日田バス「とよのくに」「ゆふいん」「サンライト」用車両 485号車

日田バス「ゆふいん号」「とよのくに号」 485

ひろしプロジェクトです。
いつもこのブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。

写真の車両は、日田バスが所有する高速路線用車両485号車です。
親会社の西日本鉄道(以下:西鉄)から2012年12月に移籍して来ました。
西鉄時代の社番は9618で、主に福岡~熊本線「ひのくに号」で活躍していましたが、日田バスでは現在、福岡・日田~別府・大分線「とよのくに号」各停便の他、福岡・日田~湯布院線「ゆふいん号」、福岡~黒川温泉線、大分・別府~長崎線「サンライト」に使用しています。
また、出入庫運用として福岡~日田線に使用することもあります。

シャーシは日産ディーゼル(現:UDトラックス)製のPKG-RA274RBNを採用。
西日本車体工業製のE-Ⅲ型ボディを纏った、全国的にも珍しい組み合わせになっています。
車内は、4列シート40人乗りの一般的な昼行高速仕様になっており、リクライニングシートとトイレを装備しています。
以前の車両であれば、TVモニターとマルチステレオも装備されていましたが、TVモニターとマルチステレオについては、西鉄「ひのくに号」時代に既に廃止されていたことから最初から装備されておらず、TVモニターが設置されるであろう場所に運賃表が設置されています。
一方で、この車両には一部路線でICカード「nimoca」「めじろんnimoca」利用可能路線があることから、ICカードリーダーが設置されています。
但し、日田バスは大分県の事業者であることから、出入口付近の「nimoca」ステッカーが「めじろんnimoca」ステッカーに変更されています。

私自身、このタイプの車両は西鉄「ひのくに号」「させぼ号」で乗車したことがありましが、日田バスヴァージョンは残念ながら一度も乗車したことがありません。
現在は複数台導入されているそうなので、機会があれば日田バスヴァージョンの「西工E-Ⅲ」にも乗車してみたいですね。


応援して頂けると嬉しいです。
↓  ↓  ↓  ↓

その他ランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村