中国バス「オーシャンライナー」日野リエッセ

ひろしプロジェクトです。
いつもこのブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。

今日は、今まで取り上げようと思っていてなかなか取り上げられなかった高速バスをご紹介しようかと。
それがこちら↓。
中国バス「オーシャンライナー」 日野リエッセ

中国バス「オーシャンライナー」 日野リエッセ リア
中国バスの府中・福山~高知間高速バス「オーシャンライナー」です。
「えっ、これが高速バスなの???」と思われる方も多いかと思いますが、れっきとした高速バスなのですよ。

ここで「オーシャンライナー」について簡単にご紹介すると、「オーシャンライナー」は広島県府中市・福山市と高知県高知市を結ぶ高速バス路線です。
中国バスが単独で運行、高知側の乗車券予約発券業務は土佐電気鉄道、高知県交通が行います。
クローズドドアシステムを採用しているために、高知行きは福山側は乗車のみ、高知側は下車のみとなります。
逆に福山行きでは高知側は乗車のみ、福山側は下車のみとなります。
但し、府中営業所~福山駅前間については、地元のローカル路線バスを兼ねていることもあって、相互の乗降が可能です。
運賃は福山~高知間片道4,000円。
リエッセに4,000円も??という気がしないでもないのですが、本州~四国間高速バスの賃率を考えると、妥当な運賃設定だと思います。

車両は写真の通り、マイクロバスの日野リエッセ(KK-RX4JFEA)が使用されています。
中国バスではこの路線以外にも、福山~米子・松江線「フライングフィッシュ」で日野リエッセが使用されていますが、マイクロバスを高速バスとして使用する例は、全国どこを探しても中国バスだけなのではないでしょうか?
ですが、利用状況に合わせた車種選択という点で考えると、日野リエッセの投入はある意味正しい判断なのかもしれませんね。
因みに、予約の段階でマイクロバスの定員を超えそうな時や車両点検及び車検時は、通常の大型高速バス車両が充てられるということなのでご注意を。

私自身、中国バスの「オーシャンライナー」や「フライングフィッシュ」にはまだ乗車したことがありません。
一度は乗車してみたいとは思っているのですが、なかなか都合がつかなくて・・・・・。

【追記】(2018年10月13日)
中国バス「オーシャンライナー」は、2015(平成27年)年12月13日をもちまして運行終了となりました。


応援して頂けると嬉しいです。
↓  ↓  ↓  ↓

その他ランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村