近鉄バス 大分特急線「SORIN号」日野セレガHD 8160号車

近鉄バス「SORIN号」 8160

ひろしプロジェクトです。
いつもブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。

写真のバスは、近鉄バス(本社:東大阪市)が所有する夜行高速路線用車両、日野セレガHD(LKG-RU1ESBA)8160号車です。
稲田営業所所属の車両で、主に京阪神~別府・大分線「SORIN号」で活躍しています。

近鉄バス(当時:近畿日本鉄道)は、バブル期に大分バス(本社:大分市)と共同運行で夜行高速バス「エメラルド号」を運行していましたが、不採算の理由で1997年6月に運行を休止しました。
その後、阪急バス(本社:豊中市)と大分交通(本社:大分市)・亀の井バス(本社:別府市)が共同運行していた「ゆのくに号」も廃止(運行休止は1994年2月末日)され、以来約10年以上もの間、大阪~大分間に夜行高速バス路線が無い状態が続いていました。
しかし、2011年12月に近鉄バスと大分バス・大分交通・亀の井バスの4社共同で、京阪神~別府・大分間の夜行高速バス「SORIN号」が運行を開始。
以来、京阪神と大分県とを結ぶ陸上夜行交通機関として運行を続けています。

車内は3列独立シート27人乗りの夜行高速仕様になっています。
大分側の3社が他の夜行路線で活躍していた車両を転用させたのに対して、近鉄バスは通路カーテン・座席コンセント・プラズマクラスター完備の最新車両を投入してきました。
この車両、大分側でも好評だそうで、「SORIN号」に限っては近鉄バス便の方が乗車率が高いそうです。
通路カーテン・座席コンセントといった、今流行りの設備が受け入れられているのでしょうか・・・。

私自身、このタイプの車両は一度だけ「オランダ号」で乗車したことがあります。
ハイバックシートを採用しており、それなりに快適に移動することが出来ますが、中には「シートが硬い」という人もおり、この辺はそれぞれの好みにもよるでしょうね。
しかしながら、ハイグレードなことには間違いないので、興味がある方は一度利用してみてもいいかもしれませんね。


応援して頂けると嬉しいです。
↓  ↓  ↓  ↓

その他ランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村