土佐電気鉄道「ドラゴンライナー」 乗車記

ひろしプロジェクトです。
いつもブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。

2008年3月上旬に、会社の休みを利用して四国へ行ってきたのですが、その帰りの足として、土佐電気鉄道の夜行高速バス「ドラゴンライナー」利用しました。

JR高知駅でバスの到着を待っていると・・・・なんとこれが!!!
土佐電気鉄道「ドラゴンライナー」 173

土佐電気鉄道「ドラゴンライナー」 173 リア

そう、日野の新型セレガHD(PKG-RU1ESAA)です!!!
新型セレガにはリムジンバスなどで乗車した事はあるものの、夜行仕様車には乗車した事が無く、今回が初めての乗車となります。

静かな車内と快適設備でいつしか夢の中へ・・・

車内は3列独立シート29人乗り夜行高速仕様となっています。
土佐電気鉄道「ドラゴンライナー」 173 車内

座った感じは今までの夜行バスと大差ないのですが・・・・・
「エンジン音が殆どしない!!!!」
このバス、静かなんですよ。
走行時もエンジン音は殆どせず、むしろタイヤノイズの方が目立つ程でした。
これならば夜も快適に休めるのでは・・・・と期待します。

はりまや橋を出発後、乗務員から自己紹介と車内設備等に関する案内があり、前方のカーテンが閉められます。
この後、三好にて乗車扱いがある為、消灯は三好出発後となりますが、自分は移動の疲れからか眠くなり、シートを倒して寝ることに。いつしか夢の中へとすい込まれていきます。

翌朝、気がつくとバスは名神高速道路の養老サービスエリアに到着。ここで15分間の休憩です。
外はまだ真っ暗。バスをパチリする状況でもない為、洗顔と買い物を済ませてバスに戻ります。

養老SA出発後は名神高速道路~国道22号線を経由して、約1時間程で名鉄バスセンターに到着。
ほぼ定刻の6時25分に到着しました。

以前、この路線はJRバスの「オリーブ高知号」とダブルトラックで、過剰供給にならないか心配されましたが、「オリーブ高知号」廃止後は唯一の名古屋~高知間を直行する高速バスとして頑張っている様で、週末には満席になる日も少なくないとか。実際に私が乗車した便もほぼ満席でした。
今後も名古屋~高知間を直行する交通機関として更に頑張って貰いたいものです。


応援して頂けると嬉しいです。
↓  ↓  ↓  ↓

その他ランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村