夜行バス&鉄道ウォッチャー「ひろしプロジェクトWEB」

夜行バス&鉄道愛好歴30年以上のひろしプロジェクトが、これまで乗車してきた乗り物の乗車記や最新情報を紹介する総合サイトです。

JR四国バス「黒潮エクスプレス」乗車記

calendar

reload

応援して頂けると嬉しいです。
↓  ↓  ↓  ↓

バス ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村

こんにちは。ひろしプロジェクトです。
いつもこのブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。

高松~高知間を結ぶ交通機関に「黒潮エクスプレス」という高速バスがあります。
両都市間を2時間余りで結び、並行するJR特急とほぼ互角の勝負を繰り広げていますが、「この路線に乗車したことがあるのか?」と尋ねられると、乗車した記憶があまり残っていないんですよね。

実際はこれまでに2度程乗車している筈なのですが・・・・・。
そんな中、実は2012年夏に乗車する機会を得まして、恐らく3度目となる「黒潮エクスプレス」の乗車を体験してきました。
今回はその時の模様を簡単にご紹介しようと思います。

改めて「黒潮エクスプレス」についてご紹介すると、「黒潮エクスプレス」は、JR四国バスの他、四国高速バス・土佐電気鉄道・高知県交通の計4社で共同運行している高速バスです。
開業当初は3列独立シート車で計12往復運行していましたが、現在は4列シート40人乗りの車両で1日13往復運行しています。
このうち、JR四国バスは3往復を担当。
残りの10往復を、四国高速バスが5往復、土佐電気鉄道・高知県交通2社で5往復担当しています。

私が今回乗車したのは、高松駅14時10分発のJR四国バス担当の便。
こちらの車両になります。

JR四国バス「黒潮エクスプレス」 644-1950

JR四国バス「黒潮エクスプレス」 644-1950 高松駅改札中
松山支店所属の三菱エアロバス(KL-MS86MP)です。
って松山支店所属???
まさか、松山から「坊ちゃんエクスプレス」で高松入りして、この路線で高知へ行った後、高知から「なんごくエクスプレス」で松山へ戻る運用???
乗務員様、長時間のハンドル、ご苦労様です・・・・・。

車内はこんな感じです。
JR四国バス「黒潮エクスプレス」 644-1950 車内
四国島内高速路線では一般的な4列シート40人乗り昼行高速仕様。

この様な、JRバスならではの棒型フットレストも装備しています。
JR四国バス「黒潮エクスプレス」 644-1950 フットレスト

では、乗車時の様子を簡単にご紹介。
高松駅から乗車したのは、私を含めて4名でした。
高松市内各停留所で乗客を乗せ、窓側の座席がほぼ埋まった「黒潮エクスプレス」は、高松中央インターから高松自動車道に入ります。
高松自動車道上の3箇所の停留所(高速丸亀、高速善通寺、高速観音寺)に乗車扱いで停車した後は、高松自動車道~三島川之江ジャンクション~高知自動車道とバスは進んでいきます。
山間の高速道路をひた走ること1時間強で、バスは高知インターを降ります。
高知インター傍の一宮高知営業所(高知県交通高知営業所)で1名下車後、10分程でバスは高知駅バスターミナルに到着。
ほぼ定刻の到着でした。
JR四国バス「黒潮エクスプレス」 644-1950 高知駅バスターミナル到着

あっという間の2時間のバスの旅でしたが、並行するJR特急が日中時間帯の大半において宇多津で乗換を強いられることなどを考えると、約1時間ヘッドで運行されている高速バスの利便性の高さを改めて実感しました。
だだ、これはこの路線に限ったことではないのですが、どうも四国島内路線の運賃が割高に感じるのは私だけでしょうか・・・・・。
今回乗車した高松~高知間の距離は約140km。
私が住む北海道の札幌~旭川間とほぼ同じ距離なのですが、札幌~旭川間の高速バスの運賃は片道2,000円。(往復は3,750円。)
一概に単純に比較することは出来ませんが、現在のサービスレベルを考えると、もう少し安くてもいいのでは?と思うんですよね。
運行コストの問題など諸事情があるかとは思いますが、せめて片道2,500円~2,700円位の運賃設定であれば、今以上に気軽に乗車出来るのではないかと。
そんなことを思った今回の「黒潮エクスプレス」の旅でした。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す

管理人

Koji Suda(ひろしプロジェクト)

Koji Suda(ひろしプロジェクト)

自称「高速バスアドバイザー」。高速バス乗車回数900回以上(2016年12月現在)。バス・鉄道をはじめとする乗り物を追っかけて撮ったり、ブログやサイトの運営、バス関連本やネットニュースの原稿執筆、同人誌活動などを通じて、乗り物旅の素晴らしさを伝える活動を行っています。北海道札幌市在住。バスと鉄道とカレーと粉物が大好き。 [詳細]

folder 夜行バス

西日本JRバス「プレミアム中央ドリーム342号」クレイドルシート 乗車記
夜行高速バス「はりまや号」廃止へ・・・
大分バス「トロピカル号」42174号車 乗車記
西鉄高速バス「桜島号」3913号車 乗車記 まもなく引退か? (2017年7月乗車分)
防長交通「萩エクスプレス」655号車 乗車記
more...

folder 鉄道

第12回 日本モビリティ・マネジメント会議(jcomm) 参加レポート
JR九州「かわせみ やませみ4号」を見てみる(簡単な乗車記)
JR九州 BEC819系蓄電池式電車「DENCHA」を見てみる
出雲地区の一畑バスと一畑電車と出雲大社
熊本電気鉄道「01形電車」を見てみる
more...

folder 飛行機

ANAと名鉄バス「名古屋~新潟線」と伊予鉄「オレンジライナー」とJAC
福岡で見かけたバス達(西鉄バスなど)とJAC3595便
ANA系LCC「peach」新千歳関西線に乗ってみました。
more...

folder 交通系セミナー・勉強会・イベント

第12回 日本モビリティ・マネジメント会議(jcomm) 参加レポート
「第10回バスシンポジウムin釧路」に参加してきました。
北海道バスフェスティバル2016へ行ってきました
大分交通の夜行高速用106号車貸切乗車会に参加してきました。
大分交通が西工夜行車を使ったツアーの参加者を募集中です(中止となりました)
more...

folder バス車両紹介スライド・車内放送スライド

バス車両案内スライド その3 西武観光バス「ライオンズエクスプレス」
バス車両紹介スライド その2 西鉄高速バス「さぬきエクスプレス福岡号」
バス車両紹介スライド その1 名鉄バス「名古屋~松山線」
more...

folder 雑記

謹賀新年 2017
2016年もありがとうございました。
イカロス出版『秘境路線バスをゆく』にて執筆や撮影
謹賀新年 2016
2015年もありがとうございました。
more...

folder ブログ

2016年もありがとうございました。
夜行バス乗車記本「夜行バス紀行Vol.03」冬コミ(C89)で頒布します!
夜行バス乗車記本「夜行バス紀行Vol.03」頒布&先行予約のお知らせ
「夜行バス紀行 Vol.01」(小冊子)頒布のお知らせ
more...

folder 観光バス・定期観光バス

WILLER(網走バス)「レストランバス」2号車【小樽・石狩湾ランチコース】乗車記
more...