夜行バス&鉄道ウォッチャー「ひろしプロジェクトWEB」

夜行バス&鉄道愛好歴30年以上のひろしプロジェクトが、これまで乗車してきた乗り物の乗車記や最新情報を紹介する総合サイトです。

応援して頂けると嬉しいです。
↓  ↓  ↓  ↓

バス ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村

こんにちは。ひろしプロジェクトです。
いつもこのブログをご覧頂きましてありがとうございます。

2012年4月よりJR北海道花咲線(根室本線釧路~根室間)で運行を開始した「ルパン列車」(ルパン三世ラッピングトレイン)と、くしろバスで運行を開始した「ルパンバス」(ルパン三世ラッピングバス)
沿線の浜中町が取り組んでいる地域活性化プロジェクト「モンキー・パンチプロジェクト」の一環で登場したこのラッピング列車とラッピングバスですが、「実際のところどうなのよ?」ということで、「ルパン列車」と「ルパンバス」を追っかけに、1泊2日で道東(釧路・根室・浜中)へ行ってきました。

ご存知の方も多いかと思いますが、JR花咲線沿線の浜中町は、「ルパン三世」の原作者モンキー・パンチさんの出身地です。
そして、この浜中町は、2007年にルパン三世生誕40周年記念としてテレビ放映された「ルパン三世 霧のエリゥーシヴ」の舞台となった場所でもあります。
浜中町では昨年2011年から、「ルパン三世宝島プラン」という町おこしプロジェクトをスタートさせ、これまでに浜中町の街中に「ルパン三世」のキャラクターを配置。

JR花咲線 茶内駅とルパン三世
特に町役場がある浜中町霧多布(きりたっぷ)地区には、ルパン三世に登場するおなじみのキャラクターたちのオリジナルデザインが登場し、ルパン三世キャラクターづくしのマチになっています。
そして今回、このプロジェクトを本格的に推し進めるべくして登場したのが、これからご紹介する「ルパン列車」(ルパン三世ラッピングトレイン)と「ルパンバス」(ルパン三世ラッピングバス)、そして「ルパンタクシー」なのです。

運行開始は2012年4月1日。
運行開始当日は、JR茶内駅にてモンキー・パンチさんを招いての運行開始セレモニーがあったそうです。
「ルパン列車」は今後3年間運行される予定ですが(「ルパンバス」と「ルパンタクシー」の運行期間は不明)、「折角なので早めにおさえておかないと!!」ということで、いつもの如く(?)ハードスケジュールで行って参りました。

今回、釧路までの足として選んだのがこちら。
北海道中央バス「スターライト釧路号」 2445

くしろバス「スターライト釧路号」 ・307
札幌~釧路間の都市間バス「スターライト釧路号」です。

行きは札幌を夕方に出発する北海道中央バス担当便に乗車。
ほぼ専属で充てられている三菱エアロクイーン(BKG-MS96JP)に乗車することが出来ました。
中央バスの現行エアロクイーンに乗車するのは今回が初めてだったりします。
一方の帰りは、釧路を13時過ぎに出発するくしろバス担当便にそれぞれ乗車。
こちらも初乗車となるいすゞガーラSHD(PKG-RU1ESAJ)でした。
(帰りのくしろバス便については、次々回の記事でご紹介します。)

出発前の中央バス「スターライト釧路号」です。
北海道中央バス「スターライト釧路号」 2445 中央バス札幌ターミナル改札中

車内はこんな感じです。
北海道中央バス「スターライト釧路号」 2445 車内
3列独立シート(後部8席:4列シート)29人乗りの夜行高速仕様となっています。
所要6時間弱の路線にしては必要十分といったところでしょうか。

17時35分、定刻にバスは中央バス札幌ターミナルを発車。
バスは大谷地バスターミナルで乗車扱いを行った後、道央自動車道~道東自動車道~道道~国道38号線を経由して釧路へと向かいます。
この「スターライト釧路号」ですが、昨年10月に道東道が直結して札幌~池田間が一本で結ばれた効果は大きい様で、たまたまこの便に関しては乗客が10人程度と少なかったのですが、週末になると満席になる便が出る頻度が増えたとか。
所要時間が30分以上短縮された効果は大きいですね。
札幌~釧路間約5時間半であれば、料金が高いJRよりもバスを利用しようという人が増えるのも頷ける気がします。

車内ではテレビとDVDのサービスが。
道中退屈せずに過ごすことが出来ます。
北海道中央バス「スターライト釧路号」 2445 車内モニター

昼行便は途中、十勝平原サービスエリアで10分程休憩します。
北海道中央バス「スターライト釧路号」 2445 十勝平原SAにて
このサービスエリアですが、サービスエリアといっても設備はトイレと自動販売機のみ。
供食サービスは一切ありませんので、「スターライト釧路号」昼行便に乗車される方は、事前に食事などの用意が必須となりますので注意してくださいね。

バスは十勝平原サービスエリア出発後、池田インターチェンジから道道~国道38号線などを経由して、約2時間20分程で釧路駅バスターミナルに到着。
定刻よりも15分程早く到着しました。
北海道中央バス「スターライト釧路号」 2445 釧路駅バスターミナル到着

久しぶりに「スターライト釧路号」昼行便に乗車しましたが、乗車時間の長さをさほど感じなかった・・・・・というのが正直な感想。
道東道開通効果は思いの他凄いなぁと改めて感じました。
この日はバスターミナル上の「スーパーホテル」にて宿泊。
そして翌朝は5時前に起床し、身支度を整えて、釧路駅へと向かいます。

「ルパン列車」はこの日、花咲線の始発列車「快速はなさき」に使用されるとの事前情報を掴んでいたのですが、どの様な形で移動するかは決まっておらず、悩んだ末、まずこの「快速はなさき」に乗車して根室まで行き、折り返し列車で浜中まで移動、そこから霧多布まで「ルパンバス」移動し、さらにそこから釧路駅まで同じく「ルパンバス」で移動することにしました。

釧路駅で「ルパン列車」の入線を待っていると、暫くして3番ホームに「ルパン列車」が入線してきます。
JR北海道 花咲線 キハ54 522 ルパン三世ラッピングトレイン 釧路駅にて
実物を目にしての第一印象は・・・・・「思いの他カッコイイ!!」
早速見ていきましょう!

この「ルパン列車」、車体デザインは左右非対称となっていて、山側と海側とではデザインが大きく異なります。
こちらの写真は山側のデザイン。
JR北海道 花咲線 キハ54 522 ルパン三世ラッピングトレイン 山側デザイン(ルパン)
ルパン三世

JR北海道 花咲線 キハ54 522 ルパン三世ラッピングトレイン 山側デザイン(次元)
次元大介

JR北海道 花咲線 キハ54 522 ルパン三世ラッピングトレイン 山側デザイン(五右ェ門)
石川五右ェ門

JR北海道 花咲線 キハ54 522 ルパン三世ラッピングトレイン 山側デザイン(不二子)
峰不二子

JR北海道 花咲線 キハ54 522 ルパン三世ラッピングトレイン 山側デザイン(銭形)
銭形警部

ルパンのキャラクター達が大きくデザインされています。

そして海側のデザインがこちら。
JR北海道 花咲線 キハ54 522 ルパン三世ラッピングトレイン 海側サイド(ルパン)
ルパン三世

JR北海道 花咲線 キハ54 522 ルパン三世ラッピングトレイン 海側サイド(銭形警部)
銭形警部

ハードボイルド調のデザインとなっております。
個人的にはこちらのハードボイルド調の海側デザインの方が好きですね。

車体には原作者モンキー・パンチさんの直筆サインシールが。
JR北海道 花咲線 キハ54 522 ルパン三世ラッピングトレイン モンキー・パンチさん直筆サイン
このサインシール、4月1日の運行開始セレモニーで貼られました。

外観のみならず車内も至るところにルパン達がいますよ。
車内各所には、浜中町の景観地を紹介したポスター(パネル)が掲示してあります。
JR北海道 花咲線 キハ54 522 ルパン三世ラッピングトレイン 車内パネル(ルパン一味)
ルパン一味&銭形警部

JR北海道 花咲線 キハ54 522 ルパン三世ラッピングトレイン 車内パネル(ルパン)
ルパン三世

JR北海道 花咲線 キハ54 522 ルパン三世ラッピングトレイン 車内パネル(次元)
次元大介

R北海道 花咲線 キハ54 522 ルパン三世ラッピングトレイン 車内パネル(五右ェ門)
石川五右ェ門

JR北海道 花咲線 キハ54 522 ルパン三世ラッピングトレイン 車内パネル(不二子)
峰不二子

JR北海道 花咲線 キハ54 522 ルパン三世ラッピングトレイン 車内パネル(銭形)
銭形警部

窓には、ルパンのキャラクター達をモチーフにしたステッカーが貼られています。
JR北海道 花咲線 キハ54 522 ルパン三世ラッピングトレイン 車内ステッカー(ルパンマーク)
ルパンマーク(アニメではよく出てきますよね?)

JR北海道 花咲線 キハ54 522 ルパン三世ラッピングトレイン 車内ステッカー(ルパン)
ルパン三世

JR北海道 花咲線 キハ54 522 ルパン三世ラッピングトレイン 車内ステッカー(次元)
次元大介

JR北海道 花咲線 キハ54 522 ルパン三世ラッピングトレイン 車内ステッカー(五右ェ門)
石川五右ェ門

JR北海道 花咲線 キハ54 522 ルパン三世ラッピングトレイン 車内ステッカー(不二子)
峰不二子

JR北海道 花咲線 キハ54 522 ルパン三世ラッピングトレイン 車内ステッカー(銭形)
銭形警部
外観及び車内共に、ルパンファンにはたまらないラッピング列車になりました。

そしてこの車両ですが、実は今回のラッピングトレイン化に伴って、座席もグレードアップしました。
JR北海道 花咲線 キハ54 522 ルパン三世ラッピングトレイン 車内

JR北海道 花咲線 キハ54 522 ルパン三世ラッピングトレイン シート
なんと、789系「スーパーカムイ」自由席車で採用されているリクライニングシートに交換されました。
シートピッチが狭いのが難点ですが、183系気動車(初期型)から流用されたシートと比較して、座り心地が格段に向上しました。(但し座席は回転しませんのであしからず。)
因みにお勧めの座席は車内中央部のテーブル席。
特にグループで利用するのにお勧めしたい席です。

そうこうしているうちに、時間はあっという間に過ぎていき、「快速はなさき」の発車時刻に。
列車は5時55分、定刻に釧路駅を出発します。
この「快速はなさき」は、途中東釧路、厚岸、茶内、浜中、厚床、落石、終点根室の順に停車していきます。
時間にして約2時間15分程の列車の旅の始まりです。
この後、久しぶりの花咲線の旅を堪能することになるのですが・・・・・

この続きはまた次回に。


【お知らせ】
「スターライトくしろ号」のご予約は、日本旅行「バスぷらざ」からどうぞ。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す

管理人

Koji Suda(ひろしプロジェクト)

Koji Suda(ひろしプロジェクト)

自称「高速バスアドバイザー」。高速バス乗車回数900回以上(2016年12月現在)。バス・鉄道をはじめとする乗り物を追っかけて撮ったり、ブログやサイトの運営、バス関連本やネットニュースの原稿執筆、同人誌活動などを通じて、乗り物旅の素晴らしさを伝える活動を行っています。北海道札幌市在住。バスと鉄道とカレーと粉物が大好き。 [詳細]

folder 夜行バス

西日本JRバス「プレミアム中央ドリーム342号」クレイドルシート 乗車記
夜行高速バス「はりまや号」廃止へ・・・
大分バス「トロピカル号」42174号車 乗車記
西鉄高速バス「桜島号」3913号車 乗車記 まもなく引退か? (2017年7月乗車分)
防長交通「萩エクスプレス」655号車 乗車記
more...

folder 鉄道

第12回 日本モビリティ・マネジメント会議(jcomm) 参加レポート
JR九州「かわせみ やませみ4号」を見てみる(簡単な乗車記)
JR九州 BEC819系蓄電池式電車「DENCHA」を見てみる
出雲地区の一畑バスと一畑電車と出雲大社
熊本電気鉄道「01形電車」を見てみる
more...

folder 飛行機

ANAと名鉄バス「名古屋~新潟線」と伊予鉄「オレンジライナー」とJAC
福岡で見かけたバス達(西鉄バスなど)とJAC3595便
ANA系LCC「peach」新千歳関西線に乗ってみました。
more...

folder 交通系セミナー・勉強会・イベント

第12回 日本モビリティ・マネジメント会議(jcomm) 参加レポート
「第10回バスシンポジウムin釧路」に参加してきました。
北海道バスフェスティバル2016へ行ってきました
大分交通の夜行高速用106号車貸切乗車会に参加してきました。
大分交通が西工夜行車を使ったツアーの参加者を募集中です(中止となりました)
more...

folder バス車両紹介スライド・車内放送スライド

バス車両案内スライド その3 西武観光バス「ライオンズエクスプレス」
バス車両紹介スライド その2 西鉄高速バス「さぬきエクスプレス福岡号」
バス車両紹介スライド その1 名鉄バス「名古屋~松山線」
more...

folder 雑記

謹賀新年 2017
2016年もありがとうございました。
イカロス出版『秘境路線バスをゆく』にて執筆や撮影
謹賀新年 2016
2015年もありがとうございました。
more...

folder ブログ

2016年もありがとうございました。
夜行バス乗車記本「夜行バス紀行Vol.03」冬コミ(C89)で頒布します!
夜行バス乗車記本「夜行バス紀行Vol.03」頒布&先行予約のお知らせ
「夜行バス紀行 Vol.01」(小冊子)頒布のお知らせ
more...

folder 観光バス・定期観光バス

WILLER(網走バス)「レストランバス」2号車【小樽・石狩湾ランチコース】乗車記
more...