西日本JRバス「松山エクスプレス大阪号」 日野セレガHD

ひろしプロジェクトです。
いつもこのブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。

さて、今回ご紹介するバスはこちら↓。
西日本JRバス「松山エクスプレス大阪号」 647-8977

西日本JRバス「松山エクスプレス大阪号」 647-8977 リア
西日本JRバスの京都・大阪・神戸~松山間高速バス「松山エクスプレス大阪号」に使用されている日野セレガHD(PKG-RU1ESAA)です。
JR四国バスと共同で運行しています。

かつて、大阪~松山間には南海電鉄(当時)と西日本JRバス・JR四国(当時)が「どっきん松山号」という夜行高速バスを運行していました。
その「どっきん松山号」が廃止されてから5年の月日が経って開設されたのが、この「松山エクスプレス大阪号」です。
運行開始は、2003年の8月。
当初は1日4往復(昼行便3往復、夜行便1往復)でスタートしましたが、利用者数が好調に推移したことから、増便に増便を重ねます。
現在は夜行便を含めて1日10往復と、競合する「オレンジライナーえひめ号」(阪急バス・伊予鉄道)よりも多い本数で対応しています。
「松山エクスプレス」の特徴は、なんと言っても神戸三宮を経由すること。
このため、大阪~松山間の所要時間は「オレンジライナーえひめ号」よりもかかってしまいますが、神戸~松山間においては車内設備が充実している「松山エクスプレス」の方に分があるといわれています。
実際に週末や繁忙期には満席になる便が少なくないとか。
ですので、ご利用の際は出来るだけ早めのご予約をお勧めします。

車両はハイデッカー3列独立シート29人乗りの夜行高速仕様を充てています。
中でも西日本JRバスの一部車両は、東京~京阪神間「ドリーム号」でも好評を得ている「クレイドルシート」を搭載した、日野セレガHD(PKG-RU1ESAA)を充てています。
座席コンセントも装備していることもあって、一部の利用者からは好評を得ているとか。
一方のJR四国バスの車両には、「スーパーリラックスシート」を搭載。
ヘッドレストの部分が大きくなっており、ゆったりとくつろげるシート構造になっています。

私自身、「松山エクスプレス」にはまだ一度も乗車したことが無いのですが、松山へ行く機会は今後何度もあるでしょうから、その時に一度は利用してみたいと思っています。


応援して頂けると嬉しいです。
↓  ↓  ↓  ↓

その他ランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村