夜行バス&鉄道ウォッチャー「ひろしプロジェクトWEB」

夜行バス&鉄道愛好歴30年以上のひろしプロジェクトが、これまで乗車してきた乗り物の乗車記や最新情報を紹介する総合サイトです。

応援して頂けると嬉しいです。
↓  ↓  ↓  ↓

バス ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村

こんにちは。ひろしプロジェクトです。
いつもこのブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。

京王バス東(本社:府中市)と名鉄バス(本社:名古屋市)が運行する新宿~名古屋間高速バス「中央高速バス名古屋線」。
これまで名鉄バス便には数回乗車したことがあるのですが、京王便には乗車する機会が無く、これまで一度も乗車しておりませんでした。
しかし、2008年夏の四国・九州遠征の際に運良く乗車する機会が出来、またの無い機会利用ということで利用してきました。

今回乗車したバスはこちら↓。 

京王バス東「中央高速バス名古屋線」 K50705

京王バス東「中央高速バス名古屋線」 K50705 リア
2008年春の名古屋長期出張時に見た時は、主に日野セレガR-FSが使用されていましたが、今回はなんと2007年式の先代エアロバス(PJ-MS86JP)が充てられていました。

22時50分、乗り場にバスが入線したところで、早速改札が始まります。
京王バス東「中央高速バス名古屋線」 K50705 新宿高速BT改札中

車内の様子はこちら↓。
京王バス東「中央高速バス名古屋線」 K50705 車内
3連休前の木曜日という事もあって、混雑しているのでは?と思ったのですが、いざ乗車してみると・・・・乗客数は14名。定員(38名)の半数以下です。
以前乗車した時は満席に近い乗車率で、常に混雑しているイメージがあったのですが・・・・
この路線もツアーバスの影響を少なからず受けているようです。

23時、定刻にバスは新宿を出発。
乗務員による案内放送が行われ、中央道の各バス停(三鷹、深大寺、府中、日野、八王子)に停車するも乗車客はゼロ。このままの人数で一路名古屋へと向かいます。
座席は空席が多い事から1人で2席分を使用出来る贅沢な状態でしたが、利用状況等の事を考えると複雑な気持ちに。
それでも静かな車内で目を閉じているうちに、いつの間にか夢の中へと吸い込まれていくのでありました。

深夜1時前、双葉サービスエリアに到着。ここで10分程の休憩を取ります。↓
京王バス東「中央高速バス名古屋線」 K50705 双葉SA休憩中
とはいっても車内は消灯されていて、殆どの乗客が眠りについている為、案内放送は行われずに車内前方の出発時刻を知らせるプレートにて出発時間を確認する事になります。
自分も就寝前の洗顔を済ませ、すぐさまバスに戻り、毛布をかぶって就寝の体勢へ。

1時15分、バスは再び出発します。
その後、2箇所にて休憩停車を行ったとの事ですが、双葉サービスエリア出発後は完全に熟睡していた為、休憩停車に気付く事はありませんでした。
目が覚めた時、バスは春日井インターを通過していました。

5時15分、勝川駅前に到着。ここで2名が下車します。
その後、東名阪自動車道から名古屋高速を通り、栄に立ち寄ります。
ここでは7名が下車。
恐らく地下鉄等に乗り換えて最終の目的地へと向かうのでしょう。

そして更に走ること10分、定刻よりも10分程早い5時50分にバスは名鉄バスセンターに到着。
乗務員に乗車券を渡してバスを降ります。
京王バス東「中央高速バス名古屋線」 K50705 名鉄BC到着 その1
若干寝不足ではありますが、車内が空いていたのと車両の乗り心地が良かったのか、思ったほど疲労感が残らず一安心。
しばしバスウォッチングをした後、この後乗り継ぐ高松行き「さぬきエクスプレス」の乗り場へと向かうのでありました。

それにしても、今回の乗車で思った事なのですが、この路線、何らかの対策を行わない限り、ますます客離れが進むのでは・・・・と思いました。
現行の運賃、車両レベルでは、トイレの有無を除けば他の既存高速路線や高速ツアーバスの方が上をいっていると言わざるを得ません。
運賃を値下げするか、サービスレベルを上げるか・・・・事業者としては選択が難しいところですが、少なくても現行のWEB乗車券サービスによる割引に加えて、コンビニ決済の割引サービスを始める必要はあるのでは?と思います。

ツアーバスや他の競合路線に押され気味の感があるこの路線ですが、新たなサービス開始の有無等を含めて、今後もこの路線の動向に注目していきたいと思います。

sponsored link

down

コメントする

夜行バス

鉄道

飛行機

交通系セミナー・勉強会・イベント

バス車両紹介スライド・車内放送スライド

雑記

ブログ

管理人

Koji Suda(ひろしプロジェクト)

Koji Suda(ひろしプロジェクト)

自称「高速バスアドバイザー」。高速バス乗車回数900回以上(2016年12月現在)。バス・鉄道をはじめとする乗り物を追っかけて撮ったり、ブログやサイトの運営、バス関連本やネットニュースの原稿執筆、同人誌活動などを通じて、乗り物旅の素晴らしさを伝える活動を行っています。北海道札幌市在住。バスと鉄道とカレーと粉物が大好き。 [詳細]