夜行バス&鉄道ウォッチャー「ひろしプロジェクトWEB」

夜行バス&鉄道愛好歴30年以上のひろしプロジェクトが、これまで乗車してきた乗り物の乗車記や最新情報を紹介する総合サイトです。

JR北海道「リバイバルまりも」乗車記

calendar

reload

応援して頂けると嬉しいです。
↓  ↓  ↓  ↓

バス ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村

こんにちは。ひろしプロジェクトです。
いつもこのブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。

かつてJR北海道が運行していた札幌~釧路間の夜行列車「まりも」。
その歴史は古く、1949年に函館~釧路間で運行を開始、以来、2度の名称消滅と復活を繰り返しながら、札幌~道東間の夜行交通機関として活躍してきましたが、2008年夏に「まりも」は廃止。
以降、北海道の夜行交通機関は都市間バスへと完全に移行するのですが、その由緒ある「まりも」が「北海道ディスティネーションキャンペーン」の一環として、2012年7月20日~22日に間に期間限定で復活しました。
しかも、客車としての急行「まりも」は、実に19年ぶりの復活!!
「これは会いに行かないと・・・・」というわけで、偶然にも指定券を入手できたことから、釧路まで行って参りました。

JR北海道 「リバイバルまりも」 DD51&14系座席車&24系寝台車 釧路駅にて

今回のリバイバル客車急行「まりも」の運行、実は昨年7月に実施する予定でしたが、昨年5月に発生した石勝線「スーパーおおぞら14号」トンネル火災事故の影響で延期され、今年の運行に至ったそうです。
正しくファンにとっては「待ちに待ったリバイバル運行」ということになるでしょうね。

今回の釧路までの足は、当然ながらこちら↓。
くしろバス「スターライト釧路号」 ・307

くしろバス「スターライト釧路号」 ・307 中央バス札幌ターミナル改札中

くしろバス「スターライト釧路号」 ・307 車内
くしろバスの「スターライト釧路号」夜行便です。
2台運行で、この日は2台とも満席。
早めに予約を入れておいて正解でした。
因みに私が乗車したのは2号車で、写真のいすゞガーラSHD(PKG-RU1ESAJ)でした。

バスは順調に走行を続け、定刻の5時20分に釧路駅バスターミナルに到着。
くしろバス「スターライト釧路号」 ・307 釧路駅バスターミナル到着
あっという間のバス旅でした。

リバイバル客車急行「まりも」の発車時刻は10時26分。
時間があまりに余っているので、厚岸まで往復してきました。
行きはこちら↓に乗車。
JR北海道 キハ54 516 「快速はなさき」

JR北海道 キハ54 516 「快速はなさき」 車内

JR北海道 キハ54 516 「快速はなさき」 車窓 厚岸付近
JR花咲線の始発列車「快速はなさき」です。

そして、帰りは・・・・・こちら↓でした。
JR北海道 キハ54 522 ルパン三世ラッピングトレイン 厚岸駅にて

JR北海道 キハ54 522 ルパン三世ラッピングトレイン 釧路駅にて

JR北海道 キハ54 522 ルパン三世ラッピングトレイン ルパン三世

JR北海道 キハ54 522 ルパン三世ラッピングトレイン 次元&五右ェ門&不二子

JR北海道 キハ54 522 ルパン三世ラッピングトレイン 銭形警部
今年4月にも乗車した「ルパン三世ラッピングトレイン」です。
最も、この列車に乗りに厚岸まで行ったというのはお約束・・・・・ということでww。

その後、朝食を済ませたり、駅周辺を散策したり、はたまたこの様な↓車両を撮影したりして、リバイバル「まりも」の入線を待ちます。
JR北海道 キハ40 1749 釧路駅にて

9時半過ぎになり、釧路駅ホームにはリバイバル「まりも」の乗客を含めた鉄道ファンらしき人達が集まり始め、10時過ぎになるとかなりの人数がホームに集まってきます。
100名前後はいたでしょうか。
JR北海道 「リバイバルまりも」 釧路駅発車時刻案内

そして、10時10分過ぎ、釧路駅3番ホームにリバイバル「まりも」が入線。
上野発の寝台特急が入線する方式と同様に、客車側が先頭で入線してきます。
JR北海道 「リバイバルまりも」 DD51&14系座席車&24系寝台車 釧路駅にて

JR北海道 「リバイバルまりも」 DD51&14系座席車&24系寝台車 釧路駅にて その2
約19年ぶりの客車急行「まりも」の雄姿を、私を含めた多くの鉄道ファンが思い思いにシャッターを切っていきます。
その雄姿を写真に収めたところで、私も乗車。
今回の編成は、14系座席車が3両の24系B寝台車が2両の計5両編成。
3号車と5号車の車端部に自動販売機が設置されていたことから、推測するに札幌~青森間の「急行はまなす」の余剰車両を集めて編成を組んだのではないでしょうか。

で、私がお世話になったのは、4号車の14系座席車でした。
JR北海道 「リバイバルまりも」 4号車 14系座席車 車内

JR北海道 「リバイバルまりも」 4号車 14系座席車 シート
本当は24系寝台車をヒルネ利用したかったのですが、指定券を抑えることが出来ず、残念ながらこちらになってしまいました。
後で分かったことなのですが、実はJR北海道釧路支社でこの列車を使ったツアーを組んでいて、どうもそちらの参加者用にB寝台車1両を貸し切った様なのです。
どおりで指定券が入手できないわけだ・・・・・・・。

因みに寝台車の車内はこの様になっております。
JR北海道 「リバイバルまりも」 2号車 24系寝台車 通路

10時26分、定刻に列車は釧路を出発。
途中・白糠・池田・帯広・新得・富良野・滝川・岩見沢に停車して札幌へと向かうのですが・・・・・
驚くこと無かれ、実はこのリバイバル客車「まりも」、何と札幌までの所要時間が10時間18分!!
「スーパーおおぞら」なら、余裕で札幌~釧路間を1往復出来てしまいますww。
コアな鉄道ファンであれば、長く乗っていられるということで喜ぶかもしれませんが、一般客ならば間違いなく「苦行」に思うでしょうね。
とにかく、至る駅で列車通過待ちの停車があるんですよ。
駅によっては20分近くも停車していたかなぁ・・・・・。
定期列車優先でこのダイヤを組んだのでしょうが、もう少し何とかならなかったのか・・・・・という思いは残りますね。
それでも道中の車窓は、北海道らしさを十分に堪能することが出来ました。
JR北海道 「リバイバルまりも」 車窓 池田ワイン城

JR北海道 「リバイバルまりも」 車窓 十勝平野 その1

JR北海道 「リバイバルまりも」 車窓 十勝平野 その3

JR北海道 「リバイバルまりも」 車窓 狩勝越え

JR北海道 「リバイバルまりも」 車窓 金山湖 その2

JR北海道 「リバイバルまりも」 車窓 富良野付近

途中の帯広と新得では、それぞて20分程停車。
当然ながら撮影タイムとなるわけでありまして、帯広駅ではこの様なカットを、
JR北海道 「リバイバルまりも」 帯広駅にて

JR北海道 「リバイバルまりも」 ヘッドマーク

JR北海道 「リバイバルまりも」 DD51 北斗星マーク

JR北海道 「リバイバルまりも」 4号車 14系座席車 側面方向幕シール

そして、新得駅ではこの様なカットを収めることが出来ました。
JR北海道 「リバイバルまりも」 DD51&14系座席車&24系寝台車 新得駅にて その1

JR北海道 「リバイバルまりも」 DD51&14系座席車&24系寝台車 新得駅にて その2

列車は途中目だったトラブルも無く、夜が完全に暮れた20時44分に終点札幌駅に到着。
札幌駅では大勢のファンが押しかけていて、半ば修羅場状態でしたww。
写真を数カット収めましたが、使えるものが無かったので遭えなくカット。
長い様で短い、けど長かった1日はこうして幕を閉じました。

というわけで、リバイバル客車急行「まりも」の富良野経由昼行便のレポートをお届けしましたが、個人的な感想は「それなりに楽しめたけど、お腹一杯かなぁ・・・・・」というものでした。
終始乗りっ放しで、とにかく「苦行」だったのですよ。
しかも、至る所で待機停車があったために、余計に時間が長く感じましたね。
帯広と新得での長時間停車がせめてもの救いでしたが、これがもし無ければ・・・・・と考えると、正直ぞっとします。
あと、今回のリバイバル「まりも」のみならず、北海道DC関連の復活列車は臨時列車という形で運行されましたが、この手のリバイバル運行は、マルスでの一般売りよりも、JR九州が数年前に催行した「リバイバルブルートレイン」の様に、特典(オリジナルグッズや昼食・夕食の弁当など)を付けた全席ツアーという形で販売して、列車の運行も『団体臨時列車』という形にした方が良いのでは?と思うんですよね。
その方がファンも喜ぶでしょうし、ツアー参加者同士の交流も生まれるのではないでしょうか。
今後この様な復活運行催行の際は、是非とも検討していただけると・・・・・と思いますね。
とはいえ、約19年ぶりの客車急行「まりも」の復活運行。
コアな鉄道ファンにとっては、それなりに楽しめた復活運行ではなかったか?と思います。
私自身もここでは色々と書きましたが、古き良き時代の列車の旅を十分に堪能させて頂きました。
またこの様な復活運行の際は、都合を見て参加出来ればと思います。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す

管理人

Koji Suda(ひろしプロジェクト)

Koji Suda(ひろしプロジェクト)

自称「高速バスアドバイザー」。高速バス乗車回数900回以上(2016年12月現在)。バス・鉄道をはじめとする乗り物を追っかけて撮ったり、ブログやサイトの運営、バス関連本やネットニュースの原稿執筆、同人誌活動などを通じて、乗り物旅の素晴らしさを伝える活動を行っています。北海道札幌市在住。バスと鉄道とカレーと粉物が大好き。 [詳細]

folder 夜行バス

大分バス「トロピカル号」42174号車 乗車記
西鉄高速バス「桜島号」3913号車 乗車記 まもなく引退か? (2017年7月乗車分)
防長交通「萩エクスプレス」655号車 乗車記
鹿児島交通加世田バスターミナルを見てみる
西鉄高速バス「桜島号」夜行便4012号車 乗車記(2017年4月乗車分)
more...

folder 鉄道

第12回 日本モビリティ・マネジメント会議(jcomm) 参加レポート
JR九州「かわせみ やませみ4号」を見てみる(簡単な乗車記)
JR九州 BEC819系蓄電池式電車「DENCHA」を見てみる
出雲地区の一畑バスと一畑電車と出雲大社
熊本電気鉄道「01形電車」を見てみる
more...

folder 飛行機

ANAと名鉄バス「名古屋~新潟線」と伊予鉄「オレンジライナー」とJAC
福岡で見かけたバス達(西鉄バスなど)とJAC3595便
ANA系LCC「peach」新千歳関西線に乗ってみました。
more...

folder 交通系セミナー・勉強会・イベント

第12回 日本モビリティ・マネジメント会議(jcomm) 参加レポート
「第10回バスシンポジウムin釧路」に参加してきました。
北海道バスフェスティバル2016へ行ってきました
大分交通の夜行高速用106号車貸切乗車会に参加してきました。
大分交通が西工夜行車を使ったツアーの参加者を募集中です(中止となりました)
more...

folder バス車両紹介スライド・車内放送スライド

バス車両案内スライド その3 西武観光バス「ライオンズエクスプレス」
バス車両紹介スライド その2 西鉄高速バス「さぬきエクスプレス福岡号」
バス車両紹介スライド その1 名鉄バス「名古屋~松山線」
more...

folder 雑記

謹賀新年 2017
2016年もありがとうございました。
イカロス出版『秘境路線バスをゆく』にて執筆や撮影
謹賀新年 2016
2015年もありがとうございました。
more...

folder ブログ

2016年もありがとうございました。
夜行バス乗車記本「夜行バス紀行Vol.03」冬コミ(C89)で頒布します!
夜行バス乗車記本「夜行バス紀行Vol.03」頒布&先行予約のお知らせ
「夜行バス紀行 Vol.01」(小冊子)頒布のお知らせ
more...