アルピコ交通「アルペンア長野号」昼行便(長野→京都)の乗車記を「バスとりっぷ」様で紹介しています

夜行バス, 昼行高速バス, 高速バス乗車記

長野県松本市に本社を置き、路線バスや高速バス、観光バス、鉄道などを運営しているアルピコ交通株式会社
ホワイトの車体に5色のストライプが入った車体カラーリングでもお馴染みですね。

アルピコ交通「新宿~長野線」 プライムシート仕様車(3列独立) 1231

アルピコ交通は、長野、松本、諏訪の各地区から、東京、名古屋、大阪方面へ多くの高速バスを運行していますが、実は先日、久しぶりに同社の高速バスに乗車しました。

今回私が乗車したのは、長野と京都・大阪を結ぶ高速バス「アルペン長野号」
その中から、午後から夜間にかけての約7時間かけて走破する昼行便に乗車した時の模様を、高速バス関連の情報配信サイト「バスとりっぷ」様にて紹介しております。

アルピコ交通「アルペン長野号」昼行便 長野・814_101
アルピコ交通「長野~新宿線」3列独立シート車


一面に広がる美しい景色とSAでの休憩停車が売りの「アルペン長野号」昼行便

「アルペン長野号」が運行を開始したのは、1989(平成元)年12月。
当初は夜行便のみの運行でしたが、2001(平成13)年に昼行便が新設され、現在は1日2往復体制で運行しています。

寝ながら移動するのであれば、当然夜行便の方が便利なのですが、昼行便は昼行便ならではの楽しみ方もあるわけでして、その楽しみ方とは・・・なんといっても「一面に広がる美しい景色」「SAでの休憩停車」なのではないでしょうか。

アルピコ交通「アルペン長野号」昼行便 車窓

アルピコ交通「アルペン長野号」昼行便 恵那峡SA

そして、「アルペン長野号」使用される車両は、昼行、夜行問わず3列独立シート28人乗りの夜行高速仕様となっています。

アルピコ交通「アルペン長野号」昼行便 ・814 車内

全国的に数が少ない長距離昼行高速バスではありますが、1人掛けのシートに身を委ね、雄大な景色を楽しみ、途中のSAでの休憩時間で美味しいものや土産を楽しむ・・・これこそ、長距離昼行高速バスのい醍醐味なのではないでしょうか。

詳しくは「バスとりっぷ」内の記事をご覧いただきたいのですが、「ゆったり1人掛けシートで楽に移動したい」「時間がかかっても良いので、のんびりと景色を眺めながら移動したい」方には最適なバスではないでしょうか。

アルピコ交通「アルペン長野号」昼行便の乗車記は、以下のリンクにて公開しています。


宜しければご参考いただけると幸いです。


【乗車データ】 
  • 乗車日:2019/12/17
  • 乗車区間:
    長野駅(アルピコ交通高速バスのりば)→京都深草
  • 運行会社:アルピコ交通
  • 車両:日野/セレガHD(PKG-RU1ESAA)
  • 年式:2007年式
  • 所属:長野営業所
  • 社番:07081




応援して頂けると嬉しいです。
↓  ↓  ↓  ↓

その他ランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村