夜行バス&鉄道ウォッチャー「ひろしプロジェクトWEB」

夜行バス&鉄道愛好歴30年以上のひろしプロジェクトが、これまで乗車してきた乗り物の乗車記や最新情報を紹介する総合サイトです。

応援して頂けると嬉しいです。
↓  ↓  ↓  ↓

バス ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村

こんにちは。ひろしプロジェクトです。
いつもこのブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。

2009年7月9日の木曜日、約2年ぶりに「高速ツアーバス」なる乗り物に乗車しました。
今日はその時の様子を綴ってみたいと思います。

今回乗車したのは・・・・・・

「旅の散策バス」という高速ツアーバス。↓

富士セービングバス「旅の散策」名古屋便
旅の散策ツアーズという会社が主催し、富士セービングバスに運行を委託しているツアーバスです。

インターネットで乗車券を申し込み、指定された新宿駅西口スバルビル前に行くのですが・・・・・
路上には多数のツアーバスが停車。
これって明らかな道路交通法違反なのでは?????
1社だけではどうにもならないのでしょうが、業界が協力し合って共同のバスステーションを設置する等、何らかの対策が必要なのではないかと思います。
実際にウィラーエクスプレスでは最近、新宿西口に専用のバスステーションを設置したという話も聞きますし、出来ない話ではないと思うのですが・・・・・。

集合場所に着いたのはいいのですが、自分が乗車するバスがなかなか見つかりません。
何人かの乗務員に尋ね、4人目の乗務員に尋ねたところ・・・・・
「このバスですよ」との事。
しかもそのバス、HPで出ていた最新型の27人乗りのバスではなく、30人乗りの三菱エアロクイーンでした。
公式ホームページでは最新型のバスが売りだと宣伝していたのに・・・・・
「ツアーバスってこういう事もあるんだなあ・・・・・」と思いながら改札を受け、車内に入ります。

車内はこの様になっております。↓
富士セービングバス「旅の散策」名古屋便 車内

富士セービングバス「旅の散策」名古屋便 シート
トイレが設置されていない事を除くと、高速路線バスとほぼ同様の設備を誇っています。
シートは西鉄の「はかた号」や阪急バスの夜行高速路線用で採用されているシートと同様のものが採用されています。
そして、車内はクラッシック音楽が流れています。
雰囲気作りに関してはこちらの方が一枚上手といったところでしょうか。

23時55分、出発時間になったところで乗務員が自己紹介と運行経路等の案内を行い、続いてテープにて案内が行われたところで消灯・出発となります。
出発後、シートを倒して眠ろうとしますが・・・・・途中で目が覚めます。
とにかく揺れが酷い!!
一般道では安全運行をしている様に感じましたが、高速道路に入った途端、相当飛ばしている様でした。
もっとも名古屋到着が翌朝5時半前後で、しかも途中休憩を2回取るとの事だったので、ある程度は予想はしていたのですが・・・・・それにしても揺れます。
私自身、これまで約100回以上夜行高速バスに乗車しているのですが、この様な経験は滅多にありません。
更に休憩停車時は室内灯が全開で点灯されます。
これで車内での熟睡はほぼ無理な状態になってしまいました。
所々ウトウトと眠りはするのですが、熟睡とまではいかず、疲労とストレスが溜まった状態でバスは名古屋市内に入ります。↓
富士セービングバス「旅の散策」名古屋便 車窓

そして定刻よりも15分程早い5時15分、バスは名古屋駅前に到着しました。↓
富士セービングバス「旅の散策」名古屋便 名古屋駅到着
この後、私は半分ぼ~っとした状態で駅構内で始発の新幹線を待つのでした。

今回、人生2回目のツアーバスの乗車だったのですが、設定ダイヤの余裕の無さによる『怖さ』というものを改めて痛感しました。
と同時に、ツアーバスを利用する場合、運行会社のチェックが非常に重要であることも認識させられました。
一方でインターネットを駆使したPRの上手さやサービス面での改善の姿勢は、残念ながら現在はツアーバスの方が1歩上をいっていると言わざるを得ず、この点に関しては高速路線バス事業者は参考にする部分が数多くあるのではないかと思います。

ともあれ、今回の高速ツアーバスの旅に関しては後悔の念だけが残ってしまいましたが、現状を知る上ではいい勉強になりました。
今回の経験を今後高速バスを利用する上での参考にしたいと改めて思いましたね。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す

管理人

Koji Suda(ひろしプロジェクト)

Koji Suda(ひろしプロジェクト)

自称「高速バスアドバイザー」。高速バス乗車回数900回以上(2016年12月現在)。バス・鉄道をはじめとする乗り物を追っかけて撮ったり、ブログやサイトの運営、バス関連本やネットニュースの原稿執筆、同人誌活動などを通じて、乗り物旅の素晴らしさを伝える活動を行っています。北海道札幌市在住。バスと鉄道とカレーと粉物が大好き。 [詳細]

folder 夜行バス

西日本JRバス「プレミアム中央ドリーム342号」クレイドルシート 乗車記
夜行高速バス「はりまや号」廃止へ・・・
大分バス「トロピカル号」42174号車 乗車記
西鉄高速バス「桜島号」3913号車 乗車記 まもなく引退か? (2017年7月乗車分)
防長交通「萩エクスプレス」655号車 乗車記
more...

folder 鉄道

第12回 日本モビリティ・マネジメント会議(jcomm) 参加レポート
JR九州「かわせみ やませみ4号」を見てみる(簡単な乗車記)
JR九州 BEC819系蓄電池式電車「DENCHA」を見てみる
出雲地区の一畑バスと一畑電車と出雲大社
熊本電気鉄道「01形電車」を見てみる
more...

folder 飛行機

ANAと名鉄バス「名古屋~新潟線」と伊予鉄「オレンジライナー」とJAC
福岡で見かけたバス達(西鉄バスなど)とJAC3595便
ANA系LCC「peach」新千歳関西線に乗ってみました。
more...

folder 交通系セミナー・勉強会・イベント

第12回 日本モビリティ・マネジメント会議(jcomm) 参加レポート
「第10回バスシンポジウムin釧路」に参加してきました。
北海道バスフェスティバル2016へ行ってきました
大分交通の夜行高速用106号車貸切乗車会に参加してきました。
大分交通が西工夜行車を使ったツアーの参加者を募集中です(中止となりました)
more...

folder バス車両紹介スライド・車内放送スライド

バス車両案内スライド その3 西武観光バス「ライオンズエクスプレス」
バス車両紹介スライド その2 西鉄高速バス「さぬきエクスプレス福岡号」
バス車両紹介スライド その1 名鉄バス「名古屋~松山線」
more...

folder 雑記

謹賀新年 2017
2016年もありがとうございました。
イカロス出版『秘境路線バスをゆく』にて執筆や撮影
謹賀新年 2016
2015年もありがとうございました。
more...

folder ブログ

2016年もありがとうございました。
夜行バス乗車記本「夜行バス紀行Vol.03」冬コミ(C89)で頒布します!
夜行バス乗車記本「夜行バス紀行Vol.03」頒布&先行予約のお知らせ
「夜行バス紀行 Vol.01」(小冊子)頒布のお知らせ
more...

folder 観光バス・定期観光バス

WILLER(網走バス)「レストランバス」2号車【小樽・石狩湾ランチコース】乗車記
more...