夜行バス・高速バス・鉄道乗車記サイト「ひろしプロジェクトWEB」

西鉄高速バス「さぬきエクスプレス福岡号」乗車記(2010年5月乗車分)

calendar

応援して頂けると嬉しいです。
↓  ↓  ↓  ↓

バス ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村

こんにちは。ひろしプロジェクトです。
いつもこのブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。

夜のJR高松駅バスターミナル。
四国での「撮りバス」と「乗り鉄」も無事に終えまして、後は西鉄高速バスの「さぬきエクスプレス」福岡号」で福岡へ移動するのみとなってしまいました。
今回のGW小旅行も、いよいよラストです。

スポンサーリンク

夜の高松駅は夜行バスラッシュ!?

20時30分、夜の高松駅前バスターミナルには、帰省から都心へ戻る帰省客が徐々に集まってきます。
ターミナルの前に停車していた、琴平バスの東京行きツアーバスも盛況のようです。
琴平バス「高松~東京線」 日野セレガSHD(PKG-RU1ESAA)
この車両、ツアーバスらしからぬ(?)仕様になっていて、3列独立シートトイレ付きの日野新型セレガが充てられています。

ターミナル内でしばしバスの入線を待っていると・・・・・
JRバス関東の東京駅・新木場行きの「ドリーム高松号」と、
JRバス関東「ドリーム高松号」 10-97
四国高速バスの「ハローブリッジ号」が入線、改札を行っていました。
四国高速バス「ハローブリッジ」・386

四国高速バス「ハローブリッジ」・386 リア

四国高速バス「ハローブリッジ」・274
「ハローブリッジ号」は3台運行で、1号車が新型エアロキング、2号車が新型セレガHD、3号車がPJエアロバスという陣容でした。

元「はかた号」の西鉄高速バス3802号車が運用に・・・

そして、「ハローブリッジ号」は出発すると、間もなくして西鉄高速バスの「さぬきエクスプレス福岡号」が入線しました。
今回は2台運行です。
私が乗車したのは、1号車のこちらの車両でした。
(※写真はイメージです。)
西鉄高速バス「さぬきエクスプレス福岡号」 3802


西鉄高速バス「さぬきエクスプレス福岡号」 3802 高松駅にて
4年前の「はかた号」での乗車以来となる、西鉄高速バスの3802号車(三菱KL-MS86MP、西工02MC SD-Ⅱ)です。

一方の2号車は、こちらの車両が充てられていました。
西鉄高速バス「さぬきエクスプレス福岡号」 3270 高松駅にて
元「道後エクスプレスふくおか号」専用車の3270車です。

乗務員の改札を受け、車内に入ります。
西鉄高速バス「さぬきエクスプレス福岡号」 3802 車内
3列独立シート28名乗りの夜行高速仕様。
ゆったりとした座席が並びます。
この車両ですが、西鉄高速バス移籍時に若干の改造が施された様で、座席の足置きが従来の跳ね上げ式から床部据置式に変更されています。
西鉄本体に在籍している4011車、4012車と同様の足置きと同じタイプのものをイメージしていただけると分かり易いかもしれません。

21時30分、定刻にバスは高松駅前を出発します。
ゆめタウン高松、高松中央インターバスターミナルで乗車扱いを行った後、高松自動車道に入ります。
善通寺インターで一旦高速道路を降り、善通寺インターバスターミナルで乗車扱いの為に停車。
この後、丸亀駅と坂出駅で乗車扱いを済ませ、ほぼ満席になったバスは、一路福岡へと向かいます。
乗客が全員揃ったところで、乗務員から自己紹介と車内設備、休憩場所、注意事項に関する案内がマイクで行われます。
途中の北九州砂津まで完全なワンマン運行の為、運転は勿論の事、改札からマイクによる案内まで、全て乗務員一人でこなしますが、運転しながらのマイク放送もなかなか大変な様です。

瀬戸大橋を渡り、消灯前の休憩場所である粒江PAに到着します。
西鉄高速バス「さぬきエクスプレス福岡号」 3802 粒江PAにて

西鉄高速バス「さぬきエクスプレス福岡号」 3270 粒江PAにて

休憩時間も終わり、乗務員がプライベートカーテンをセットし、車内が減光されると、消灯となります。
シートを倒し目を瞑ると・・・・・いつしか夢の中へ。
気が付くと、バスは既に壇ノ浦PAに停車していました。
寝ている間に九州手前まで来ていたのですね(笑)。

5時25分、乗務員からの案内放送で起床。
続いて、昨晩セットされたプライベートカーテンを片付けて、朝の休憩となります。
駐車場はGWの帰省シーズンの影響でほぼ満車状態。
加えて高速バスやツアーバスも停車していて、いつも以上に賑やかでした。
西鉄高速バス「さぬきエクスプレス福岡号」 3802 壇ノ浦PAにて

西鉄高速バス「さぬきエクスプレス福岡号」 3270 壇ノ浦PAにて

5時40分、乗客か全員揃ったところでバスは出発。
朝焼けの美しい関門橋を渡り、高速門司港バス停の停車します。
しかし降車客はいなかった為、すぐに発車しました。
その後、九州自動車道から北九州都市高速道路に入り、6時06分に小倉駅前に到着。
ここで数人が下車し、次の砂津(チャチャタウン前)では、乗務員交代の為約5分間停車しました。
黒崎引野口で降りる乗客がいなかった為、この後は北九州都市高速道路~九州自動車道~福岡都市高速道路を経由して、ほぼ定刻の7時25分に博多駅交通センターに到着しました。
ここで半数の乗客が下車し、更に走る事10分程で終点西鉄天神バスセンターに到着しました。
西鉄高速バス「さぬきエクスプレス福岡号」 3802 西鉄天神BC到着

西鉄高速バス「さぬきエクスプレス福岡号」 3270 西鉄天神BC到着

多少寝不足感はあったものの、車内でゆっくり休めたからか、気分はすっきり!!
でも、この旅も終わりかと思うと、一抹の寂しさがこみ上げて来るのもまた事実.。
今夏開業予定の福岡~三重線試乗でまた福岡に来ることを誓って、天神バスセンターを離れました。

サービスの良さは健在

今回、約2年半ぶりに「さぬきエクスプレス福岡号」に乗車しましたが、西鉄グループ夜行高速バスのサービスの良さは健在で、まずは一安心しました。
そして、今回はGWという特殊事情はあるにせよ、同路線が着実に支持されている事を実際の乗車を通じて実感しました。
今後どの様に推移していくかについては、ツアーバスの再登場等、予想される不安要素も多少はありますが、両者のノウハウを十分に生かして、利用者に喜ばれる路線として更に成長する事を望みたいものです。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

管理人

Koji Suda(ひろしプロジェクト)

Koji Suda(ひろしプロジェクト)

自称「高速バスアドバイザー」。高速バス乗車回数1000回以上(2018年2月現在)。バス・鉄道をはじめとする乗り物を追っかけて撮ったり、ブログやサイトの運営、バス関連本やネットニュースの原稿執筆、同人誌活動などを通じて、乗り物旅の素晴らしさを伝える活動を行っています。北海道札幌市在住。バスと鉄道とカレーと粉物が大好き。 [詳細]

folder バス車両紹介スライド・車内放送スライド

バス車両案内スライド その3 西武観光バス「ライオンズエクスプレス」
バス車両紹介スライド その2 西鉄高速バス「さぬきエクスプレス福岡号」
バス車両紹介スライド その1 名鉄バス「名古屋~松山線」
more...

folder 雑記

謹賀新年 2019
2018年もありがとうございました
北海道胆振東部地震から1週間 ~各交通機関の動きをふり返る~
現状報告 ~北海道胆振東部地震~
今度の新刊は「西工夜行高速車」! 約1年ぶりの同人誌新刊「The SD」のご案内
more...

folder ブログ

謹賀新年 2019
2018年もありがとうございました
同人誌新作「The SD SD-Ⅰ&SD-Ⅱ」を平成最後の冬コミ(C95)で頒布します!
北海道胆振東部地震から1週間 ~各交通機関の動きをふり返る~
現状報告 ~北海道胆振東部地震~
more...