉄道「オレンジライナー」名古屋線に初めて乗車してみましたが、これまで再三申し上げている通り、夜行高速バス「名古屋~松山線」(「オレンジライナー」名古屋線)のダイヤは本当に使い勝手が良いですね。
出発時刻もさることながら、到着時刻も遅過ぎず早過ぎずの設定となっており、観光・ビジネスで利用するには申し分ないでしょう。
あとは、名鉄バス便と伊予バス便どちらを選択するのか?ということですが・・・
伊予鉄道もサービスレベル・乗務員の応対共に丁寧で評価はしたいところですが、ハイレベルな乗務員の応対、設備を考慮すると、私個人的にはやはり名鉄バス便を選んでしまいますね。
同時に、現在の名鉄バスのサービスレベルに共同運行会社が追いつくのは結構大変かも?と今回乗車してみて改めて思いました。
とはいえ、名鉄バス・伊予鉄道両社共にサービスレベルは全国的に見ても高い方ですので、「移動中に携帯電話(スマートフォン)を充電したいのであれば名鉄バス便」、「セルフサービスのドリンクを楽しみたいのであれば伊予鉄道便」といった様に、実際に利用する際は「好み」で選ばれると良いのではないでしょうか。
機会があれば、またこの路線に乗車することになろうかと思います。
今度は名鉄バス便、伊予鉄道便、どちらの便に乗車することになるのでしょうか・・・。


【乗車データ】 
  • 乗車日:2014/06/21
  • 乗車区間:
    名鉄バスセンター→伊予鉄松山市駅
  • 運行会社:伊予鉄道
  • 車両:日野/セレガHD(PKG-RU1ESAA)
  • 年式:2009年式
  • 所属:室町営業所(伊予鉄南予バス八幡浜本社駐在)
  • 社番:5220

応援して頂けると嬉しいです。
↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す

管理人

Koji Suda(ひろしプロジェクト)

Koji Suda(ひろしプロジェクト)

自称「高速バスアドバイザー」。高速バス乗車回数900回以上(2016年12月現在)。バス・鉄道をはじめとする乗り物を追っかけて撮ったり、ブログやサイトの運営、バス関連本やネットニュースの原稿執筆、同人誌活動などを通じて、乗り物旅の素晴らしさを伝える活動を行っています。北海道札幌市在住。バスと鉄道とカレーと粉物が大好き。 [詳細]

folder 夜行バス

西日本JRバス「プレミアム中央ドリーム342号」クレイドルシート 乗車記
夜行高速バス「はりまや号」廃止へ・・・
大分バス「トロピカル号」42174号車 乗車記
西鉄高速バス「桜島号」3913号車 乗車記 まもなく引退か? (2017年7月乗車分)
防長交通「萩エクスプレス」655号車 乗車記
more...

folder 鉄道

第12回 日本モビリティ・マネジメント会議(jcomm) 参加レポート
JR九州「かわせみ やませみ4号」を見てみる(簡単な乗車記)
JR九州 BEC819系蓄電池式電車「DENCHA」を見てみる
出雲地区の一畑バスと一畑電車と出雲大社
熊本電気鉄道「01形電車」を見てみる
more...

folder 飛行機

ANAと名鉄バス「名古屋~新潟線」と伊予鉄「オレンジライナー」とJAC
福岡で見かけたバス達(西鉄バスなど)とJAC3595便
ANA系LCC「peach」新千歳関西線に乗ってみました。
more...

folder 交通系セミナー・勉強会・イベント

第12回 日本モビリティ・マネジメント会議(jcomm) 参加レポート
「第10回バスシンポジウムin釧路」に参加してきました。
北海道バスフェスティバル2016へ行ってきました
大分交通の夜行高速用106号車貸切乗車会に参加してきました。
大分交通が西工夜行車を使ったツアーの参加者を募集中です(中止となりました)
more...

folder バス車両紹介スライド・車内放送スライド

バス車両案内スライド その3 西武観光バス「ライオンズエクスプレス」
バス車両紹介スライド その2 西鉄高速バス「さぬきエクスプレス福岡号」
バス車両紹介スライド その1 名鉄バス「名古屋~松山線」
more...

folder 雑記

謹賀新年 2017
2016年もありがとうございました。
イカロス出版『秘境路線バスをゆく』にて執筆や撮影
謹賀新年 2016
2015年もありがとうございました。
more...

folder ブログ

2016年もありがとうございました。
夜行バス乗車記本「夜行バス紀行Vol.03」冬コミ(C89)で頒布します!
夜行バス乗車記本「夜行バス紀行Vol.03」頒布&先行予約のお知らせ
「夜行バス紀行 Vol.01」(小冊子)頒布のお知らせ
more...

folder 観光バス・定期観光バス

WILLER(網走バス)「レストランバス」2号車【小樽・石狩湾ランチコース】乗車記
more...