夜行バス&鉄道ウォッチャー「ひろしプロジェクトWEB」

夜行バス&鉄道愛好歴30年以上のひろしプロジェクトが、これまで乗車してきた乗り物の乗車記や最新情報を紹介する総合サイトです。

JR九州「かわせみ やませみ4号」を見てみる(簡単な乗車記)

calendar

ひろしプロジェクトです。
いつもこのブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。

JR九州の管内ローカル線を主体に各地で運行されている観光特化型列車「D&S列車」

JR九州「SL人吉」

JR九州「いさぶろう・しんぺい」

JR九州「A列車で行こう」

JR九州「海幸山幸」

車内で軽食やスイーツのコース料理が振舞われる「或る列車」を含めて、2015年8月時点で10種類の「D&S列車」を運行してきましたが、その「D&S列車」にまた一つ仲間が増えました。
その列車とは・・・2017年3月に運行を開始した熊本~八代~人吉間特急列車「かわせみ やませみ」であります。
JR九州「かわせみ やませみ」 その1

JR九州「かわせみ やませみ」 その2
球磨川及び肥薩線沿線を自由に旅したであろう野鳥の「翡翠(かわせみ)」と「山翡翠(やませみ)」から名付けられたこの列車、果たしてどの様な車両なのでしょうか・・・。
ということで、気になった私は、運行を開始して2週間ほど経過した2017年3月の連休に現地へ向かいました。

スポンサーリンク

実体は「九州横断特急」の代替?

ここで、JR九州の熊本~八代~人吉間特急列車「かわせみ やませみ」について、簡単におさらいしておきましょう。
特急「かわせみ やませみ」は、JR九州が2017年3月4日に運行を開始した11番目のD&S列車(デザイン&ストーリー列車)です。
2017年3月4日のJRダイヤ改正で、熊本~八代~人吉間の特急列車は、「いさぶろう・しんぺい」を含めて4往復体制となりましたが、そのうち3往復が「かわせみ やませみ」で運行されます。

以前は185系気動車による特急「くまがわ」「九州横断特急」が同区間で運行されていましたが、2016年3月のダイヤ改正で特急「くまがわ」は運転取りやめに、特急「九州横断特急」は熊本~阿蘇~大分間に運行区間が短縮されました。(熊本地震の影響で、現在は熊本~阿蘇間が運休中。)
JR九州「九州横断特急」
運転取りやめ分の特急列車については、快速列車への代替及び「いさぶろう・しんぺい」1往復の熊本への延伸で対応していましたが、今回の特急「かわせみ やませみ」の運行開始は、事実上の肥薩線熊本~八代~人吉間特急列車の復活=「九州横断特急」熊本~八代~人吉間の代替といえるでしょう。
運行ダイヤは、前身である肥薩線快速のダイヤをおおむね踏襲していますが、折り返しの準備、清掃作業や途中駅での停車時間(観光停車)のために、一部列車で運行時刻が最大で約30分変更となっています。

車両は、キハ47形の2両編成となっており、車両デザインはお馴染み水戸岡鋭治氏が担当しています。
1両ごとカラーリングが異なっているのが特徴です。
人吉側車両の1号車(キハ47 8087)には、「かわせみ」の愛称が付けられています。
JR九州「かわせみ やませみ」 1号車

JR九州「かわせみ やませみ」 1号車 その2
車体色や座席モケットの色は青を基調としており、車内にはリクライニングシート(24席)、カウンター席(10席)+子ども椅子(3席)、ボックス席(4席)、ソファ席(2席)が設置。
連結面寄りの部分には、従来のトイレを改造した多目的トイレのほか、カウンターテーブルも設置しています。

一方の熊本側2号車(キハ47 9051)には、「やませみ」の愛称が付けられています。
JR九州「かわせみ やませみ」 2号車

JR九州「かわせみ やませみ」 2号車 その2
車体色や座席モケットの色は緑を基調としており、車内にはソファ席(4席)、リクライニングシート(16席)、カウンター席(4席)、「やませみベンチシート」(2席)、ボックス席(8席)、ショーケース、ビュッフェ(サービスコーナー)が設けられています。「やませみベンチシート」は幅の広いソファ形の座席で、2号車が指定席の列車の場合、「やませみベンチシート」を利用する際は通常の指定席特急料金に210円を加えた料金が必要となります。

車内の随所には、人吉・球磨産の杉(床材等)やヒノキ(内装材の一部)、八代産のイグサを使用。
地元特産のものをふんだんに取り入れるあたり、「D&S列車」らしさを感じます。

尚、客室乗務員によるサービス(車内販売など)については、平日と休日で乗務列車が異なっており、平日は3号~6号、土休日は2号~6号で実施されます。
いずれの日も1号には客室乗務員が乗務しないため、客室乗務員によるサービスは行われませんので、注意が必要です。

生憎の空模様の中を球磨川沿いをぬって熊本へ

今回私が乗車したのは、人吉発の特急特急「かわせみ やませみ4号」。
何故にこの列車を選んだかといいますと、途中の一勝地駅と坂本駅で観光停車(5分程度)が設けられており、下車撮影ができるからであります。

当日は朝福岡に居たため、福岡から西鉄高速バス「桜島号」ノンストップ便で鹿児島空港南で下車後、タクシーで鹿児島空港へ移動→鹿児島交通「妙見路線バス」で嘉例川駅へ移動→肥薩線普通列車で吉松へ→「しんぺい2号」という変則ルートで人吉へ移動しました。(写真はイメージです。)
西鉄高速バス「桜島号」ノンストップ便 9135

鹿児島交通「妙見路線バス」 1380

JR肥薩線 嘉例川駅

JR九州 キハ40 肥薩線 嘉例川駅にて

JR九州「いさぶろう・しんぺい」 真幸駅にて

人吉駅に到着すると、既に「かわせみ やませみ」は入線しておりました。
「しんぺい2号」と並ぶ姿も。
JR九州「かわせみ やませみ4号」 人吉駅にて 「しんぺい2号」との並び その1

JR九州「かわせみ やませみ4号」 人吉駅にて 「しんぺい2号」との並び その2
週末ということもありますが、記念撮影をされる方が目立ちます。

今回アサインされたのは、1号車「かわせみ」車両の2-D席。
キャンセル待ちで取った指定券なので、贅沢はいえません。
車内はこの様になっております。
JR九州「かわせみ やませみ4号」 1号車「かわせみ」車内 その1

JR九州「かわせみ やませみ4号」 1号車「かわせみ」車内 その2

JR九州「かわせみ やませみ4号」 1号車「かわせみ」車内 その3
「D&S列車」の車内を見る度に「既存車両をここまで改造してしまうのか・・・」と思ってしまうのですが、それでもわくわく感と「和」を感じさせる車内造りはさすがといわざるを得ません。

特急「かわせみ やませみ4号」は、人吉駅を13時20分に発車します。
人吉から八代にかけては、最上川・富士川と並ぶ日本三大急流の一つでもある「球磨川」を眺めながら進んでいきます。
8分で渡に到着し、その14分後に一勝地駅に到着します。
こちらでは7分の停車時間が設けられており、多くの方が列車を降りて記念撮影をしていました。
JR九州「かわせみ やませみ4号」 一勝地駅にて その1

JR九州「かわせみ やませみ4号」 一勝地駅にて その2

JR九州「かわせみ やませみ4号」 一勝地駅にて その3
とはいえ、外はかなりの量の雨。
撮影するにも一苦労です。

一勝地を発車した「かわせみ やませみ4号」は、引き続き球磨川に沿ってひた走ります。
JR九州「かわせみ やませみ4号」 車窓 その1
晴れていればいうことのない車窓なのですが、雨の球磨川もこれはこれで悪くないのかもしれません。

一勝地を発車して約30分後の14時13分、列車は坂本に到着します。
こちらでは5分の停車時間が設けられています。
駅撮りをするのであれば、こちら坂本駅の方が構図的には良いのかもしれません。
JR九州「かわせみ やませみ4号」 坂本駅にて その1

JR九州「かわせみ やませみ4号」 坂本駅にて その2

坂本を発車後は、八代市街の手前まで球磨川沿いを引き続き走行します。
JR九州「かわせみ やませみ4号」 車窓 その2

14時30分、「かわせみ やませみ4号」八代に到着します。
こちらで肥薩線とはお別れ。
ここからは鹿児島本線を熊本まで進みます。
九州新幹線との接続駅である新八代に停車し、八代から約30分後の15時01分に列車は終点の熊本に到着しました。
JR九州「かわせみ やませみ4号」 熊本駅到着
在来線高架化工事真っ只中の熊本駅構内は、一時期と比較すると落ち着いたようにも見受けられましたが、それでも新駅ビル建設工事までを含めると、工事は2021年まで続くとか。
もう暫くは慌ただしい状況が続きそうです。

というわけで、JR九州「かわせみ やませみ4号」の簡単な乗車記をお届けしました。
熊本~人吉間特急列車の乗車は久しぶりでしたが、今回雨であったとはいえ、八代~人吉間の車窓はいつ乗っても良いですね。
一方で、熊本~人吉間の特急列車を「D&S列車」に変えた点については、色々と勘ぐってしまうのも事実でありまして・・・。
中古車両であるとはいえ、「かわせみ やませみ4号」の種車両であるキハ47系よりも新しいキハ185系「九州横断特急」をあえて短縮して「D&S列車」を投入するあたり、JR九州側の管内ローカル線に対するメッセージを感じてしまうのは私だけでしょうか。(良い意味でも悪い意味でも。)
既存車両を大胆に改造して魅力ある車両に変えてしまう『企画力』と『実行力』には目を見張るものがありますが、一方で「D&S」の流れから取り残されたJR九州管内の他のローカル線は今後どうなってしまうのか・・・株式上場したJR九州にとって、管内ローカル線については今後厳しい判断が下されるのではないか(というより避けられないのではないか)・・・「かわせみ やませみ4号」の車内でふと考えてしまいました。

JR九州の成功事例として各方面で紹介されることの多い「D&S列車」。
今回登場した第11弾「かわせみ やませみ」が、沿線や観光客にどう評価され親しまれていくのか、私としても注目したいですね。
機会があれば、今度は是非天候の良い日に乗車してみたいものです。
JR九州「かわせみ やませみ4号」 坂本駅にて その3


応援して頂けると嬉しいです。
↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

この記事をシェアする

管理人

Koji Suda(ひろしプロジェクト)

Koji Suda(ひろしプロジェクト)

自称「高速バスアドバイザー」。高速バス乗車回数900回以上(2016年12月現在)。バス・鉄道をはじめとする乗り物を追っかけて撮ったり、ブログやサイトの運営、バス関連本やネットニュースの原稿執筆、同人誌活動などを通じて、乗り物旅の素晴らしさを伝える活動を行っています。北海道札幌市在住。バスと鉄道とカレーと粉物が大好き。 [詳細]

folder 夜行バス

西日本JRバス「プレミアム中央ドリーム342号」クレイドルシート 乗車記
夜行高速バス「はりまや号」廃止へ・・・
大分バス「トロピカル号」42174号車 乗車記
西鉄高速バス「桜島号」3913号車 乗車記 まもなく引退か? (2017年7月乗車分)
防長交通「萩エクスプレス」655号車 乗車記
more...

folder 鉄道

第12回 日本モビリティ・マネジメント会議(jcomm) 参加レポート
JR九州「かわせみ やませみ4号」を見てみる(簡単な乗車記)
JR九州 BEC819系蓄電池式電車「DENCHA」を見てみる
出雲地区の一畑バスと一畑電車と出雲大社
熊本電気鉄道「01形電車」を見てみる
more...

folder 飛行機

ANAと名鉄バス「名古屋~新潟線」と伊予鉄「オレンジライナー」とJAC
福岡で見かけたバス達(西鉄バスなど)とJAC3595便
ANA系LCC「peach」新千歳関西線に乗ってみました。
more...

folder 交通系セミナー・勉強会・イベント

第12回 日本モビリティ・マネジメント会議(jcomm) 参加レポート
「第10回バスシンポジウムin釧路」に参加してきました。
北海道バスフェスティバル2016へ行ってきました
大分交通の夜行高速用106号車貸切乗車会に参加してきました。
大分交通が西工夜行車を使ったツアーの参加者を募集中です(中止となりました)
more...

folder バス車両紹介スライド・車内放送スライド

バス車両案内スライド その3 西武観光バス「ライオンズエクスプレス」
バス車両紹介スライド その2 西鉄高速バス「さぬきエクスプレス福岡号」
バス車両紹介スライド その1 名鉄バス「名古屋~松山線」
more...

folder 雑記

謹賀新年 2017
2016年もありがとうございました。
イカロス出版『秘境路線バスをゆく』にて執筆や撮影
謹賀新年 2016
2015年もありがとうございました。
more...

folder ブログ

2016年もありがとうございました。
夜行バス乗車記本「夜行バス紀行Vol.03」冬コミ(C89)で頒布します!
夜行バス乗車記本「夜行バス紀行Vol.03」頒布&先行予約のお知らせ
「夜行バス紀行 Vol.01」(小冊子)頒布のお知らせ
more...

folder 観光バス・定期観光バス

WILLER(網走バス)「レストランバス」2号車【小樽・石狩湾ランチコース】乗車記
more...