夜行バス&鉄道ウォッチャー「ひろしプロジェクトWEB」

夜行バス&鉄道愛好歴30年以上のひろしプロジェクトが、これまで乗車してきた乗り物の乗車記や最新情報を紹介する総合サイトです。

ありがとう711系電車~北海道初の電車 ついにラストラン~

time 2015/03/08

こんにちは。ひろしプロジェクトです。
いつもこのブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。

北陸新幹線開業に、寝台特急「トワイライトエクスプレス」の廃止、「北斗星」の定期運行終了と、何かと慌しい今年2015年3月のJRグループダイヤ改正ですが、実は約半世紀近く活躍し続けた車両が、今回のダイヤ改正で運用を終了し引退します。
それが、これからご紹介するJR北海道(旧国鉄)の711系電車であります。

JR北海道 711系電車 札幌駅にて

JR北海道 函館本線 711系 旧国鉄色復刻塗装

711系電車は、今から48年前の1967年(昭和42年)に設計・開発された、日本初の量産近郊型交流電車です。
函館本線電化事業と並行して開発され、徹底した耐寒耐雪機能を考慮した、初の北海道向け国鉄型電車でもあります。
本格運用が始まったのは、翌年の1968年からで、同年8月28日の小樽~滝川電化開業時に営業運転を開始しました。
その後、滝川~旭川間の電化や千歳線・室蘭本線沼ノ端~室蘭間の電化に合わせて増備されていきます。
車内は急行列車にも使用できる様、汎用的に使用できる車内設備を有していたため、普通列車はもとより、「かむい」「さちかぜ」の両急行列車にも使用されたことがあります。

1987年(昭和62年)4月1日に実施された国鉄分割民営化では、全車がJR北海道に承継されましたが、後継車両となる721系 ・731系・733系・735系の登場により、1990年代後半からは淘汰が進んでいきます。
そして、2014年度末をもって営業運転を終了させる方針であることが2012年11月に報道され、2015年2月13日に同年3月13日をもって営業運転を終了することがJR北海道から発表されました。

私自身、この711系電車には通学で、そして旅行でよくお世話になりました。
ゆったりとした加速に静かな車内・・・初めて乗車した時は、「これが北海道の電車かぁ・・・」とある意味衝撃と感動を覚えたものです。
高校時代は函館本線で通学していたため、毎日の様に711系電車に乗車していました。
そして、高校時代と大学時代に札幌~旭川間を走破する711系普通電車で旭川へ鉄道旅行したのも、今となっては良い思い出です。

私の青春の1ページを飾ってくれた711系電車がついに引退してしまう・・・。
これは最後の姿を見に行くしかない!
ということで、先日岩見沢~滝川間で最後の活躍をしている711系電車に会ってきました。

やってきたのは、JR岩見沢駅。
2000年の旧駅舎が漏電火災により焼失し、数年間の仮駅舎時代を経て2009年3月30日に全面開業した新しい駅舎です。
改札とみどりの窓口は3階に位置し、1階には岩見沢市観光物産拠点センター「イワホ」が入居しています。
で、そのイワホでは、『711系引退記念作品展さよなら赤い電車TYPE711EC』という写真展が開催されていました。
岩見沢駅構内 711系パネル展示&グッズ販売
711系電車を題材にした写真パネルが展示されていた他、711系関連の鉄道グッズ(DVD、マグカップ、ミニ方向幕、マウスパット、ストラップ、ポストカードなど)も販売されていました。
しかも、グッズ購入者には、イワホ特製の711系引退記念券(硬券)が数量限定でプレゼントされるという特典付き。
グッズ1点につき1枚プレゼントされます。
私もポストカードを2枚購入しました。
711系グッズ(ポストカード)

今回乗車したのは、岩見沢12時30分発の滝川行き普通列車2175M。
発車約20分前に改札を通ったのですが、ホームには既に多くの鉄道ファンが待機していました。

運転所前には、恐らく2175Mに使用されるであろう711系電車が待機していました。
あらっ、旧国鉄色復刻塗装車ではありませんか!
JR北海道 711-110 岩見沢駅構内待機中

12時20分頃、7番線に滝川行き2175Mが入線しました。
私を含め多くの方が、入線の姿を写真に収めています。
JR北海道 711-110 岩見沢駅入線

落ち着いたところで、改めて711系の雄姿をカメラに収めます。
青春時代の思い出が蘇ってきます。
JR北海道 711-210 岩見沢駅にて その1

JR北海道 711-210 岩見沢駅にて その2

12時30分、数多くの鉄道ファンと所用客・高校生などを乗せた2175Mは、定刻に岩見沢を発車します。
711系独特のゆったりとした加速と惰性が付いたときのスピード感は未だ健在。
最新型電車と違った乗り心地が楽しめます。

車内の様子です。
blank

JR北海道 711-210 ボックスシート
茶色のモケットが施されたボックスシートも、711系電車の特徴の一つ。
車内に温かみを持たせるアクセントにもなっています。

国鉄時代から長きに渡り走り続けた痕跡も、しっかりと残っています。
JR北海道 711-210 国鉄扇風機

JR北海道 711-210 車内形式板

電車は、雪が残る空知路を滝川へ向けてひた走ります。
JR北海道 711-210 車窓<br />

峰延・光珠内・美唄・茶志内・奈井江・豊沼・砂川と停車し、岩見沢から約40分後の13時11分、電車は終点の滝川に到着しました。
到着するな否や、早速大撮影大会ですww。
大方落ち着いたところで、私も撮影に勤しみます。
JR北海道 711-110 滝川駅にて その1

JR北海道 711-210 滝川駅にて その1

JR北海道 711-110 滝川駅にて その2

JR北海道 711-210 滝川駅にて その2

JR北海道 711-110 滝川駅にて その3
「赤電車」とはまた違った趣があって、懐かしさも感じさせる旧国鉄塗装の711系電車。
引退を迎えるのかと思うと、次第に寂しさがこみ上げてきます。
やがて列車が回送される時間に。
岩見沢方面へ回送される電車の後姿を見ながら、私はホームを離れるのでありました。

滝川駅近くの焼肉屋で昼食をとった後、帰りは旭川から来た721系電車で岩見沢へ戻ります(写真はイメージです。)
JR北海道 721系電車(イメージ写真)

岩見沢に到着すると、7番線に旭川行き2195Mが停車していました。
こちらは赤電車でしたが、先程ご紹介した旧国鉄色の2175Mの時と同様、数多くの鉄道ファンが雄姿を写真に収めていました。
JR北海道 711-213 岩見沢駅にて

以上、ラストラン間近のJR北海道711系の現在の姿を簡単にご紹介しました。
まずは「48年間お疲れ様でした。」と言いたいですね。
先述の通り、私にとって711系は、青春時代と共に過ごした鉄道車両の一つでもあります。
それだけに車両の引退は、寂しさがこみ上げると同時に、「一つの時代が終わった」という印象を強く持ちます。
とはいえ、形あるものは永遠には残りません。
いつかは「別れ」が来ます。
ラストランは、2015年3月13日。
残念ながら、ラストラン当日は立ち会うことは出来ませんが、事故無く無事に運行終了を迎えることを切に望みたいものですね。

最後に一つ。
文頭にてご紹介した岩見沢市観光物産拠点センター「イワホ」では、711系ラストラン当日の2015年3月13日、イワホでお買い物された方に、711系赤電車をデザインしたオリジナルのポケット時刻表(交通新聞社発行)を配布するそうです。
ラストラン当日に711系電車を追っかける方は、「イワホ」でグッズを購入して、オリジナルポケット時刻表を手に入れましょうww。
詳しくは、イワホブログにてご確認をお願いします。


応援して頂けると嬉しいです。
↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

sponsored link

夜行バス

昼行高速バス

一般路線バス

鉄道

飛行機

交通系セミナー・勉強会・イベント

バス車両紹介スライド・車内放送スライド

雑記

ブログ

sponsored link

翻訳

夜行バス乗車記本

夜行バス紀行Vol.04 250px

夜行バス乗車記本最新刊
「夜行バス紀行Vol.04」
全7路線の乗車記を掲載。
書泉ブックタワー・書泉グランデにて委託販売中!!

高速バス予約

WILLER TRAVEL オススメ高速バス予約サイト バナー

夜行バス情報サイト

乗車記録

管理人

Koji Suda(ひろしプロジェクト)

Koji Suda(ひろしプロジェクト)

自称「高速バスアドバイザー」。高速バス乗車回数900回以上(2016年12月現在)。バス・鉄道をはじめとする乗り物を追っかけて撮ったり、ブログやサイトの運営、バス関連本やネットニュースの原稿執筆、同人誌活動などを通じて、乗り物旅の素晴らしさを伝える活動を行っています。北海道札幌市在住。バスと鉄道とカレーと粉物が大好き。 [詳細]

LINE@はじめました

友だち追加数

@gsr1234o で検索可能です。

メルマガやってます

フォトギャラリー

車内放送ライブラリ

おすすめリンク



sponsored link

カテゴリー

月別の投稿

2015年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031