夜行バス&鉄道ウォッチャー「ひろしプロジェクトWEB」

夜行バス&鉄道愛好歴30年以上のひろしプロジェクトが、これまで乗車してきた乗り物の乗車記や最新情報を紹介する総合サイトです。

ウィラーエクスプレスWX123便「ニュープレミアム」乗車記

time 2012/10/25

ウィラーエクスプレスWX123便「ニュープレミアム」乗車記応援して頂けると嬉しいです。
↓  ↓  ↓  ↓

バス ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村

こんにちは。
「高速バス・マネジメント・フォーラム2012」から今日帰ってきたひろしプロジェクトです。
いつもこのブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。

フォーラムに関しては、色々と書きたいことがあるので、日を改めて書きたいと思いますが、昨日という日は私にとって忘れられない、非常に有意義な一日でした。
大手事業者の担当者多数の方とお話する機会もあり、しかも私如きバスヲタを2次会にまで誘っていただき、非常に参考になるお話を聞くことが出来ました。
主催者の高速バスマーケティング研究所(株)及び代表者の成定様、並びに各事業者の方々、関係者の方々に対しまして、この場を借りて御礼申し上げます。
「新高速バス制度」施行で、高速バス業界を取り巻く環境は、より厳しさを増していますが、更なる業界発展のためにも、高速バス事業者(特に高速乗合事業者)の更なる努力と発展を切に望みたいものであります。

で、その「高速バス・マネージメント・フォーラム2012」の2次会が終わった後、「高速バス関連のイベントに参加したからには、高速バスを使わない手は無いだろう!」ということで、今回は予てから気になっていたこちらのバス↓

ウィラーエクスプレス西日本「ニュープレミアム」 ・367
ウィラーエクスプレスのハイグレード高速ツアーバス「ニュープレミアム」に乗車してみました。

元々ウィラーには「プレミアム」というグレードのバスがあったのですが、この「ニュープレミアム」はその進化版になります。
では、その車内を簡単にご紹介。
座席レイアウトは2+1の3列シート、縦8列の24人乗りとなっています。(※写真はイメージです。)
ウィラーエクスプレス西日本「ニュープレミアム」 車内

で、一番の売りの座席がこちら↓。
ウィラーエクスプレス西日本「ニュープレミアム」 ・367 1人掛けシート 通常時
写真は独立シートになりますが、横幅61cm、シートピッチ116cm、リクライニング角度146°(クレイドル角度10°含む)というシートスペックです。
なんでもこのシート、部位によってクッションの硬さを変えているそうで、背中があたる部分には柔らかいクッションを、腰の部分には固めのクッションを、そして座面には厚い柔らかいクッションを配置しているとか。
かなり拘っています。

実際に倒してみると・・・・・
ウィラーエクスプレス西日本「ニュープレミアム」 ・367 1人掛けシート フルリク時
この様に深く倒れます。

ウィラーエクスプレス西日本「ニュープレミアム」 ・367 2人掛けシート
こちらは2人掛けのシート。
シートスペックは独立シートと同じですが、窓側の乗客は隣に人がいる場合は出入りに難儀しますww。
その他、窓側座席には通路カーテンが、各座席には電源コンセントが備わっている他、SoftbankのWiFiスポットも搭載されているので、車内でiPhone、iPadなどを使って無線インターネットが楽しめます。

ざっと車内についてご紹介しましたが、かつての「プレミアム」から大幅に進化した「ニュープレミアム」。
「実際のところどうなのよ?」っということで、向かったのがこちら↓。
ウィラーバスターミナル新宿西口 ディパーチャーエリア
住友新宿ビルにある「ウィラーバスターミナル新宿西口」です。
写真は改札が行なわれるディパーチャーエリアになりますが、既に公式サイトにもリリースされている通り、11月1日からこのバスターミナルの運用が変わるそうで、ディパーチャーエリアとチェックインエリアが待合室になります。
「ウィラーバスターミナル新宿西口」の詳細はこちらで確認をお願いします。


で、今回乗車したのはWX123便の4号車。
ウィラーバスターミナル新宿西口 ディパーチャーエリア LCD表示
京都を経由して、大阪駅、梅田スカイビル(ウィラーバスターミナル大阪梅田)、なんばに停車する便です。

23時50分、定刻にバスは出発。
首都高速から東名高速~新東名~伊勢湾岸道~東名阪道~新名神~名神高速と経由していきます。

途中の休憩は3箇所。
2箇所目の休憩場所は忘れましたが、1箇所目は東名高速の港北パーキングエリアで、3箇所目は東名阪道の御在所サービスエリアで開放休憩を行っていました。
ウィラーエクスプレス西日本「ニュープレミアム」 ・367 御在所SAにて

ウィラーエクスプレス西日本「ニュープレミアム」 ・367 リア 御在所SAにて
バスは特に渋滞に巻き込まれることもなく、下車地の梅田スカイビル(ウィラーバスターミナル大阪梅田)には定刻よりも30分程早く到着しました。

で、今回実際に「ニュープレミアム」に乗車してみての感想ですが、まあ良く出来たシートですね。
約8時間程乗車していたのですが、座面のクッションの柔らかさが抜群で、しかも腰のサポート具合も良く、長時間座っていても疲労感をあまり感じないんですよ。
現行の夜行バスのシートとしては、ほぼ完成形に近いのではないかと思いました。
個人差もあるでしょうが、座り心地という面では、3年前に登場した「ビジネスクラス」のシートよりも上をいっているのではないでしょうか。
唯一不満点を挙げるとすれば、フットレストがないこと。
チルト機構に使用する電動モータをシート下に配置している関係で、フットレストが設置できないものと推測されますが、であれば、オットマンタイプの足置きを設置するだけでも、寝るときの姿勢がかなり改善出来るのでは?と思います。
逆に足置きさえあれば、もう「神シート」といっても良い位、ウィラーの「ニュープレミアム」のシートは更に完成度が高まるでしょう。
で、ここからが今回乗車してみて分かったことなのですが、実はこの車両、一部の座席のみですが、足置き(のようなもの)が設置されています。
それが6A席と6C席なのですが、良く見てみると、ヒーターダクトの出っ張りを足置きにしているようで、出っ張り部分は絨毯敷きになっています。
ある意味、この2席は当たり席かもしれませんね。
2人掛けシートは現在のところ残念ながら座席指定が出来ないので、6A席は当たるかどうか運次第なのですが、6C席は独立席で予約時に座席指定が可能(ウィラーの予約サイトで予約した場合のみ)なので、もし「ニュープレミアム」に乗車されるのであれば、6C席を狙ってみるのもいいかもしれませんね。
【追記】
その後、2013年初頭になって、「ニュープレミアム」の各座席に足置き台が追加設置され、快適性が更に向上しました。

長くなってしまいましたが、ウィラーが満を持して登場させた「ニュープレミアム」。
想像以上の快適性を誇る夜行ツアーバス車両だと、今回乗車してみて感じました。
もし乗車する機会がありましたら、あなた自身でその快適さを実感してみてはいかがでしょうか?

ポイントアフィリエイト

sponsored link

down

コメントする

夜行バス

昼行高速バス

一般路線バス

飛行機

交通系セミナー・勉強会・イベント

バス車両紹介スライド・車内放送スライド

雑記

sponsored link

翻訳

夜行バス乗車記本

夜行バス紀行Vol.04 250px

お待たせしました!
新刊「夜行バス紀行Vol.04」、2016年冬に刊行予定!
銀行振込、クレジットカード、コンビニ決済にてご購入いただけます。

高速バス予約

WILLER TRAVEL オススメ高速バス予約サイト バナー

夜行バス情報サイト

乗車記録

管理人

Koji Suda(ひろしプロジェクト)

Koji Suda(ひろしプロジェクト)

自称「高速バスアドバイザー」。高速バス乗車回数850回以上(2016年5月現在)。バス・鉄道をはじめとする乗り物を追っかけて撮ったり、ブログやサイトの運営、バス関連本やネットニュースの原稿執筆、同人誌活動などを通じて、乗り物旅の素晴らしさを伝える活動を行っています。北海道札幌市在住。バスと鉄道とカレーと粉物が大好き。 [詳細]

LINE@はじめました

友だち追加数

@gsr1234o で検索可能です。

メルマガやってます

フォトギャラリー

車内放送ライブラリ

おすすめリンク



sponsored link

カテゴリー

月別の投稿

2012年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031