夜行バス・高速バス・鉄道乗車記サイト「ひろしプロジェクトWEB」

とさでん交通 3000形電車「ハートラムⅡ」を見てみる

calendar

ひろしプロジェクトです。
いつもこのブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。

路面電車ネタです。
今回ご紹介する車両はこちら↓。

とさでん交通 3000形「ハートラムⅡ」 鏡川橋にて

先日高知を訪れた際に実見したとさでん交通の低床型路面電車3000形「ハートラムⅡ」です。
同社の路面電車「伊野線(はりまや橋~伊野)」「後免線(はりまや橋~後免町)」「桟橋線(高知駅~桟橋通五丁目)」各線で活躍していますが、100形「ハートラム」の後継車両として登場した3000形「ハートラムⅡ」とは、一体どんな車両なのでしょうか。

スポンサーリンク

とさでん交通としては約16年ぶりの低床型路面電車

先述の通り、とさでん交通の低床型路面電車3000形「ハートラムⅡ」は、100形「ハートラム」の後継車両として2018年3月にデビューしました。
同社としては、2002年にデビューした100形「ハートラム」以来、約16年ぶりの低床型路面電車の導入になります。
(因みに、先代の100形「ハートラム」はこちら↓になります。※写真は後免町にて撮影。)
とさでん交通 100形「ハートラム」 後免町にて

製造は、先代の「ハートラム」と同じくアルナ車両が担当。
但し、先代「ハートラム」の「リトルダンサーシリーズ タイプL」とは異なり、3000形では「リトルダンサーシリーズ タイプUa」が採用されています。
3車体連接電動客車構造となっており、長さは16,500mm、幅は2,300mm、高さは3,995mm、定員は71名(座席28名、立席43名)となっています。

外観は、グリーンとオレンジを配色したとさでん交通カラーを配色。
シンプルながらも、丸目の前照灯と後尾灯が何処となく「優しさ」を感じます。
とさでん交通 3000形「ハートラム」 文殊通にて

車内は、台車上部がセミクロスシート、それ以外の部分がロングシートとなっています。
昨今の連接電動客車で見られる構造ですが、メリハリのある配色が特徴といったところでしょうか。
とさでん交通 3000形「ハートラム」 車内_02

今回は、文殊通から鏡川橋まで乗車しましたが、昨今の低床型路面電車らしい安定した乗り心地と加速性能で、快適に移動することが出来ました。
とさでん交通 3000形「ハートラムⅡ」 鏡川橋にて

別の日には、写真の様な行先表示も見ることが出来ました。
とさでん交通 3000形「ハートラムⅡ」 文殊通発いの行き
文殊通発いの行きに充てられた3000形「ハートラムⅡ」です。
聞くところによると、いのに乗り入れる「ハートラムⅡ」は、1日1本のみとか。
同様に、ごめんに乗り入れる便も1日1本あるそうです。
興味がある方は、時間を調べて乗車にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

基本構造はあの都市で活躍する低床型路面電車と同じ!?

ところで、3000形「ハートラムⅡ」を見て、

「どこかで走っている路面電車に構造が似てないか?」

と思われた方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、3000形「ハートラムⅡ」の基本構造は、こちらの低床型路面電車↓と同じなのです。
札幌市交通局 A1200形「ポラリス」 すすきのにて
はい、我が地元の札幌市交通局A1200形「ポラリス」と基本構造が同じです。
札幌市交通局A1200形「ポラリス」も、「リトルダンサーシリーズ タイプUa」を採用しており、写真を見比べて頂くと分かる通り、足回りの構造がほぼ同じなのです。

「リトルダンサーシリーズ タイプUa」は、他の事業者でも採用されており、標準軌、狭軌の違いはありますが、「リトルダンサーシリーズ」の中では一番多く導入されているタイプだそうです。
現在は、とさでん交通、札幌市交通局の他にも、豊橋鉄道(T1000形「ほっとらむ」)、富山地方鉄道(T100形「サントラム」)、長崎電気軌道(5000形)、阪堺電気軌道(1001形「堺トラム」)、筑豊電気鉄道(5000形)で採用されています。

全国の路面電車事業者と比べても平均車齢が高いとさでん交通の路面電車において、スタイリッシュで優しい雰囲気の「ハートラムⅡ」は、高知の街でも一際目立つ存在でした。
今後増備されるかどうかは不明ですが、高知の街のシンボルとして、末永く走り続けることを切に望みたいですね。

とさでん交通 3000形「ハートラムⅡ」 桟橋通5丁目発高知駅行
日中は「伊野線」「後免線」に、夕方は「桟橋線」に充てられる。




応援して頂けると嬉しいです。
↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

この記事をシェアする

管理人

Koji Suda(ひろしプロジェクト)

Koji Suda(ひろしプロジェクト)

自称「高速バスアドバイザー」。高速バス乗車回数900回以上(2016年12月現在)。バス・鉄道をはじめとする乗り物を追っかけて撮ったり、ブログやサイトの運営、バス関連本やネットニュースの原稿執筆、同人誌活動などを通じて、乗り物旅の素晴らしさを伝える活動を行っています。北海道札幌市在住。バスと鉄道とカレーと粉物が大好き。 [詳細]

folder バス車両紹介スライド・車内放送スライド

バス車両案内スライド その3 西武観光バス「ライオンズエクスプレス」
バス車両紹介スライド その2 西鉄高速バス「さぬきエクスプレス福岡号」
バス車両紹介スライド その1 名鉄バス「名古屋~松山線」
more...

folder 雑記

北海道胆振東部地震から1週間 ~各交通機関の動きをふり返る~
現状報告 ~北海道胆振東部地震~
今度の新刊は「西工夜行高速車」! 約1年ぶりの同人誌新刊「The SD」のご案内
謹賀新年 2018
2017年もありがとうございました。
more...

folder ブログ

北海道胆振東部地震から1週間 ~各交通機関の動きをふり返る~
現状報告 ~北海道胆振東部地震~
今度の新刊は「西工夜行高速車」! 約1年ぶりの同人誌新刊「The SD」のご案内
謹賀新年 2018
2017年もありがとうございました。
more...