千葉中央バス「千葉・東京~大津・京都線」三菱エアロバス

ひろしプロジェクトです。
いつもこのブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。

さて、今回ご紹介するバスはこちら↓。
千葉中央バス 千葉京都線 2235

千葉中央バス 千葉京都線 2235 リア
京成グループの千葉中央バスが運行する夜行高速バス「千葉・東京~大津・京都線」です。

元々この路線は、親会社の京成電鉄(当時)と京都に本社を置く京阪バスが1989年10月20日に運行を開始しました。
愛称は「きょうと号」で統一され、開業から暫くの間は、東京ディズニーリゾートへの足として、はたまた千葉地区から京都方面への足として、比較的乗車率が高い路線でありました。
しかし、2000年以降の高速ツアーバスの台頭などで、次第に採算が悪化します。
このため、2006年1月9日をもって京阪バスが運行から撤退し、併せて3列シート車による運行から4列シート車による運行に変更され、運賃も片道5,000円と大幅に値下げ、格安高速バスへのリニューアルを敢行します。
運賃が値下げされたことで乗客は増えますが、それでも平日の乗車率が思う程上がらず、2009年5月11日以降は曜日限定運行に変更されます。
その後、2010年7月15日より、京成バスから京成グループの千葉中央バスに運行を移管し、現在に至っています。

この路線の最大の特徴は、先述の通り運賃の安さです。
現在は、千葉~大津・京都間で片道3,500円~5,000円、東京上野~大津・京都間で片道3,000円~4,500円と、大変安く移動することが出来ます。
但し、安さの裏にはそれなりの理由がある訳で・・・・・・。

車両は4列シート42人乗りの昼行高速バスと同等の仕様のバス(三菱エアロバス KL-MS86MP)が使用されます。
3列シートの夜行バスと比較すると、快適性では劣りますが、それでも前方の遮蔽カーテンは装備されていますし、車内にはトイレも完備されていますので、「少しでも安く移動したい」という方にはお勧めしたいですね。

但し、この路線を利用するに当たっては、一つ注意したいことがあります。
それは、この「千葉京都線」はインターネット予約に対応していないため、事前予約は電話予約のみとなります。
乗車券の購入は、電話予約後に京成バス・京阪バスの各窓口で購入するか、大手旅行代理店にて乗車券を購入することになりますので、注意が必要です。

詳しくは、千葉中央バス「京都線」のページ
または京阪バスの高速バス「千葉線」のページ
にてご確認をお願い致します。


応援して頂けると嬉しいです。
↓  ↓  ↓  ↓

その他ランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村