夜行バス&鉄道ウォッチャー「ひろしプロジェクトWEB」

夜行バス&鉄道愛好歴30年以上のひろしプロジェクトが、これまで乗車してきた乗り物の乗車記や最新情報を紹介する総合サイトです。

こんにちは。ひろしプロジェクトです。
いつもこのブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。

前回の記事の続きになります。
(前回の記事『両備ホールディングス「ペガサス号」0699号車 乗車記(2015年9月乗車分)』はこちらからどうぞ。)

岡山から両備ホールディングスの「ペガサス号」西工夜行高速車(0699号車)で福岡へ移動した私。

両備ホールディングス「ペガサス号」 0699 博多BT到着

博多バスターミナル

ここから更に旅は続きますが、折角福岡に来たからということで、予てから訪問したい場所へ立ち寄ることにしました。
それが、これからご紹介するこちらの建物↓です。
西鉄高速バス・西鉄観光バス 本社 社屋 その1

西鉄高速バス・西鉄観光バス 本社 社屋 その2
2015年7月下旬より営業を開始した、西鉄高速バス株式会社本社(福岡支社)と西鉄観光バス株式会社本社です。
にしてつグループの高速路線部門及び貸切部門の一大拠点でもあります。

新社屋の住所は福岡市中央区那の津3丁目。
福岡都市高速道路環状線に面した海沿いの一角に新築しました。
西鉄高速バスの旧本社から徒歩5分程の距離にあり、付近には壱岐・対馬フェリーの発着所もあります。
詳しいバスファンの方でしたら、かつての「那の津第2車庫の近く」といえば大体の想像が付くかと思います。
元々、西鉄高速バス株式会社の本社(福岡支社)は福岡市中央区那の津4丁目に、西鉄観光バス株式会社の本社は福岡市博多区石城町(旧九州観光バス株式会社本社)にあったのですが、2015年7月下旬に両社を併設する形で移転しました。

今回、両社の新社屋訪問に際して事前にアポイントを敢行、特別に敷地内を見せていただきました。
機密事項もあることから、全てをご紹介することは出来ないのですが、今回はご紹介出来る範囲内で西鉄高速バス(株)本社&西鉄観光バス(株)本社をご紹介します。
(西鉄高速バス株式会社の担当課長をはじめ、西鉄高速バス株式会社及び西鉄観光バス株式会社の社員の方々におかれましては、この場を借りてお礼を申し上げます。)

sponsored link

最大200台駐車の広大な敷地

まずは新社屋の建物から。
西鉄高速バス・西鉄観光バス 本社 社屋 その3
1階~4階の4階建てとなっており、訪問客は道路側玄関エントランス内のインターホンにて担当の方を呼び出す形となります。
フロア割りは次の様になっています。
1階:九州高速バス予約センターと西鉄高速バス福岡支社(事務所・点呼場)
2階:西鉄観光バス本社(事務所・点呼場)
3階:西鉄高速バス本社(事務所・会議室)、社員食堂
4階:乗務員宿泊エリア
残念ながら建物中の撮影はNGでしたが、博多湾が一望出来る社員食堂は正直羨ましかったです。(笑)

西鉄高速バス・西鉄観光バス 本社 給油場・洗車場
給油・洗車エリアです。
給油スペースは最大3台が同時に、洗車スペースは最大2台が同時に作業出来る様になっています。
撮影当時は、洗車機が1台設置準備工事中の状態でしたが、現在は恐らく洗車機が設置されて稼働しているかと思われます。
写真では分かり難いですが、洗車スペースの隣は汚物処理スペースとなっており、最大4台まで作業出来る様になっています。

西鉄高速バス・西鉄観光バス 本社 清掃スペース
最初見たとき、「ここはどの様な作業を行う場所なのか」と思いましたが、お伺いしたところ、こちらは車内清掃や外観の手入れなどを行うエリアだとのことです。
最大4台程が止められる様になっていました。

西鉄高速バス・西鉄観光バス 本社 高速車駐車場 その1

西鉄高速バス・西鉄観光バス 本社 高速車駐車場 その2

西鉄高速バス・西鉄観光バス 本社 観光車駐車場
バスの駐車スペースです。
建物側半分が西鉄高速バスの駐車スペース、陸側半分が西鉄観光バスの駐車スペースになっています。
車路の空きスペース分も含めると、最大約200台まで駐車が可能とのことですが、実際は泊り運用の車両もそれなりにあるため、敷地内びっしりに駐車することはあまり無いそうです。

以上、西鉄高速バス株式会社本社&西鉄観光バス株式会社本社を簡単にご紹介しましたが・・・
とここでお気付きの方は鋭い!!
実はこの新社屋(新営業所)には、整備棟(整備スペース)がありません。
どの様に車両の整備を行っているか・・・実は西鉄高速バス旧本社の整備場で車両の整備を行っています。
移転前まで西鉄高速バス本社と同居していた西鉄エムテックが、旧事務所と整備場を活用し、運用車両の整備にあたっています。
実際には、朝に整備する車両を新営業所に取りに来て整備場まで回送し車両を整備、整備終了後に新営業所へ車両を戻すということを行っているそうですが、旧社屋と新社屋が徒歩圏内だからこそ出来るやり方なのかもしれませんね。
因みに緊急整備の事案が発生した場合は、乗務員自らが整備場まで車両を回送することもあるそうですよ。

営業開始から間も無く3か月が経とうとしている西鉄高速バス株式会社本社と西鉄観光バス株式会社本社。
業界を取り巻く環境が厳しさを増す中、施設の充実など課題も多い様ですが、にしてつグループの高速路線部門及び貸切部門を支える屋台骨として、昼夜休むことなく安全第一をモットーに業務を遂行していくことでしょう。
今後の両社の動向や展開にも注目していきたいところですね。

【おことわり】
先述の通り、今回の訪問に際しては、事前にアポイントを取った上で特別な許可を得ております。
くれぐれも無断で敷地内に入るようなことは絶対になさらぬようお願いいたします。


【おまけ】
営業所敷地内に駐車していたこの車両も記念に撮影をしました。
西鉄高速バス・西鉄観光バス 本社 高速車駐車場 その4 西鉄高速バス「桜島号」 9134

西鉄高速バス・西鉄観光バス 本社 高速車駐車場 その3
さて、鹿児島へと向かいますか・・・。


応援して頂けると嬉しいです。
↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

sponsored link

夜行バス

昼行高速バス

一般路線バス

鉄道

飛行機

交通系セミナー・勉強会・イベント

バス車両紹介スライド・車内放送スライド

雑記

ブログ

sponsored link

翻訳

夜行バス乗車記本

夜行バス紀行Vol.04 250px

夜行バス乗車記本最新刊
「夜行バス紀行Vol.04」
全7路線の乗車記を掲載。
書泉ブックタワー・書泉グランデにて委託販売中!!

高速バス予約

WILLER TRAVEL オススメ高速バス予約サイト バナー

夜行バス情報サイト

乗車記録

管理人

Koji Suda(ひろしプロジェクト)

Koji Suda(ひろしプロジェクト)

自称「高速バスアドバイザー」。高速バス乗車回数900回以上(2016年12月現在)。バス・鉄道をはじめとする乗り物を追っかけて撮ったり、ブログやサイトの運営、バス関連本やネットニュースの原稿執筆、同人誌活動などを通じて、乗り物旅の素晴らしさを伝える活動を行っています。北海道札幌市在住。バスと鉄道とカレーと粉物が大好き。 [詳細]

LINE@はじめました

友だち追加数

@gsr1234o で検索可能です。

メルマガやってます

フォトギャラリー

車内放送ライブラリ

おすすめリンク



sponsored link

カテゴリー

月別の投稿

2015年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031