夜行バス&鉄道ウォッチャー「ひろしプロジェクトWEB」

夜行バス&鉄道愛好歴30年以上のひろしプロジェクトが、これまで乗車してきた乗り物の乗車記や最新情報を紹介する総合サイトです。

JR九州の観光特急「はやとの風2号」乗車記

calendar

reload

応援して頂けると嬉しいです。
↓  ↓  ↓  ↓

バス ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村

こんにちは。ひろしプロジェクトです。
いつもこのブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。

JR九州が新幹線開業に合わせて運行を開始した観光列車「はやとの風」と「いさぶろう・しんぺい」。
ノスタルジックな外装にぬくもりを感じる内装、そして沿線の車窓が人気のこれらの列車。
早速乗車してきました。

やってきたのは、大きく様変わりした鹿児島中央駅。
改札口から在来線ホームに降りると、今回の旅のメインの第1走者である特急「はやとの風2号」↓がホームで発車を待っていました。

JR九州 特急「はやとの風2号」 鹿児島中央駅にて

JR九州 特急「はやとの風2号」 鹿児島中央駅にて 側面
黒一色のデザインが近郊型気動車をこんなに重厚な姿に変えてしまうとは・・・・・水戸岡さん、恐るべし。

早速車内を見て回ることに。
JR九州 特急「はやとの風2号」 車内

JR九州 特急「はやとの風2号」 シート
車内のイメージは同時期に登場した800系新幹線「つばめ」と共通した部分が多いのですが、木を多用している為か、「つばめ」以上に「和」「くつろぎ」を意識した内装になっています。天井のライトが幼少の頃に乗った列車を思い出させてくれます。

JR九州 特急「はやとの風2号」 車内 その2
車内販売コーナーには「はやとの風」を紹介するパネルが展示してありました。

JR九州 特急「はやとの風2号」 車内 その3
車内中央部にある展望スペースです。ベンチに座りながら流れゆく景色を堪能する事が出来ます。
この様なフリースペースがあるだけでも嬉しいですね。

一通り車内を見て回りましたが、これは「つばめ」や後日紹介する「いさぶろう・しんぺい」にも言える事なんですが、最近のJR九州の車両って「和」「くつろぎ」というイメージを上手く表現している車輌が多いなあと思いました。
「乗る事が旅である」という車輌、車内の雰囲気作りの上手さ・・・・・他のJR各社も参考にする部分はあるのではないかと思います。

そうこうしているうちに列車は出発の時間を迎えます。
9時27分、鹿児島中央を出発。この後、鹿児島に停車した後、隼人までノンストップで走行します。
暫くは海沿いや海岸線沿いのトンネル等を走行していきます。

右手には・・・・・桜島が見えてきます。
JR九州 特急「はやとの風2号」からの車窓

10時00分、隼人に到着。ここからいよいよ肥薩線に入っていきます。
これまでの風景とは異なり、ここからは山岳を走行していきます。
初夏の景色がなんとも素晴らしい!!心地よい風が車内にも入ってきます。

10時16分、嘉例川に到着。ここで7分間停車します。
JR九州 特急「はやとの風2号」 嘉例川駅にて

折角なので、こんな写真も撮ってみました。
JR九州 特急「はやとの風2号」 嘉例川駅にて その2

ここ嘉例川の駅舎ですが、何と築106年!(だったかな?)。
駅舎のたたずまいが何とも言えません!
昔にタイムスリップしたかの様です。
嘉例川駅

10時23分、嘉例川を出発。
引き続き山の中を走っていきます。

10時29分、霧島温泉駅に到着。
ここで10名程の温泉客が下車していきました。
霧島温泉駅 駅名盤

霧島温泉駅 駅舎

10時33分、霧島温泉を出発。

10時40分、大隅横川に到着。
ここでは6分間停車するとの事なので、ホームを降りて形式写真を撮ることにしました。
JR九州 特急「はやとの風2号」 大隈横川駅にて
写真の出来は・・・・・ちょっと失敗だったかな(笑)。
でも、外の風が気持ち良く、最高です!
因みにここ大隅横川の駅舎も、先程紹介した嘉例川の駅舎と同様、九州最古の木造駅舎で国の文化財登録もされているそうです。
あっ、駅舎の写真を撮り忘れた~~~(>_<)。

10時46分、大隅横川を出発。
この後栗野に停車し、更に走り続けること約10分で列車は終点の吉松駅に到着しました。
吉松駅
あっという間の1時間半の列車の旅。「もっと満喫したかった」と思わせる素晴らしい列車でした。

連絡橋からの風景です。なんだかこのローカルの雰囲気が気に入って、思わずシャッターを切りました。
JR九州 特急「はやとの風2号」 吉松駅にて
長閑な雰囲気が広がります。

バスも殆ど乗り入れていないところなのですが・・・・・何故か宮崎交通のバス停が。
なんでも小林からのバス路線があるらしいのですが、1日1本あるかないかといった程度の本数で、これまた呆然。

吉松駅前にはSLが展示してありました。
吉松駅前に展示のSL「C55 52」
「SLの町」として町おこしを行っているとか。吉松がかつての交通の要所だったということも影響しているのでしょう。

約20分程駅周辺を散策し、吉松からは「しんぺい2号」に乗り継ぎます。
「しんぺい2号」では、生涯初めての風景に出会うのですが・・・・・

この続きはまた次回。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す

管理人

Koji Suda(ひろしプロジェクト)

Koji Suda(ひろしプロジェクト)

自称「高速バスアドバイザー」。高速バス乗車回数900回以上(2016年12月現在)。バス・鉄道をはじめとする乗り物を追っかけて撮ったり、ブログやサイトの運営、バス関連本やネットニュースの原稿執筆、同人誌活動などを通じて、乗り物旅の素晴らしさを伝える活動を行っています。北海道札幌市在住。バスと鉄道とカレーと粉物が大好き。 [詳細]

folder 夜行バス

大分バス「トロピカル号」42174号車 乗車記
西鉄高速バス「桜島号」3913号車 乗車記 まもなく引退か? (2017年7月乗車分)
防長交通「萩エクスプレス」655号車 乗車記
鹿児島交通加世田バスターミナルを見てみる
西鉄高速バス「桜島号」夜行便4012号車 乗車記(2017年4月乗車分)
more...

folder 鉄道

第12回 日本モビリティ・マネジメント会議(jcomm) 参加レポート
JR九州「かわせみ やませみ4号」を見てみる(簡単な乗車記)
JR九州 BEC819系蓄電池式電車「DENCHA」を見てみる
出雲地区の一畑バスと一畑電車と出雲大社
熊本電気鉄道「01形電車」を見てみる
more...

folder 飛行機

ANAと名鉄バス「名古屋~新潟線」と伊予鉄「オレンジライナー」とJAC
福岡で見かけたバス達(西鉄バスなど)とJAC3595便
ANA系LCC「peach」新千歳関西線に乗ってみました。
more...

folder 交通系セミナー・勉強会・イベント

第12回 日本モビリティ・マネジメント会議(jcomm) 参加レポート
「第10回バスシンポジウムin釧路」に参加してきました。
北海道バスフェスティバル2016へ行ってきました
大分交通の夜行高速用106号車貸切乗車会に参加してきました。
大分交通が西工夜行車を使ったツアーの参加者を募集中です(中止となりました)
more...

folder バス車両紹介スライド・車内放送スライド

バス車両案内スライド その3 西武観光バス「ライオンズエクスプレス」
バス車両紹介スライド その2 西鉄高速バス「さぬきエクスプレス福岡号」
バス車両紹介スライド その1 名鉄バス「名古屋~松山線」
more...

folder 雑記

謹賀新年 2017
2016年もありがとうございました。
イカロス出版『秘境路線バスをゆく』にて執筆や撮影
謹賀新年 2016
2015年もありがとうございました。
more...

folder ブログ

2016年もありがとうございました。
夜行バス乗車記本「夜行バス紀行Vol.03」冬コミ(C89)で頒布します!
夜行バス乗車記本「夜行バス紀行Vol.03」頒布&先行予約のお知らせ
「夜行バス紀行 Vol.01」(小冊子)頒布のお知らせ
more...