夜行バス&鉄道ウォッチャー「ひろしプロジェクトWEB」

夜行バス&鉄道愛好歴30年以上のひろしプロジェクトが、これまで乗車してきた乗り物の乗車記や最新情報を紹介する総合サイトです。

国際興業「しもきた号」乗車記(八戸→東京 2014年12月乗車分)

calendar

reload

こんにちは。ひろしプロジェクトです。
いつもこのブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。

2014年8月28日に運行を開始した、国際興業の東京新宿・さいたま大宮~八戸・三沢・むつ間夜行高速バス「しもきた号」。
以前、このブログでも「しもきた号」の乗車記をご紹介しました。
開業から4ヶ月を経過しましたが、様々なところから話を伺った限りでは、かなり苦戦しているようでして、実際は東京~八戸・七戸線「シリウス号」の補完的役割に甘んじているのが実態の様です。
下北地区(むつ・大間・東通)は、アクセスこそしにくい場所ではあるものの、観光地としては魅力がある場所です。
しかしながら、この地区の実状は「原発のまち」であり、東日本大震災と原発事故が起こってしまった今日では、中々厳しいものがあるのではないでしょうか。
タラレバの話になってしまいますが、「しもきた号」の運行開始が、あと5、6年早ければ、状況はもっと違っていたのかもしれません。

そんな中、2014年の年末に、八戸から東京までの区間ではありますが、「しもきた号」に乗車する機会がありましたので、今回はその時の模様を簡単にご紹介します。

やって来たのは、JR八戸駅東口の5番のりば。
「しもきた号」はこちらから発車します。

国際興業「しもきた号」 八戸駅東口 時刻表示

八戸駅東口の発車時刻は21時55分。
後続の「シリウス号」の発車時刻が22時05分ですので、乗り違いに注意したいですね。

21時55分、出発時刻ちょうどにバスがやってきます。
今回乗車したバスはこちら。(写真の一部はイメージです。)
国際興業「しもきた号」 ・843

国際興業「しもきた号」 ・843 リア

国際興業「しもきた号」 ・843 八戸駅東口にて
前回乗車した車両と全く同じ843号車(いすゞガーラSHD QRG-RU1ESBJ)でした。

車内はこの様になっておりまして、
国際興業「しもきた号」 ・843 車内

国際興業「しもきた号」 ・843 シート
3列独立シート28人乗りの夜行高速仕様に、通路カーテン、座席コンセントが装備されています。
通路カーテンはプライバシー確保に重宝しますし、座席コンセントは携帯電話やスマートフォンの充電に便利です。
国際興業高速バスのここ数年間の車内サービス改善には目を見張るものがあります。

バスは私を含めた5名を乗せ、定刻よりも若干遅れて八戸駅東口を発車。
満席とまでは行きませんが、総勢20名強の乗客を乗せたバスは、八戸自動車道八戸インターへと向かいます。
発車後、自動音声による案内が行われ、その後の乗務員による補足説明後に車内は消灯されます。
「しもきた号」は「シリウス号」と同様、途中サービスエリアでの開放休憩がありませんので、飲食物は乗車前に購入しておくことをオススメします。
消灯になったところで、通路カーテンをセットし、シートを倒します。
1時間程起きていましたが、暫くして夢の中へ。
途中、サービスエリアでの乗務員交代時に何度か目を覚ましましたが、比較的ぐっすりと眠ることが出来、翌朝目を覚ますと、バスは東北自動車道の岩槻インターを降りるところでした。

6時21分、定刻よりも若干早くバスは大宮駅東口に到着しました。
ここでは8名が下車。
大宮駅東口からは、首都高速道路大宮線などを経由し、約40分程でバスは終点の新宿高速バスターミナル(28番のりば)に到着しました。
国際興業「しもきた号」 ・843 新宿高速バスターミナル到着
約9時間のバス旅、寝てしまえばあっという間ですが、車体にこびり付いた融雪剤の跡が、東北路の気象条件の厳しさを物語っていました。

というわけで、国際興業「しもきた号」(八戸→東京間)の乗車記をお届けしましたが、今回八戸から乗車してみて、上り便であれば「シリウス号」の代替路線として使えるかなぁという印象を持ちました。
八戸発22時前に出発し、東京新宿に翌朝7時台に到着出来るという時刻設定が、夜行高速バスとして適しているのかなぁと思いました。
逆に、下り便になりますと、東京発が早く、八戸到着も早いという点で使いにくいかもしれません。
「しもきた号」から八戸港へ移動し、ここから更に苫小牧行きのフェリーを利用して北海道へ・・・という使い方も出来るかもしれませんが、夏であればともかく、冬ですと待合施設が無いために、寒い中途方に暮れる・・・ということにもなりかねません。

それ以前に今回の利用で気になったのが、「しもきた号」の乗車率です。
今回利用した便の実際の乗車人員が20名強でしたが、普段の乗車率がどれ位で推移しているのか・・・。
年末年始の繁忙期であるにもかかわらず、満席にならないということは、普段の乗車率が心配されると同時に、沿線住民に「しもきた号」の存在自体が浸透しているのか、心配になりますね。
早々に運行終了・・・ということにならなければ良いのですが。
そんなことを思った、今回の「しもきた号」の乗車でございました。


【乗車データ】 
  • 乗車日:2014/12/27
  • 乗車区間:
    八戸駅東口→新宿高速バスターミナル
  • 運行会社:国際興業
  • 車両:いすゞ/ガーラSHD(QRG-RU1ESBJ)
  • 年式:2014年式
  • 所属:志村営業所
  • 社番:843

応援して頂けると嬉しいです。
↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

この記事をシェアする

管理人

Koji Suda(ひろしプロジェクト)

Koji Suda(ひろしプロジェクト)

自称「高速バスアドバイザー」。高速バス乗車回数900回以上(2016年12月現在)。バス・鉄道をはじめとする乗り物を追っかけて撮ったり、ブログやサイトの運営、バス関連本やネットニュースの原稿執筆、同人誌活動などを通じて、乗り物旅の素晴らしさを伝える活動を行っています。北海道札幌市在住。バスと鉄道とカレーと粉物が大好き。 [詳細]

folder 夜行バス

大分バス「トロピカル号」42174号車 乗車記
西鉄高速バス「桜島号」3913号車 乗車記 まもなく引退か? (2017年7月乗車分)
防長交通「萩エクスプレス」655号車 乗車記
鹿児島交通加世田バスターミナルを見てみる
西鉄高速バス「桜島号」夜行便4012号車 乗車記(2017年4月乗車分)
more...

folder 鉄道

第12回 日本モビリティ・マネジメント会議(jcomm) 参加レポート
JR九州「かわせみ やませみ4号」を見てみる(簡単な乗車記)
JR九州 BEC819系蓄電池式電車「DENCHA」を見てみる
出雲地区の一畑バスと一畑電車と出雲大社
熊本電気鉄道「01形電車」を見てみる
more...

folder 飛行機

ANAと名鉄バス「名古屋~新潟線」と伊予鉄「オレンジライナー」とJAC
福岡で見かけたバス達(西鉄バスなど)とJAC3595便
ANA系LCC「peach」新千歳関西線に乗ってみました。
more...

folder 交通系セミナー・勉強会・イベント

第12回 日本モビリティ・マネジメント会議(jcomm) 参加レポート
「第10回バスシンポジウムin釧路」に参加してきました。
北海道バスフェスティバル2016へ行ってきました
大分交通の夜行高速用106号車貸切乗車会に参加してきました。
大分交通が西工夜行車を使ったツアーの参加者を募集中です(中止となりました)
more...

folder バス車両紹介スライド・車内放送スライド

バス車両案内スライド その3 西武観光バス「ライオンズエクスプレス」
バス車両紹介スライド その2 西鉄高速バス「さぬきエクスプレス福岡号」
バス車両紹介スライド その1 名鉄バス「名古屋~松山線」
more...

folder 雑記

謹賀新年 2017
2016年もありがとうございました。
イカロス出版『秘境路線バスをゆく』にて執筆や撮影
謹賀新年 2016
2015年もありがとうございました。
more...

folder ブログ

2016年もありがとうございました。
夜行バス乗車記本「夜行バス紀行Vol.03」冬コミ(C89)で頒布します!
夜行バス乗車記本「夜行バス紀行Vol.03」頒布&先行予約のお知らせ
「夜行バス紀行 Vol.01」(小冊子)頒布のお知らせ
more...