夜行バス&鉄道ウォッチャー「ひろしプロジェクトWEB」

夜行バス&鉄道愛好歴30年以上のひろしプロジェクトが、これまで乗車してきた乗り物の乗車記や最新情報を紹介する総合サイトです。

中国バス「ドリームスリーパー」エグゼグティブシート乗車記

calendar

こんにちは。ひろしプロジェクトです。
いつもこのブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。

2012年8月29日に運行を開始した中国バスの横浜・町田~福山・広島間超豪華夜行高速バス「ドリームスリーパー」
ネットニュースをはじめとする各媒体で紹介され、その効果からか、徐々にではありますが利用客も付いて来ているようです。
以前、このブログで「ドリームスリーパー」のファーストグレード『ゼログラビティシート』の乗車記をご紹介しました。(「ドリームスリーパー」ゼログラビティシートの乗車記はこちらから。
でずが、どうも「ゼログラビティシート」ばかりに目が行っているのか、セカンドグレード「エグゼグティブシート」のレビューがどこを探しても無いわけで・・・・・。
であれば「私がレビューしましょうか?」ということで、先日のことではありますが「ドリームスリーパー」エグゼグティブシートに乗車してきました。

っとその前に、改めてということで、まずは「ドリームスリーパー」の雄姿をとくとご覧あれ。

中国バス「ドリームスリーパー」 G1202

中国バス「ドリームスリーパー」 G1202 リア

中国バス「ドリームスリーパー」 G1202 サイド
※写真はイメージです。

おさらいになりますが、ベース車両は韓国現代製の「ユニバース」2012年モデル。
白地の車体に「DREAM SLEEPER」と大きく描かれたロゴが目立ちます。
エクステリア・インテリアデザインは、両備HDの太陽電池バス「ソラビ」を担当したチームが携わったそうで、今風の洗練されたデザインになっております。
因みに車体ロゴやステッカー類は、夜になると光で反射して色が変わるとか。
芸が細かいですww。

今回乗車したのは、平日の広島発の便ですが、やってきたのはこちら↓。
中国バス「ドリームスリーパー」 福山駅前乗り場
中国バスのお膝元である福山駅前です。
本来であれば広島から乗車したかったのですが、取材の関係で今回は福山からの乗車になります。

22時30分頃、定刻よりも若干遅れて「ドリームスリーパー」は福山駅前に到着します。
中国バス「ドリームスリーパー」 G1201 福山駅前改札中

改札を済ませ、車内に入ります。
出入口付近にはアロマ発生器が設置されていて、ほのかなラベンダーの香りが乗客を出迎えてくれます。
中国バス「ドリームスリーパー」 G1201 アロマ発生器

そして、いつものことながら車内は土足厳禁。
中国バス「ドリームスリーパー」 G1201 車内
スリッパに履き替えて車内に入ります。

で、肝心のエグゼグティブシートがこちら↓。
中国バス「ドリームスリーパー」 G1201 エグゼグティブシート
チルト機能は電動ですが、それ以外のリクライニング・レッグレストは手動操作となります。
更に、レッグレストとリクライニングの角度も、「ゼログラビティシート」と比較して浅くなっています。
また、前後の仕切りがパーテーションではなくカーテンになっている他、「ゼログラビティシート」で提供されているアメニティグッズが、エグゼグティブシートでは有料(スリッパ込みで600円。スリッパレスで500円)となっています。
この辺が「ゼログラビティシート」との違いになるでしょうか。

因みにアメニティグッズはこちら↓。
中国バス「ドリームスリーパー」 G1202 アメニティグッズ
スリッパと専用ロゴが入ったポーチの構成になっていて、ポーチ内には耳栓・ヘッドホンパッド・歯ブラシ・歯磨き粉・携帯コーム(ヘアブラシ)・アイマスク・携帯靴べらが入っています。

それ以外の、快眠ミュージックが楽しめる4chマルチステレオや、
中国バス「ドリームスリーパー」 G1201 マルチステレオ&LEDスイッチ
眠りを誘う効果がある桜色LED、
中国バス「ドリームスリーパー」 G1201 桜色LED
パナソニック製のイオン発生器ナノイー、
中国バス「ドリームスリーパー」 G1201 イオン発生器
写真はありませんが、今や夜行バス車両には必需品となりつつある電源コンセント・USBコンセントといった各装備は、「ゼログラビティシート」と同様に設置されています。

車内後部には、トイレとパウダールームが設置されていますが・・・・・
中国バス「ドリームスリーパー」 G1202 後部車内トイレ
中国バス「ドリームスリーパー」 G1202 後部パウダールーム その1
中国バス「ドリームスリーパー」 G1202 後部パウダールーム その2
この辺は以前紹介した通りですね。
デザインのセンスが素晴らしく、まるでどこかのデザイナーホテルのトイレと見間違える位ww。

乗務員仮眠室も、以前ご紹介した通り、車内最後部にあります。
中国バス「ドリームスリーパー」 G1202 後部乗務員仮眠室
進行方向向かって左側にパウダールームがあり、右側にトイレ、そして最後部に乗務員仮眠室という造りになっています。
このため、パウダールームとトイレのスペースは、通常のユニバースよりも若干狭くなっています。

以上が車内の紹介になりますが、まあ、とにかく至れり尽くせりな車内。
今年の「バス・オブ・ザ・イヤー」の候補の一つに挙げられるのは間違いなしでしょうww。

では、乗車当日の模様を簡単にご紹介。
福山駅前からは、私を含めて8名が乗車。
うち、「ゼログラビティシート」は4名、残りの4名は「エグゼグティブシート」の乗客でした。
週末ということもあったのでしょうが、広島市内からの乗客6名を含めてこの日は14名満席でした。
更に印象的だったのが、私以外にもデジカメで写真を撮られていた乗客が数名いたこと。
徐々に「ドリーム」スリーパー」の存在が知られてきているということなのでしょうか・・・・・。

バスは広尾で一旦停車後、福山東インターから山陽道・中国道・名神・新名神・東名阪道・伊勢湾岸道・新東名・東名高速を横浜へ向けてひた走ります。
途中の開放休憩は1箇所。
休憩場所は山陽自動車道の龍野西サービスエリアで、定刻ですと0時00分頃に到着します。
中国バス「ドリームスリーパー」 G1201 龍野西SAにて その1

中国バス「ドリームスリーパー」 G1201 龍野西SAにて その2

龍野西サービスエリア出発後は完全消灯され、翌朝到着まで下車することが出来ません。
シートをフルにセットして目を瞑ると、何時しか夢の中へ。
翌朝目が覚めた時、バスは東名高速道路の足柄SAで乗務員交代を行っていました。
その後バスは東名高速道路を横浜町田インターまでひた走り、横浜町田インターからは大和インター・国道16号を経由して、町田バスセンターにはほぼ定刻の7時に到着。
しかしその後は、保土ヶ谷バイパスの渋滞に巻き込まれ、結局終点の横浜駅東口バスターミナルには、定刻よりも約20分遅い8時32分に到着しました。

というわけで、超豪華夜行バス「ドリームスリーパー」エグゼグティブシートの乗車の模様を簡単にご紹介しましたが、「ドリームスリーパー」の良さは「ゼログラビティシート」に座ってみて初めて良さが実感できるのではないかと。
これが私の率直な感想ですね。
「エグゼグティブシート」もそれなりに眠れるのですが、並行する「メイプルハーバー」と比較してどうか?と言われると、ちょっと微妙ww。
座る人によって評価が大きく分かれるシートですね。
決して悪くは無いのですが・・・・・・。
あと、「ドリームスリーパー」に関して言えば、やはり福山・西条発と広島発の運賃に差をつけるべきではないかと。
ハイグレード路線ということで、あえて均一運賃にしたのでしょうが、この運賃体系が今後利用者に支持されつづけられるのか、ちょっと疑問に思えたりもします。

いずれにしろ、まだ走り始めたばかりの「ドリームスリーパー」。
徐々に利用客も増え始めているようですので、乗車されたい方はお早目のご予約を!!
尚、「ドリームスリーパー」について、詳しい情報はこちらからお願い致します。

中国バス「ドリームスリーパー」「メイプルハーバー」横浜・町田→福山・広島のご予約はこちらから。
中国バス「ドリームスリーパー」「メイプルハーバー」広島・福山→町田・横浜のご予約はこちらから。


応援して頂けると嬉しいです。
↓  ↓  ↓  ↓

バス ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す

管理人

Koji Suda(ひろしプロジェクト)

Koji Suda(ひろしプロジェクト)

自称「高速バスアドバイザー」。高速バス乗車回数900回以上(2016年12月現在)。バス・鉄道をはじめとする乗り物を追っかけて撮ったり、ブログやサイトの運営、バス関連本やネットニュースの原稿執筆、同人誌活動などを通じて、乗り物旅の素晴らしさを伝える活動を行っています。北海道札幌市在住。バスと鉄道とカレーと粉物が大好き。 [詳細]

folder 夜行バス

三州自動車 都城~志布志~鹿屋~鹿児島 路線バス乗り継ぎの旅
とさでん交通「はりまや号」廃止直前乗車記(2017年9月乗車分)
西日本JRバス「プレミアム中央ドリーム342号」クレイドルシート 乗車記
夜行高速バス「はりまや号」廃止へ・・・
大分バス「トロピカル号」42174号車 乗車記
more...

folder 鉄道

第12回 日本モビリティ・マネジメント会議(jcomm) 参加レポート
JR九州「かわせみ やませみ4号」を見てみる(簡単な乗車記)
JR九州 BEC819系蓄電池式電車「DENCHA」を見てみる
出雲地区の一畑バスと一畑電車と出雲大社
熊本電気鉄道「01形電車」を見てみる
more...

folder 飛行機

ANAと名鉄バス「名古屋~新潟線」と伊予鉄「オレンジライナー」とJAC
福岡で見かけたバス達(西鉄バスなど)とJAC3595便
ANA系LCC「peach」新千歳関西線に乗ってみました。
more...

folder 交通系セミナー・勉強会・イベント

第12回 日本モビリティ・マネジメント会議(jcomm) 参加レポート
「第10回バスシンポジウムin釧路」に参加してきました。
北海道バスフェスティバル2016へ行ってきました
大分交通の夜行高速用106号車貸切乗車会に参加してきました。
大分交通が西工夜行車を使ったツアーの参加者を募集中です(中止となりました)
more...

folder バス車両紹介スライド・車内放送スライド

バス車両案内スライド その3 西武観光バス「ライオンズエクスプレス」
バス車両紹介スライド その2 西鉄高速バス「さぬきエクスプレス福岡号」
バス車両紹介スライド その1 名鉄バス「名古屋~松山線」
more...

folder 雑記

謹賀新年 2017
2016年もありがとうございました。
イカロス出版『秘境路線バスをゆく』にて執筆や撮影
謹賀新年 2016
2015年もありがとうございました。
more...

folder ブログ

2016年もありがとうございました。
夜行バス乗車記本「夜行バス紀行Vol.03」冬コミ(C89)で頒布します!
夜行バス乗車記本「夜行バス紀行Vol.03」頒布&先行予約のお知らせ
「夜行バス紀行 Vol.01」(小冊子)頒布のお知らせ
more...

folder 観光バス・定期観光バス

WILLER(網走バス)「レストランバス」2号車【小樽・石狩湾ランチコース】乗車記
more...