夜行バス&鉄道ウォッチャー「ひろしプロジェクトWEB」

夜行バス&鉄道愛好歴30年以上のひろしプロジェクトが、これまで乗車してきた乗り物の乗車記や最新情報を紹介する総合サイトです。

江ノ電バス藤沢の夜行バス「レイク&ポート号」乗車記

time 2012/05/29

応援して頂けると嬉しいです。
↓  ↓  ↓  ↓

バス ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村

こんにちは。ひろしプロジェクトです。
いつもこのブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。

今回ご紹介するのは、江ノ電バス藤沢の藤沢・鎌倉・横浜・東京浜松町~横手・大曲・田沢湖間夜行路線バス「レイク&ポート号」の乗車記です。
(2010年10月乗車時の記録を再編集しております。)

江ノ電バス藤沢「レイク&ポート号」 812
 
江ノ電バス藤沢「レイク&ポート号」 812 リア

元々、「レイク&ポート号」が横浜の相模鉄道と秋田の羽後交通が共同運行していましたが、相模鉄道の高速バス事業撤退に伴い、2008年9月1日から江ノ電バス藤沢が新たに参入しました。
江ノ電バス参入後、暫くの間は横浜発着でしたが、2011年11月1日のダイヤ改正で新たに藤沢駅南口・鎌倉駅東口への乗り入れを開始、湘南地区での利便性が向上しました。

今回乗車したのは、東京浜松町22時25分発の便。
本来は横浜から乗車する予定でしたが、時間の関係で東京の浜松町バスターミナルから乗車しました。
とはいいつつも、21時30分頃には浜松町バスターミナルに到着しました。
到着がちょっと早かったかなぁ・・・・。

この時間帯になると、京浜急行バスの中国・四国・東北方面への夜行高速バス各路線や、東北急行バスの新庄・山形方面行きの夜行バス、更にはウィラーの名古屋行きツアー高速バスが発着する他、京成バスの銚子方面高速バスもひっきりなしに発着していて、ターミナル内は少し賑やかになります。

発車は浜松町バスターミナルの3番乗り場。
出入口には路線の案内プレートが掲げられています。

江ノ電バス藤沢「レイク&ポート号」 812 浜松町BT案内

運行のところに「江ノ電バス藤沢」と書かれているのが個人的には目新しかったりします。

22時15分、緑の車体が渋い(?)江ノ電バス藤沢の「レイク&ポート号」が入線してきました。
早速改札の開始です。

江ノ電バス藤沢「レイク&ポート号」 812 浜松町BT改札中

乗務員の改札を受け、車内に入ると・・・・・

江ノ電バス藤沢「レイク&ポート号」 812 車内 その
 
江ノ電バス藤沢「レイク&ポート号」 812 車内 その2

「これでもかっ!!」という位、江ノ電のコーポレートカラーである「緑」をふんだんに使った車内が目の前に広がります。
シートはもちろんの事、カーテンから毛布。内張りまで緑尽くし。
これほどまでに会社のコーポレートカラーを踏襲している車両も珍しいのでは?と思いました。

シートももちろん緑です!

江ノ電バス藤沢「レイク&ポート号」 812 シート

シートポケットには、車内装備の説明などを記したリーフレットも備え付けられています。

江ノ電バス藤沢「レイク&ポート号」 案内リーフレット
 
江ノ電バス藤沢「レイク&ポート号」 案内リーフレット その2

ふと車内を見回すと・・・・一つ感心したサービスを見つけました。
こちらです。

江ノ電バス藤沢「レイク&ポート号」 812 予備毛布置き場

なんと予備毛布が積んであるではありませんか!
しかも、この様な予備毛布置き場が、車内に3箇所設置されていて、自由に使用する事が出来ます。
もちろん、各座席に1枚ずつ毛布が備え付けられていますので、寒い時には重宝すると思います。
ちょっとしたサービスなのですが、冷え性や寒がりの人には喜ばれますね。

ほぼ満席の乗客を乗せた「レイク&ポート号」は、定刻の22時25分に浜松町バスターミナルを出発しました。
前方の液晶モニターで運行経路&車内設備の案内が行われ、更に乗務員から補足の説明が行われた後、23時に車内は消灯。
途中3箇所で乗務員交代でSAに停車しますが、乗客は下車する事が出来ません。
まあ、夜中に起こされるにも何ですし、翌朝までぐっすり寝られる事を考えると、さほど気にしない人も多いのかもしれませんね。

肝心の乗り心地なのですが、若干サスペンションがやわいのが気になりましたが、後方の座席に座っていたのにも関わらずエンジン音が静かで、これなら睡眠には特に支障がないかな~~と思いました。
身支度を済ませ、シートを倒すと・・・・・すぐに眠りについてしまいました。

翌朝5時45分頃に目を覚ますと、バスは秋田自動車道を走行していました。
間もなくして、山内バス停到着の案内が流れ、5時50分に山内バス停に到着しました。
ここでは3名が下車します。

続く横手バスターミナルには6時10分過ぎに到着。
ここで大半の乗客が下車していきました。
バスターミナルは最近建て替えたらしく、10年前に訪れた時の面影は殆ど残っていませんでした。

横手から角館までは降車客がいないとの事で通過し、約1時間程走った7時10分過ぎに羽後交通角館営業所に到着します。

江ノ電バス藤沢「レイク&ポート号」 812 液晶モニター

そして角館を出発して約30分程で、バスは終点田沢湖駅前に到着しました。

江ノ電バス藤沢「レイク&ポート号」 812 田沢湖到着
 
江ノ電バス藤沢「レイク&ポート号」 812 前面

約10時間程の「レイク&ポート号」の旅でしたが、思ったよりもぐっすり眠れて、寝不足感がさほど残らなかったのには意外でした。
今回、初めての江ノ電バスの夜行高速バスに乗車しましたが、事前の予想とは裏腹に(?)サービスが整っていて、乗務員の応対もソフトで好感が持てました。

私個人的には、

「相鉄時代よりもいいのでは??」


というのが正直な感想です。
機会があったら、また利用してみたいと思わせる様なバスでした。

韓流ドラマ「IRIS」のロケ地としても有名になった田沢湖の周辺には、乳頭温泉をはじめとする温泉地や八幡平等の観光地が点在します。
田沢湖観光の足として、そして横手・湯沢・大曲地区へのお出かけの足として、便利な「レイク&ポート号」を利用されてみてはいかがでしょうか?

江ノ電バス藤沢「レイク&ポート号」 812 サイド
 
江ノ電バス藤沢「レイク&ポート号」 812 側面LED

>>「レイク&ポート号」について詳しくはこちら。

sponsored link

down

コメントする

夜行バス

一般路線バス

鉄道

飛行機

交通系セミナー・勉強会・イベント

バス車両紹介スライド・車内放送スライド

雑記

ブログ

sponsored link

翻訳

夜行バス乗車記本

夜行バス紀行Vol.04 250px

夜行バス乗車記本最新刊
「夜行バス紀行Vol.04」
全7路線の乗車記を掲載。
書泉ブックタワー・書泉グランデにて委託販売中!!

高速バス予約

WILLER TRAVEL オススメ高速バス予約サイト バナー

夜行バス情報サイト

乗車記録

管理人

Koji Suda(ひろしプロジェクト)

Koji Suda(ひろしプロジェクト)

自称「高速バスアドバイザー」。高速バス乗車回数900回以上(2016年12月現在)。バス・鉄道をはじめとする乗り物を追っかけて撮ったり、ブログやサイトの運営、バス関連本やネットニュースの原稿執筆、同人誌活動などを通じて、乗り物旅の素晴らしさを伝える活動を行っています。北海道札幌市在住。バスと鉄道とカレーと粉物が大好き。 [詳細]

LINE@はじめました

友だち追加数

@gsr1234o で検索可能です。

メルマガやってます

フォトギャラリー

車内放送ライブラリ

おすすめリンク



sponsored link

カテゴリー

月別の投稿

2012年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031