夜行バス&鉄道ウォッチャー「ひろしプロジェクトWEB」

夜行バス&鉄道愛好歴30年以上のひろしプロジェクトが、これまで乗車してきた乗り物の乗車記や最新情報を紹介する総合サイトです。

西日本鉄道「フェニックス号」セレクトシート車 乗車記

calendar

reload

応援して頂けると嬉しいです。
↓  ↓  ↓  ↓

バス ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村

こんにちは。ひろしプロジェクトです。
いつもブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。

昨年3月の九州新幹線鹿児島ルート全線開業に端を発した、西鉄とJR九州の福岡~宮崎間都市間輸送を巡る軋轢と、不毛な競争、そして収束・・・・・
昨年4月以降、福岡~宮崎間の都市間輸送は、西鉄・宮崎交通・九州産交の「フェニックス」陣営と、JR九州バスの「たいよう」、JR九州バスと宮崎交通・産交バスの「B&Sみやざき」+九州新幹線、更に高速ツアーバスを加えた四つ巴の競争を繰り広げていましたが、約1年で「たいよう」が運行を終了し「フェニックス号」に再合流した他、高速ツアーバスも例の関越道事故の影響で乗客数を減らしている中、現在の状況は「フェニックス号」と「B&Sみやざき」+九州新幹線の、更に高速ツアーバスの三つ巴の競争となっています。
現況については後日改めてご紹介するとして、今回は福岡~宮崎間の老舗高速バス「フェニックス号」セレクトシート車に乗車した時の模様をご紹介します。

で、「フェニックス号」セレクトシート車が登場した背景ですが、言うまでもなく、高速ツアーバスと「B&Sみやざき」「たいよう」への対抗処置と、運賃面での競争力強化であります。
これにより、通常の片道運賃を6,000円から4,500円への値下げが実現できた他、4列席を新たに設定し、この座席を格安運賃の「席割」に割り当てることで、片道2,500円という破格な値段設定を実現することが出来ました。
一方で、従来の車両と比べ居住性が落ちることから、セレクトシートについては賛否両論が起こりました。
セレクトシート導入から1年、果たして現状はどうなっているのか?ということで、先日乗車して参りました。

今回乗車したバスはこちら。

西日本鉄道「フェニックス号」 9912 ※写真はイメージです。
西日本鉄道の「フェニックス号」セレクトシート車です。
西鉄の「フェニックス号」には、写真の西工製日産スペースアロー(PKG-RA274RBN)の他、純正の三菱エアロエースといすゞガーラが運用に就いていますが、私が乗車したのは西工製の日産スペースアローでした。

乗車地は博多バスターミナル。
西日本鉄道「フェニックス号」 9906 博多BT入線
「フェニックス号」は西鉄天神バスセンターが始発地なので、既に乗客が数人乗車していました。

乗務員による改札を受け、車内に入ります。
車内はこの様になっておりまして、
西日本鉄道「フェニックス号」 9906 車内
前方が2+1の3列シート、後方が2+2の4列シートになっています。
朝早い便にも関わらず、前方の席はほぼ満席で、後方の「席割」2+2の4列シートの方は50%の乗車率といったところ。
平日の朝の便でこれだけの乗車率というのも、さすが老舗路線だけのことはあります。

バスは博多バスターミナルを出発後、呉服町・高速基山・久留米インター・八女インターで乗車扱いのために停車していきます。

途中の休憩は所は1箇所。
九州自動車道の宮原サービスエリアで約10分間休憩します。
西日本鉄道「フェニックス号」 9906 宮原SAにて

西日本鉄道「フェニックス号」 9906 リア
休憩が終わり、乗客が全員揃ったところで、バスは出発。
一路宮崎へ向けてひた走ります。

この便はノンストップの「スーパーフェニックス」ではない各停便なので、この先、熊本県内の八代インターと人吉インター、宮崎県内のえびのインター・小林インター・都城北と細かく停車していきます。
各停留所とも数人が下車。
私が下車した宮交シティ到着時には、半分近くの乗客した車内に残っていませんでした。
西日本鉄道「フェニックス号」 9906 宮交シティ到着
この後バスは、終点宮崎駅へ向けて走り去っていきました。

というわけで、西鉄「フェニックス号」セレクトシート車の簡単な乗車記をお届けしましたが、運賃・車両仕様が変更されたとはいえ、今回、ある程度の乗客数が付いているのを目の当たりにして、「さすが老舗路線だなぁ」というのを強く感じましたね。
以前聞いた話では、高速ツアーバスの影響で「フェニックス号」も利用客が減少しているとのことでしたが、流石に例の事故の影響で「フェニックス号」に乗客が戻ってきているのでしょうか、利用客減少で苦しんでいる雰囲気は正直感じられませんでした。
もしかすると、この半年程で更に状況が変化しているのかもしれませんね。
その辺のことについては、後日関係者から直接お話を聞く機会があるかもしれないので、もし聞ければ改めてご報告出来ればと考えております。

【おまけ】
西鉄高速バス「フェニックス号」 9909
写真は、西鉄高速バスの「フェニックス号」セレクトシート車です。
今年4月のダイヤ改正で再度運用が変更になった様ですが、どなたか「フェニックス号」の西鉄高速バス担当便(運用)をご存知の方、ご教示頂けると嬉しいです。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す

管理人

Koji Suda(ひろしプロジェクト)

Koji Suda(ひろしプロジェクト)

自称「高速バスアドバイザー」。高速バス乗車回数900回以上(2016年12月現在)。バス・鉄道をはじめとする乗り物を追っかけて撮ったり、ブログやサイトの運営、バス関連本やネットニュースの原稿執筆、同人誌活動などを通じて、乗り物旅の素晴らしさを伝える活動を行っています。北海道札幌市在住。バスと鉄道とカレーと粉物が大好き。 [詳細]

folder 夜行バス

大分バス「トロピカル号」42174号車 乗車記
西鉄高速バス「桜島号」3913号車 乗車記 まもなく引退か? (2017年7月乗車分)
防長交通「萩エクスプレス」655号車 乗車記
鹿児島交通加世田バスターミナルを見てみる
西鉄高速バス「桜島号」夜行便4012号車 乗車記(2017年4月乗車分)
more...

folder 鉄道

第12回 日本モビリティ・マネジメント会議(jcomm) 参加レポート
JR九州「かわせみ やませみ4号」を見てみる(簡単な乗車記)
JR九州 BEC819系蓄電池式電車「DENCHA」を見てみる
出雲地区の一畑バスと一畑電車と出雲大社
熊本電気鉄道「01形電車」を見てみる
more...

folder 飛行機

ANAと名鉄バス「名古屋~新潟線」と伊予鉄「オレンジライナー」とJAC
福岡で見かけたバス達(西鉄バスなど)とJAC3595便
ANA系LCC「peach」新千歳関西線に乗ってみました。
more...

folder 交通系セミナー・勉強会・イベント

第12回 日本モビリティ・マネジメント会議(jcomm) 参加レポート
「第10回バスシンポジウムin釧路」に参加してきました。
北海道バスフェスティバル2016へ行ってきました
大分交通の夜行高速用106号車貸切乗車会に参加してきました。
大分交通が西工夜行車を使ったツアーの参加者を募集中です(中止となりました)
more...

folder バス車両紹介スライド・車内放送スライド

バス車両案内スライド その3 西武観光バス「ライオンズエクスプレス」
バス車両紹介スライド その2 西鉄高速バス「さぬきエクスプレス福岡号」
バス車両紹介スライド その1 名鉄バス「名古屋~松山線」
more...

folder 雑記

謹賀新年 2017
2016年もありがとうございました。
イカロス出版『秘境路線バスをゆく』にて執筆や撮影
謹賀新年 2016
2015年もありがとうございました。
more...

folder ブログ

2016年もありがとうございました。
夜行バス乗車記本「夜行バス紀行Vol.03」冬コミ(C89)で頒布します!
夜行バス乗車記本「夜行バス紀行Vol.03」頒布&先行予約のお知らせ
「夜行バス紀行 Vol.01」(小冊子)頒布のお知らせ
more...